topぺーじにもどる

パーマカルチャーとは 

ロハスの先にあるものパーマカルチャー

朝のシャロムエコツアー 事例報告

募集概要

安曇野パーマカルチャーカルチャー塾

パーマカルチャー安曇野塾
毎年の
詳しいレポート


講座の内容がよくわかります

年間の様子を冊子PDFで
(2007年度版 )

ビルモリスンの想い 
小祝慶子

自然と調和した
ライフスタイルを考える   
デビッドホルグレン

心地よい暮らし 
臼井健二

百姓カルチャー
森谷博

楽園で暮らす
レインボーバレーファーム

小田詩世

共生社会への扉 
伊藤英紀

循環生活のすすめ 産経新聞
村松さとこ

これからの時代の暮らし方生き方

映像

リンクページ

事例紹介

シャロムの建物 1979

レストラン建設 2000

マルチ暖炉 燻製
1995

パン用薪の石窯
2000

 ストローベイルハウス
2003

コンポストトイレ 2003

ティピ  2003

チキンホットハウス 2004

垂直軸型の風力発電2004

アースオーブン(土窯) 2005

ダンボールコンポスト2005

天ぷら油で走るグリーンディーゼル2005

廃油ストーブ2007

パン用薪の石窯第2
2005

ツリーハウス 2006

自然に帰る森の家 2006

版築の基礎 2006

コンポストバイオトイレ 2007

コブハウス2007

ソーラーパネル2007

風力発電2007

自転車発電機

薪のシステムキッチン
ースオーブン2008

かまど2008

藁の鍋敷き 2008

竹の箸づくり 2008

踏み込み温床ミミズコンポスト温室2008

ペール缶で作るぬかくど2008
英語版

ペチカ資料

ロッケトストーブ資料

アウトドアーに最高なタープ2007

キーホールガーデン

ロックスパイラルガーデン


マンダラガーデン


ルーフトップガーデン


バイオジオフィルター


メタンガス発酵装置


ティピガーデン2009

ティピの建て方

ティピの建て方動画

カタツムリストローベイル玄関2009

生かそう庫 非電化冷蔵庫2009

ルーフトップガーデン棚田 2009


ダンボールコンポスト畑版 2009

自作のティピ作り 2009

アーリーさんのティピ

竹テント資料


薪のシステムキッチン2009

ちり取りづくり 2009

燃料費ゼロ籾殻ボイラー 2009

ソーラーコンセント

マルチエネルギーBOX


日本蜜蜂

生ゴミ処理ミミズコンポスト 2010

エコなガーデンハウス2010

ペチカタイプのロケットストーブ2010


自然吸気型廃油ストーブ2010

DC12Vの家 2011

アースバックハウス2011

屋根ミスト(散水)2011


屋根にロックスパイラルガーデン2011

シードハウス 2012

踏み込み温床 2011

運搬できるコンポストトイレ2012

ペール缶 漬物樽で作るモバイル大小分離回転式コンポストトイレ2013

今まで作ったコンポストトイレ

モバイルハウス 2013

モバイルハウス オフグリッドの家


アースオーブンと
愛農かまどモデルかまど
2014

モバイルソーラー発電2014


ドームテントスタードーム2015

軽トラキャンパー2016
https://www.facebook.com/Tarutarugo/

ティピガーデン2017

ガーデンハウス2018

パーゴラレシプロカル 2019

蒔切りチェーンソーガイド2019
 

今まで作ってきたアースオーブン

資料 スペイン窯

自然農

炭素循環農法

なぜ耕さないのがいいか映像

総合的な農業へのアプローチ 

ポリカルチャー



小学館WEBマガジンsook紹介された記事

水の循環

ピースフード

自然に返る家
森のコブハウス

バイオマス

アースシップ
 

冊子[パーマカルチャーしよう」
安曇野パーマカルチャー編
自然食通信社より発売中

冊子 くっきりと安曇野の光の中で
シャロムの持続可能なコンテンツを紹介          
peace出版から発売中

日本パーマカルチャーセンター

2003パーマカルチャーギャザリング

2005パーマカルチャーギャザリング

2007パーマカルチャーギャザリング

2009パーマカルチャーギャザリング

2010パーマカルチャーギャザリング


2011パーマカルチャーギャザリング

連絡先
安曇野パーマカルチャー塾事務局 
〒399-8602 
長野県北安曇郡池田町会染552-1
シャンティクティ
安曇野パーマカルチャー塾


未来への提言

動画で見る『100人の村』 
 

お金のいらない国

ベーシックインカム
(生活基本金)

 

みなさん、こんにちは。
八ヶ岳は快晴、とても氣もちのよい日となりそうです。

10月のレポートです。
座学が無かったので、自分の感想が多めの構成となっています。


「安曇野パーマカルチャー塾 10月のレポート」

10/28(土)

パーマカルチャー塾1日目の開始時間は、小雨模様でした。
この天氣だと、外作業はなくなるかも?とぼくは半分期待していたのですが、
ケンジーとムラさん、ミカちゃんの判断は、
受付も近況報告も飛ばしていきなりガーデン実習を始めるということに。

エディブルガーデン「bija」の通路部分に、ダンボールや新聞紙を敷き、ウッドチップで10cmくらい覆って通路を作りました。


こうすることで、この部分からは雑草が生えてきません。少ない労力で圃場を管理し実りを得ることもパーマカルチャーの重要な視点です。



雨が本格的に降ってこないので、続けて農業実習となりました。
各チームの畑を観察して、キャベツ、白菜、ズッキーニ、枝豆、落花生などを収穫しました。



二週連続の台風接近の中で外作業を終えることができたのも、今季塾生がめっぽう天氣に強いメンバーがそろっているからでしょう。
今期、外作業が出来なかった回は一度もなかったことになります。  

https://note.mu/kenjiusui/n/nadc66e889d7e



ついに雨が本降りとなり、シャロムの地下室に移動して近況報告です。
先月から6週の間があったので、報告も多彩であったように思いました。
朝倉くんのお店「やわい屋」のPV完成披露、
たつくんがローカル・地域をテーマにしたWebマガジン「コロカル」に執筆、
かのこちゃんがシュタイナー教育の講演者から聞いた話で幼児教育とパーマカルチャーが繋がりを確認できたこと、
ミキちゃんは沖縄へ・えいじさんは尾道へ・あこちゃんは九州へ・旅した人も多かった、
ケンジーとミカちゃんは長雨で稲刈りに苦労したとのこと、
そして、皆んなが注目のヒーコちゃんお見合い話のその後・彼の住む島での報告など、
全てを書けませんが、仲間の近況を楽しく興味深く聞くことができました。
     
そして、温泉タイムと夕食タイム

そして、そして、
興味津津の一芸大会の時間がやってきました。
なにを披露するか?悩んだ人もいたと思いますが、
みんなが温かく見守るなかで、笑いあり、驚きがあり、感動があり、
それぞれの知らなかった一面を知る楽しい一時となりました。

あきちゃん      フラワーアレンジメント・庭と野の花でブーケ作り


たっちゃん      整体サムライの切り捨て治療



山本くん       バイク写真で名前当て



かっちゃん      選書と解説と読み聴かせ


朝倉くん       実はストリートミュージシャン



かのこちゃん     唄の中のかえるの声に合わせて手ぶり教室


りょうくん      葉っぱから見分ける樹木の名前当て


 

ミカさん       空海・最澄・嵯峨天皇・橘逸勢の小噺


ケンジー       足を知る湯呑み茶碗・謎解き


ヒーコちゃん     塩の味利き・島の彼が作ったお塩


エイジさん      ドイツ語おもしろ講座


あこちゃん      ウクレレとかわいい唄


たつくん       ウクレレ・パート分けリズムセッション


にっしー       洋裁・可愛すぎる手芸

 


みやっち・みやちゃん 結婚20周年の仮装デュエット


ミキちゃん      インド音楽に合わせたヨーガのアーサナ


ムラさん       犬の名前を言える王

 


ミカちゃん先生    長野県の県歌をみんなで合唱・ピアノ伴奏



はじめちゃん     癒しのサウンドヒーリング



すごいです。みんな、いろいろな才能があるのですね。     

10/29

未だ、全般的に寝起きのぼんやりした頭状態だったので、
前日のエンターテイメント・「農大大根踊り」と「カエルの声手ぶり」で、
身体と頭の強制起動をはかりましたが、
結果は、見事にミカちゃん先生の狙いどおりとなったのでした。

クリアになった頭で、
フェアの来場者に、エディブルガーデンをどう伝えるか?
表示の仕方などを話し合いました。

その後は、チームに分かれて卒業制作の時間です。
フェアで、どのようにプレゼンするかも考えてねと、新たなお題も出たこと、
雨天ということも手伝って、主にミーティングとなっていたようです。
このパートは、他のチームが何を行っていたのかのレポートができないですね。

ぼくたち、ガーデンデザインのための3Dゲージを作るチームは、
せっせと樹木の種類を増やす作業を行いました。

そして、ブランチ
誰かが言ったけど「このブランチも最後だね」
パーマカルチャー塾の終わりが近づいていることに、みんなが寂しいのですね。

ブランチの後は、ビジョン発表の時間です。
亮くん→山本くん→みやっち・みやちゃん→ミカさん→あきちゃん→あこちゃん→にっしー→朝倉くん→ヒーコちゃん→ミキちゃん→かのこちゃん→かっちゃん→はじめちゃん




 







パーマカルチャー塾の学びを経て、
新たに知りたいことが沢山できた人、
いま始めていることに学びを活かそうとする人、
結婚や子どもを持つことに前向きになった人、
それぞれに成長があり、新たな勇気があり、とても素晴らしいシェアの時間でした。

ほんとうに最後の振り返りの時間
全員が、このパーマカルチャー塾に参加して良かった、このメンバーと出会えて親しくなれて良かったという感想でした。

ぼくは、振り返りを話しながら、涙が溢れ出てしまうということになったのですが、
そのことを恥ずかしいなどとは思っていないのです。
それは、
人は心から本当のことを話し、心から本当のことを話しているのを聞くとき、
ハートが開いて、光を発し、受けとることを知っているからです。
ハートが開いたとき、人は涙が溢れでるものなのです。
それを、ぼくは何度も経験し、見てきています。

ぼくは、今年のパーマカルチャー塾で知り合えた仲間のことが大好きです。
自分の暮らしを良い方向に、自然と共にある方へ向けたい、
社会を良くしてゆく一助となる個人となりたい、
そうした想いをもち実践に向っている素敵なメンバーを、
誇らしく、愛おしく、思います。

とくに、若いメンバーには期待するところが大きいのです。
みんなと知り合えたのは、ぼくの希望であり、
大きく言えば、日本の希望です。

その偽りない言葉が、涙となったのです。
ここまで、自分の魂が純になったのだなと感じています。

塾生のみんな、ありがとう。
健二さん、ムラさん、ミカちゃん、素晴らしい学びを、ありがとうございました。

これからも、ずっと、皆さんと繋がってゆきたいと思います。


はじめ