topぺーじにもどる

パーマカルチャーとは 

ロハスの先にあるものパーマカルチャー

朝のシャロムエコツアー 事例報告

募集概要

安曇野パーマカルチャーカルチャー塾

パーマカルチャー安曇野塾
毎年の
詳しいレポート


講座の内容がよくわかります

年間の様子を冊子PDFで
(2007年度版 )

ビルモリスンの想い 
小祝慶子

自然と調和した
ライフスタイルを考える   
デビッドホルグレン

心地よい暮らし 
臼井健二

百姓カルチャー
森谷博

楽園で暮らす
レインボーバレーファーム

小田詩世

共生社会への扉 
伊藤英紀

循環生活のすすめ 産経新聞
村松さとこ

これからの時代の暮らし方生き方

映像

リンクページ

事例紹介

シャロムの建物 1979

レストラン建設 2000

マルチ暖炉 燻製
1995

パン用薪の石窯
2000

 ストローベイルハウス
2003

コンポストトイレ 2003

ティピ  2003

チキンホットハウス 2004

垂直軸型の風力発電2004

アースオーブン(土窯) 2005

ダンボールコンポスト2005

天ぷら油で走るグリーンディーゼル2005

廃油ストーブ2007

パン用薪の石窯第2
2005

ツリーハウス 2006

自然に帰る森の家 2006

版築の基礎 2006

コンポストバイオトイレ 2007

コブハウス2007

ソーラーパネル2007

風力発電2007

自転車発電機

薪のシステムキッチン
ースオーブン2008

かまど2008

藁の鍋敷き 2008

竹の箸づくり 2008

踏み込み温床ミミズコンポスト温室2008

ペール缶で作るぬかくど2008
英語版

ペチカ資料

ロッケトストーブ資料

アウトドアーに最高なタープ2007

キーホールガーデン

ロックスパイラルガーデン


マンダラガーデン


ルーフトップガーデン


バイオジオフィルター


メタンガス発酵装置


ティピガーデン2009

ティピの建て方

ティピの建て方動画

カタツムリストローベイル玄関2009

生かそう庫 非電化冷蔵庫2009

ルーフトップガーデン棚田 2009


ダンボールコンポスト畑版 2009

自作のティピ作り 2009

アーリーさんのティピ

竹テント資料


薪のシステムキッチン2009

ちり取りづくり 2009

燃料費ゼロ籾殻ボイラー 2009

ソーラーコンセント

マルチエネルギーBOX


日本蜜蜂

生ゴミ処理ミミズコンポスト 2010

エコなガーデンハウス2010

ペチカタイプのロケットストーブ2010


自然吸気型廃油ストーブ2010

DC12Vの家 2011

アースバックハウス2011

屋根ミスト(散水)2011


屋根にロックスパイラルガーデン2011

シードハウス 2012

踏み込み温床 2011

運搬できるコンポストトイレ2012

ペール缶 漬物樽で作るモバイル大小分離回転式コンポストトイレ2013

今まで作ったコンポストトイレ

モバイルハウス 2013

モバイルハウス オフグリッドの家


アースオーブンと
愛農かまどモデルかまど
2014

モバイルソーラー発電2014


ドームテントスタードーム2015

軽トラキャンパー2016
https://www.facebook.com/Tarutarugo/

ティピガーデン2017

ガーデンハウス2018

パーゴラレシプロカル 2019

蒔切りチェーンソーガイド2019
 

今まで作ってきたアースオーブン

資料 スペイン窯

自然農

炭素循環農法

なぜ耕さないのがいいか映像

総合的な農業へのアプローチ 

ポリカルチャー



小学館WEBマガジンsook紹介された記事

水の循環

ピースフード

自然に返る家
森のコブハウス

バイオマス

アースシップ
 

冊子[パーマカルチャーしよう」
安曇野パーマカルチャー編
自然食通信社より発売中

冊子 くっきりと安曇野の光の中で
シャロムの持続可能なコンテンツを紹介          
peace出版から発売中

日本パーマカルチャーセンター

2003パーマカルチャーギャザリング

2005パーマカルチャーギャザリング

2007パーマカルチャーギャザリング

2009パーマカルチャーギャザリング

2010パーマカルチャーギャザリング


2011パーマカルチャーギャザリング

連絡先
安曇野パーマカルチャー塾事務局 
〒399-8602 
長野県北安曇郡池田町会染552-1
シャンティクティ
安曇野パーマカルチャー塾


未来への提言

動画で見る『100人の村』 
 

お金のいらない国

ベーシックインカム
(生活基本金)

 

第1回目( 3月23日(土)曇(長野かなり寒かった!))


第17期のパーマカルチャー塾 が始まりました。


これから10ヶ月共に学ぶ塾生たちと初対面。(21名中19名出席3名欠席)

くじ引きで泊まるお部屋を決めました!


講師:けんじぃー、ミカちゃん(6期生)

事務局:むらさん(14期生)

シャンティクティ:ともこさん、まことくん


今年の会場は『シャンティクティ』ですが、去年まではシャロムヒュッテ でやることが続いており、久しぶりに戻ったそうです。

これからシャンティクティでは新たに広大な土地を使えるようになるそうです。

これからデザインされていく過程を一緒にみれるのかしら?ラッキーです。


毎回レポートを担当者が書きます!

第1回はえっちゃんが担当しています!



14:00 つながりのワークオリエンテーション (寒いので室内で)


まずは瞑想。

バタバタした日常から心落ち着けてここに戻り、自分の身体を感じる。心を感じる。

瞑想後、ひとりずつ名前と今のからだの調子、気持ちを発表。


次にゲームのようなワーク。



喋らずに、みかちゃんからのお題にあうように並びます。


背の順に

誕生日の順に(同じ誕生日の人2組!)



住んでいる場所北から南に(間違え多し)

おでこにカラーシールを貼って色ごとでグループをつくる。


ジェスチャーで、指で文字をかいて、伝え合います。

ここまででだいぶみんなの顔が緩んできました!

最後?の色ごとで輪になって少し自己紹介をしました。

「名前」「シャンティクティは初めてですか?」「どこでパーマカルチャー塾を知ったのですか?」「なぜ来たのですか?」「どんなことを楽しみにしていますか?」




15:30

シャンティクティツアー


外に出てけんじぃがシャンティクティを案内しつつ、少しずつ私たちの生活を振り返らせてくださる。




『今の日本人の生活を世界中の人がしたら地球は何個いると思う?』


5個、10個、30個、100個!

今の先進国の生活をしていたのでは、地球の資源は足りなくなるという感覚はみんな持っているのだなと思いました。



 

お米を炊いたり、湯を沸かせる「システムキッチン(かまど)」はみかちゃんたち(6期)の代が作ったそうです。



自然農法の畑や曲線の建物を案内してくださる中で私の心に残っているけんじぃの言葉を記しておきます。




「今の私たちの生活は、地球と第三国を犠牲にして成り立っている。」

「もっともっとと欲しがるモアモア教になっていませんかませんか?足るを知る。」

「自分が綺麗になっただけ外は汚れるんだよ。」(洗剤を利用することで自然は汚れる)

「自然は何もしないと森になろうとする。人間が、何かすると砂漠になる。」


「繋がり」が大切ということが、説明の中で何度も出てきました。

壁には漆喰 、土、 わらが使われていて「そのつながりが大切。」

「どんなものにも役割と存在価値がある。



※繋がりが大切ですが、寒すぎて途中集中力は途切れていました。どの場所で何をおっしゃったか曖昧です。。。


今年は曼荼羅ガーデンで野菜を作ります!

今回(2日目)草の中に種をまく方法やります!とのことでワクワクです。


あまりに寒いので早めに終わり、温泉に行きましょう!!となりました。



17:00 温泉へ


乗り合わせて近くの温泉に。ぽかぽか。


18:30 民子さんのご飯


6つの味 からい、あまい、しょっぱい、にがい、渋い、酸っぱい。

感じながらゆっくりとても美味しくいただきました!


メニュー


キャベツとじゃがいものサブジ

くずきりと野菜のチベットと風

韓国風厚揚げ大根煮物

韓国風豆もやしとわかめのスープ。

わさびの花とこんにゃくのおひたし。

(ワサビの花、手づくりこんにゃくは食べられるのは今だけ!!)


おかたずけは、みんなで。



20:00 みんなの自己紹介



一人5分。皆さんお人お一人がとても素敵な方でした。今回このタイミングで参加したご縁。奇跡です。21人の力を足すだけでなく、それぞれが化学反応を起こしてすごいことになりそうだと思いました。これからとても楽しみです。宜しくお願いします。


 

二日目(3/24

スケジュール:

7:00- はじめてのパーマカルチャー

10:00-ブランチ

11:30-農業実習

13:30-はじめてのパーなカルチャー

14:30-ふりかえり

 

 はじめてのパーマカルチャー

鐘の音を聞きながら、心・体の観察からスタートしました。自分の体の状態を、隣の人に伝えあった。

 

パーマなカルチャーって何だろう。

みんなが思うパーマカルチャーついて、意見を出し合った。

例えば・・・

暮らしのデザイン、持続可能、自然との共存、コミュニケーション、野菜を作る、つながり、分かち合い、循環、関係性のデザイン、教育と文化活動、自然観察、理想の暮らしなど。

パーマカルチャーは多岐にわたるホリスティックなもの。一言では言えない。

 

 

 

では、何でパーマカルチャーが必要なの?

 

 

みんなの意見・・・

地球が壊れそう、違和感、生き方の中で達成感、大きなものの一部しか日常の仕事では感じれない、畑では全てを体感、など。

 

パーマカルチャーの誕生

 

Bill MollisonDavid Holmgrenによって、パーマカルチャーが生まれる。

パーマカルチャーが生まれた70年代は、高度経済成長期、競争社会で自然が壊れていった。そんな時代背景の中、同じシェアハウスに住んでいた二人が、パーマカルチャーを作り上げる。特に、David Holmgrenは活動家の家庭に生まれたが、活動では社会は変わらないと感じ、社会にNoではなく、社会をYesにしていくことを実践していった。

 

地球を維持するのに必要なもの

 

それは、循環である。

例えば、太陽エネルギーを受け、植物が光合成をし、酸素を供給する。酸素を取り込んだ人間や動物のフンや死体などを分解者が分解し、有機物を無機物にする。このように、地球は循環するシステムを持っているが、現在はこのシステムが分断されている。

私たちは、自分たちだけのことではなく、より大きなシステムについて考える必要がある。私たちも大きなシステムの一部なのだ。

つながりを取り戻そう。人とのつながり。自然とのつながり。

 

ティクナットハン・・・

「空」

空っぽということではない。全てがつながっている、全てが依存しあっているということ。

 

アインシュタイン・・・

ある問題の発生につながったのと同じ思考方法(マインドセット)のままで、その問題を解決することはできない。

 

パーマカルチャーの倫理観

地球への配慮

人への配慮

余剰物の公平な(再)分配、分かち合い

※何をするにも、この3つの配慮が出来ているか考えることが重要。

 

パーマカルチャーが目指すシステム

消費 > 生産 Degenerative

消費 = 生産 Generative

消費 < 生産 Regenerative ←パーマカルチャーが目指すのは余剰分の多いシステム。

 

その後、みかさんのスライド(みかさんが実践していること)を見る。

ふりかえり。

 

 

ブランチ

ほうれん草とひよこ豆のカレー

サブダナワダ(タピオカとジャガイモのコロッケ)

サラダ

(おいしくいただきました!)

 

 

 

 

 農業実習

マンダラガーデンの土はやわらかく、草もいっぱい生えている。草は、問題児とされているが、実は草が草を抑えている。草が地表を覆うことによって、保水し、より豊かな大地にしてくれる。これは、積層マルチという考え方で、パーマカルチャーで取り入れられている。積層マルチによって、窒素の層などもでき、山の状態を再現できるようになる。

人間がタネを取らなければ、自然がタネを播いていく。しかし、人間はほどほどに、自然と関わらなければいけない。関わりすぎてはいけない。

 

様々な農法

・福岡正信の農法 「神の農法」

・川口由一 「自然農」

・炭素循環農法

・有機農業法

 

けんじいの農業

鍬とのこぎり鎌、手袋があればできる!(トラクターなどの機械はいらない)

 

踏み込み温床

 

落ち葉と藁(10p程にカット)、米ぬかで作る。発酵するので暖かくなり、ここの上で育苗すると発芽しやすい。

 

草の上に種を蒔く方法

@  種を蒔きたい部分の草を切り取る。切った草は、横に置いておく。

A  耕すことはしない。表土を1pぐらい横向きにかく。根が残っているようなら根切りする。

B  種を蒔き、鎌で溝をつけるようにたたき(種が溝に落ちるように)、その後強くおさえる。

C  刈った草を薄くかけておく。

 

 

パ〜なカルチャー

 

あっちゃんさんがみんなに作ってくれた猫板のメッセージを読み、感じたことを話していく。

窓に貼られたお題から聞きたいものを選び、お話を聞く。

「運呼の神様」、「カンポンさん」など。

 

 

【中村の感想】

楽しみにしていたパーマカルチャー塾、ついに始まりました。草だらけなのに、ふわふわの土の中で育てる自然農がとても興味深いです。また、個性豊かな参加者の皆さまにも興味津々です。1年間、どうぞよろしくお願いします。