topぺーじにもどる

パーマカルチャーとは 

ロハスの先にあるものパーマカルチャー

朝のシャロムエコツアー 事例報告

募集概要
安曇野パーマカルチャーカルチャー塾

パーマカルチャー安曇野塾
毎年の
詳しいレポート


講座の内容がよくわかります

年間の様子を冊子PDFで
(2007年度版 )

ビルモリスンの想い 
小祝慶子

自然と調和した
ライフスタイルを考える   
デビッドホルグレン

心地よい暮らし 
臼井健二

百姓カルチャー
森谷博

楽園で暮らす
レインボーバレーファーム

小田詩世

共生社会への扉 
伊藤英紀

循環生活のすすめ 産経新聞
村松さとこ

これからの時代の暮らし方生き方

映像

リンクページ

事例紹介

シャロムの建物 1979

レストラン建設 2000

マルチ暖炉 燻製
1995

パン用薪の石窯
2000

 ストローベイルハウス
2003

コンポストトイレ 2003

ティピ  2003

チキンホットハウス 2004

垂直軸型の風力発電2004

アースオーブン(土窯) 2005

ダンボールコンポスト2005

天ぷら油で走るグリーンディーゼル2005

廃油ストーブ2007

パン用薪の石窯第2
2005

ツリーハウス 2006

自然に帰る森の家 2006

版築の基礎 2006

コンポストバイオトイレ 2007

コブハウス2007

ソーラーパネル2007

風力発電2007

自転車発電機

薪のシステムキッチン
ースオーブン2008

かまど2008

藁の鍋敷き 2008

竹の箸づくり 2008

踏み込み温床ミミズコンポスト温室2008

ペール缶で作るぬかくど2008
英語版

ペチカ資料

ロッケトストーブ資料

アウトドアーに最高なタープ2007

キーホールガーデン

ロックスパイラルガーデン


マンダラガーデン


ルーフトップガーデン


バイオジオフィルター


メタンガス発酵装置


ティピガーデン2009

カタツムリストローベイル玄関2009

生かそう庫 非電化冷蔵庫2009

ルーフトップガーデン棚田 2009


ダンボールコンポスト畑版 2009

自作のティピ作り 2009

竹テント資料


薪のシステムキッチン2009

ちり取りづくり 2009

燃料費ゼロ籾殻ボイラー 2009

ソーラーコンセント

マルチエネルギーBOX


日本蜜蜂

生ゴミ処理ミミズコンポスト 2010

エコなガーデンハウス2010

ペチカタイプのロケットストーブ2010


自然吸気型廃油ストーブ2010

DC12Vの家 2011

アースバックハウス2011

屋根ミスト(散水)2011


屋根にロックスパイラルガーデン2011

シードハウス 2012

踏み込み温床 2011

運搬できるコンポストトイレ2012

ペール缶 漬物樽で作るモバイル大小分離回転式コンポストトイレ2013

今まで作ったコンポストトイレ

モバイルハウス 2013

モバイルハウス オフグリッドの家


アースオーブンと
愛農かまどモデルかまど
2014

モバイルソーラー発電2014


ドームテントスタードーム2015

軽トラキャンパー
https://www.facebook.com/Tarutarugo/

 

今まで作ってきたアースオーブン

資料 スペイン窯

自然農

炭素循環農法

なぜ耕さないのがいいか映像

総合的な農業へのアプローチ 

ポリカルチャー



小学館WEBマガジンsook紹介された記事

水の循環

ピースフード

自然に返る家
森のコブハウス

バイオマス
 

冊子[パーマカルチャーしよう」
安曇野パーマカルチャー編
自然食通信社より発売中

冊子 くっきりと安曇野の光の中で
シャロムの持続可能なコンテンツを紹介          
peace出版から発売中

日本パーマカルチャーセンター

2003パーマカルチャーギャザリング

2005パーマカルチャーギャザリング

2007パーマカルチャーギャザリング

2009パーマカルチャーギャザリング

2010パーマカルチャーギャザリング


2011パーマカルチャーギャザリング

連絡先
安曇野パーマカルチャー塾事務局 
〒399-8602 
長野県北安曇郡池田町会染552-1
シャンティクティ
安曇野パーマカルチャー塾


未来への提言

動画で見る『100人の村』 
 

お金のいらない国

ベーシックインカム
(生活基本金)

 

パーマカルチャー塾も、いよいよ最後の月となりました。今月は、「パーマカルチャー・フェア」の中に組み込まれた塾となっています。過去14年間の卒塾生の皆さん、パーマカルチャーに関連する人たち、そして興味をもつ方たちが集まる1年の締めくくりイベントが行われました。

1日目、最初はパーマカルチャリストによるプレゼンの時間です。

逗子で開かれている「森の幼稚園」の紹介:
幼児たちが自然と触れるなかで感じとる経験は、きっと感性ゆたかな人生をもたらすと思いました。逗子は、海、山、川、いろいろな自然の姿が全てあり、幼児の学びにとって理想的な環境ということです。

コンパクト且つ美しいデザイン、綿の糸を紡ぐ道具の紹介:
膝の上に置いて、どこでも糸紡ぎができる素敵なクラフトです。ガンジーが、糸紡ぎをインド独立の象徴とした有名な話、それは今を生きる私たち日本人と世界の人々にも当てはまる話だと思います。
さまざまな分野に、私たちが自らの手に取り戻してゆくべき事があると、ぼくは考えています。グローバル大企業によって奪われようとしている「種をつなぐ権利」は、生きることそのものに直結しているので最も重要なことの一つに思えます。
ぼくはそんなことを連想しながら、プレゼンを拝聴しました。

インドのダラムサラに作られる予定のパーマカルチャー拠点の紹介
チベット亡命政府のあるダラムサラに移住されるチベット人と日本人のご夫婦が、世界からパーマカルチャリストが集まる場所作りを目指すとのことです。
臼井健二さん、朋子さんご夫婦が協力されています。

いつもの温泉タイムがあって、そのあとは大ポットラックパーティです。
今期塾生に加えて卒塾生も持ち寄ったお料理は、どれも美味しく全種類を食べきれないくらいのバラエティさがありました。

食後は、フェアに集ったメンバーの自己紹介の時間となりました。
パーマカルチャーで繋がる人は、明るい表情、人生に前向き、他者への暖かさ、そんな共通項があると感じました。あちらこちらで、素敵なご縁が広がる夜となったようです。

2日目、朝8時からシャロムツアーが始まりました。

健二さんから、パーマカルチャーの心がまえを再確認するお話があり、シャロムに点在する施設を巡ります。
それぞれの場所で、その意義と作られ方の説明があります。パーマカルチャー塾の各期で作られた施設は、その期の卒塾生から紹介されることになります。

ツアー最後に、ぼくたちの作ったエディブルガーデンの紹介となりました。
「bija」の全体構想、特徴あるガーデンのそれぞれを携わったメンバーが説明しました。こういった機会があることで、作った塾生たちも達成感を再認できありがたいことでした。

この後は、手作りの食べもの、いろいろな体験や施術の出店タイムです。
自家製酵母パン、よもぎを練りこんだベビーカステラ、ゼッピン能登カレー、本格的チベット料理、ほっこり粕汁、ついつい食べ過ぎてしまいました。
エネルギーワーク、アロマによる身体調整、蝋引き封筒の手作り、綿の糸紡ぎ体験、など自然と寄り添う生き方に繋がるものが多いのも、パーマカルチャー・フェアならではです。

ヤギさんの出店もありました。このヤギたちは、依頼があるといろいろな場所へ草刈りの出張サービスを行うのです
刈払機を購入することなく石油を消費することなく、ヤギさんたちが自然に生きることで機械を使う以上の草刈り効果が得られるのです。こういったアイデアは面白いですね。

最後の催しは、今期塾生による卒業制作発表と卒塾式です。

3D Garden for Garden Design チーム、草木染めチーム、薬草チーム、映像チーム、それぞれからその意図と制作物の説明を行いました。
各チームとも楽しげな発表になりましたが、ぼくにとっても学生時代に戻ったような楽しい卒業制作でした。

そして、ひとりひとり手渡しされての卒塾式、それぞれがこれからの抱負を語って式が進みます。
その空間に同席した人みんなからの温かい視線に包まれて、とても幸せな氣もちになりました。
People care / Earth care / Fair share の精神を学んだパーマカルチャーに集う人たちは、いまの殺伐とした時代の中では稀な包容力のある時間と空間を作ることになると感じるのです。

おまけ・今期塾生たちの懇親会@シャンティクティ

ほんとうに仲良くなれた今期メンバーは、フェア終了でそのまま別れることが心残りとの想いが皆んなにあったので、健二さんの暮らすシャンティクティにもう一泊することになりました。
健二さん、朋子さんと一緒にお料理して、鍋をつつき思い出話に花を咲かせる愉快な時間。小雪が舞い散る中で焚き火を囲み、シャンパンで乾杯し、作るのに手こずったホットワインを飲み、楽しい時間は続きます。
シャンティクティは、屋内でお酒を飲むのは基本的には御法度です。

翌朝、早起きしたぼくは、念願だったアースバックハウスの中での瞑想を行いました。寒さを感じなくなるほどの境地にはいたれませんでしたが、柔らかな光が差し込む自然素材の丸い空間は、よい瞑想ができると感じられました。
いずれ、こうした空間を手作りしたいと思います。

たくさんの学びと経験がもたらされた「安曇野パーマカルチャー塾」に参加して、ほんとうに良かったと思います。
そして、なによりも心開いて話し合える素晴らしい仲間たちとめぐり会えたことが、ぼくにとっては最も嬉しいことでした。

皆さん、ありがとうございました。これからも繋がってゆきましょう。