TOPページ

2017年安曇野パーマカルチャー
募集要項 締め切りました。
 

パーマカルチャーとは 

ロハスの先にあるものパーマカルチャー

朝のシャロムエコツアー 事例報告

パーマカルチャー安曇野塾
毎年の
詳しいレポート


講座の内容がよくわかります

年間の様子を冊子PDFで
(2007年度版 )

ビルモリスンの想い 
小祝慶子

自然と調和した
ライフスタイルを考える   
デビッドホルグレン

心地よい暮らし 
臼井健二

百姓カルチャー
森谷博

楽園で暮らす
レインボーバレーファーム

小田詩世

共生社会への扉 
伊藤英紀

循環生活のすすめ 産経新聞
村松さとこ

これからの時代の暮らし方生き方

映像

リンクページ

事例紹介

シャロムの建物 1979

レストラン建設 2000

マルチ暖炉 燻製
1995

パン用薪の石窯
2000

 ストローベイルハウス
2003

コンポストトイレ 2003

ティピ  2003

チキンホットハウス 2004

垂直軸型の風力発電2004

アースオーブン(土窯) 2005

ダンボールコンポスト2005

天ぷら油で走るグリーンディーゼル2005

廃油ストーブ2007

パン用薪の石窯第2
2005

ツリーハウス 2006

自然に帰る森の家 2006

版築の基礎 2006

コンポストバイオトイレ 2007

コブハウス2007

ソーラーパネル2007

風力発電2007

自転車発電機

薪のシステムキッチン
ースオーブン2008

かまど2008

藁の鍋敷き 2008

竹の箸づくり 2008

踏み込み温床ミミズコンポスト温室2008

ペール缶で作るぬかくど2008
英語版

ペチカ資料

ロッケトストーブ資料

アウトドアーに最高なタープ2007

キーホールガーデン

ロックスパイラルガーデン


マンダラガーデン


ルーフトップガーデン


バイオジオフィルター


メタンガス発酵装置


ティピガーデン2009

カタツムリストローベイル玄関2009

生かそう庫 非電化冷蔵庫2009

ルーフトップガーデン棚田 2009


ダンボールコンポスト畑版 2009

自作のティピ作り 2009

竹テント資料


薪のシステムキッチン2009

ちり取りづくり 2009

燃料費ゼロ籾殻ボイラー 2009

ソーラーコンセント

マルチエネルギーBOX


日本蜜蜂

生ゴミ処理ミミズコンポスト 2010

エコなガーデンハウス2010

ペチカタイプのロケットストーブ2010


自然吸気型廃油ストーブ2010

DC12Vの家 2011

アースバックハウス2011

屋根ミスト(散水)2011


屋根にロックスパイラルガーデン2011

シードハウス 2012

踏み込み温床 2011

運搬できるコンポストトイレ2012

ペール缶 漬物樽で作るモバイル大小分離回転式コンポストトイレ2013

今まで作ったコンポストトイレ

モバイルハウス 2013

アースオーブンと
愛農かまどモデルかまど
2014

モバイルソーラー発電2014


ドームテントスタードーム2015

資料 スペイン窯

自然農

炭素循環農法

なぜ耕さないのがいいか映像

総合的な農業へのアプローチ 

ポリカルチャー



小学館WEBマガジンsook紹介された記事

水の循環

ピースフード

自然に返る家
森のコブハウス

バイオマス
 

冊子[パーマカルチャーしよう」
安曇野パーマカルチャー編
自然食通信社より発売中

冊子 くっきりと安曇野の光の中で
シャロムの持続可能なコンテンツを紹介          
peace出版から発売中

日本パーマカルチャーセンター

2003パーマカルチャーギャザリング

2005パーマカルチャーギャザリング

2007パーマカルチャーギャザリング

2009パーマカルチャーギャザリング

2010パーマカルチャーギャザリング


2011パーマカルチャーギャザリング

連絡先
安曇野パーマカルチャー塾事務局 
〒399-8602 
長野県北安曇郡池田町会染552-1
シャンティクティ
安曇野パーマカルチャー塾


未来への提言

動画で見る『100人の村』 
 

お金のいらない国

ベーシックインカム
(生活基本金)

 

踏み込み温床ミミズコンポスト温室作り 2008.11.06

パーマカルチャーではアウトプットをインプットに 無駄なく利用するという考えがあります。
ゴミを処理して発熱 温室に使うというのは無駄のない方法です。堆肥もでき育苗にも役に立ちます。
春には肥料 育苗土もできますね。庭の落ち葉もきれいに片づきます。
段ボールコンポストの発展版の踏み込み温床ミミズコンポスト温室です。
冬加温しなくても発酵熱で暖まり信州の冬を乗り越えられればと思います。

 


型枠を作って石積みとモルタルでスペースを作ります。

型枠の周りにモルタルと石積みをします。毎日3段くらいが崩壊しない限度でしょうか。

石積み 2日目朝早くからモルタルを練って石積みです。

 

午前中には石積みが完成 天板とのかねあいが残るだけとなりました。乾いたところで型枠をはずし天板 屋根ふたを取り付けるつもりです。

3日目 

ちょっと早いけれど結構固まっていたので中の型枠をはずしました。

余っている材で天板を作って石積みの上に固定しました。固定はコーキングを塗ってセメントを溶いたのろを置いて固定しました。

  

その後 ポリカ プラタンクリアを蝶番でつけてできあがりです。このポリカ プラタンクリアが売っていなくてあちこち探して手に入れました。これが1番大変でした。

 

中をモルタルで補修して完成です

さあこれに落ち葉と米ぬか切ったわら 水をまいて 踏み込み温床ミミズコンポスト温室のできあがりです。
生ゴミを処理しながら温室として機能 冬場どんな感じになるか楽しみですね。
春には肥料 育苗用の土もできあがります。

ハードはできたのでこれからソフトですね。

4日目

モルタルを練って内部の補修 いい形で完成しました。

自然界は素晴らしいですね。すべてが用意されています。数日来の落ち葉を集めてビニールシートに乗っけて運びました。あちこち片づいてコンポストとして落ち葉も利用できる。
またこのシートも2×4の運搬に使われていた物で本当に利用価値があります。

来る途中に戴いた米ぬか 誰でもが利用できるようになっておりこれも無料 米袋 3体戴いて来ました。

1メーターほど落ち葉を集めわらの切った物と 米ぬかを振って水をかければできあがり すべてが無料です。
これで生ゴミの処理も簡単にできますね。
でももっともっと落ち葉を集めなくてはいけません。 シャンティクティの周りは落ち葉が片づき きれいになります。

2008.11.18

ワラ こぬか 落ち葉 こぬか 踏み込みを繰り返し約1メーターくらいの踏み込み温床ができました。

早速苗を入れてみました。冬の間どんな温度になるか楽しみです。

2008.11.21
温度計があったので温度を測ってみました。
外気温 14.6度 温室内 20.6度 まずまずですね。
昼間は温度が上がりすぎない様に注意しないといけないですね。

今回の費用

セメント   2体 

390×2 

780円
蝶番    180円
ポリカプラタンクリア    4900円
砂 石 天板はある物を使用   計 5860円

春は踏み込み温床として使います。5月にはいると生ゴミ処理として使用 順番に穴を掘って入れていきます。その折に米ぬかを混ぜて発酵を促します。時々薫炭も入れてやります。入れた場所がわからなくなるといけないので時計のように矢印でわかるようにしてあります。生ゴミ処理 温室として程よく機能します。