topぺーじにもどる

パーマカルチャーとは 

ロハスの先にあるものパーマカルチャー

朝のシャロムエコツアー 事例報告

募集概要
安曇野パーマカルチャーカルチャー塾

パーマカルチャー安曇野塾
毎年の
詳しいレポート


講座の内容がよくわかります

年間の様子を冊子PDFで
(2007年度版 )

ビルモリスンの想い 
小祝慶子

自然と調和した
ライフスタイルを考える   
デビッドホルグレン

心地よい暮らし 
臼井健二

百姓カルチャー
森谷博

楽園で暮らす
レインボーバレーファーム

小田詩世

共生社会への扉 
伊藤英紀

循環生活のすすめ 産経新聞
村松さとこ

これからの時代の暮らし方生き方

映像

リンクページ

事例紹介

シャロムの建物 1979

レストラン建設 2000

マルチ暖炉 燻製
1995

パン用薪の石窯
2000

 ストローベイルハウス
2003

コンポストトイレ 2003

ティピ  2003

チキンホットハウス 2004

垂直軸型の風力発電2004

アースオーブン(土窯) 2005

ダンボールコンポスト2005

天ぷら油で走るグリーンディーゼル2005

廃油ストーブ2007

パン用薪の石窯第2
2005

ツリーハウス 2006

自然に帰る森の家 2006

版築の基礎 2006

コンポストバイオトイレ 2007

コブハウス2007

ソーラーパネル2007

風力発電2007

自転車発電機

薪のシステムキッチン
ースオーブン2008

かまど2008

藁の鍋敷き 2008

竹の箸づくり 2008

踏み込み温床ミミズコンポスト温室2008

ペール缶で作るぬかくど2008
英語版

ペチカ資料

ロッケトストーブ資料

アウトドアーに最高なタープ2007

キーホールガーデン

ロックスパイラルガーデン


マンダラガーデン


ルーフトップガーデン


バイオジオフィルター


メタンガス発酵装置


ティピガーデン2009

カタツムリストローベイル玄関2009

生かそう庫 非電化冷蔵庫2009

ルーフトップガーデン棚田 2009


ダンボールコンポスト畑版 2009

自作のティピ作り 2009

竹テント資料


薪のシステムキッチン2009

ちり取りづくり 2009

燃料費ゼロ籾殻ボイラー 2009

ソーラーコンセント

マルチエネルギーBOX


日本蜜蜂

生ゴミ処理ミミズコンポスト 2010

エコなガーデンハウス2010

ペチカタイプのロケットストーブ2010


自然吸気型廃油ストーブ2010

DC12Vの家 2011

アースバックハウス2011

屋根ミスト(散水)2011


屋根にロックスパイラルガーデン2011

シードハウス 2012

踏み込み温床 2011

運搬できるコンポストトイレ2012

ペール缶 漬物樽で作るモバイル大小分離回転式コンポストトイレ2013

今まで作ったコンポストトイレ

モバイルハウス 2013

モバイルハウス オフグリッドの家


アースオーブンと
愛農かまどモデルかまど
2014

モバイルソーラー発電2014


ドームテントスタードーム2015

軽トラキャンパー
https://www.facebook.com/Tarutarugo/

 

今まで作ってきたアースオーブン

資料 スペイン窯

自然農

炭素循環農法

なぜ耕さないのがいいか映像

総合的な農業へのアプローチ 

ポリカルチャー



小学館WEBマガジンsook紹介された記事

水の循環

ピースフード

自然に返る家
森のコブハウス

バイオマス
 

冊子[パーマカルチャーしよう」
安曇野パーマカルチャー編
自然食通信社より発売中

冊子 くっきりと安曇野の光の中で
シャロムの持続可能なコンテンツを紹介          
peace出版から発売中

日本パーマカルチャーセンター

2003パーマカルチャーギャザリング

2005パーマカルチャーギャザリング

2007パーマカルチャーギャザリング

2009パーマカルチャーギャザリング

2010パーマカルチャーギャザリング


2011パーマカルチャーギャザリング

連絡先
安曇野パーマカルチャー塾事務局 
〒399-8602 
長野県北安曇郡池田町会染552-1
シャンティクティ
安曇野パーマカルチャー塾


未来への提言

動画で見る『100人の村』 
 

お金のいらない国

ベーシックインカム
(生活基本金)

 

パーマカルチャー塾レポート(2日目)です。

 
4月24日(日)
1、みくさのみたから/ヨガ(自由参加)
今回も引き続き、しーちゃんによる「みくさのみたから」
た:たなごころ、ま:まことのり、ち:ちのみちとおる
という3つを「いけめ・いけがお」で行う。
その後、今回初参加のももよさんによるヨガ、瞑想をして、1日がスタート。
 
外では、けんじさんとの散歩があったようです。

 
2、農業実習
・鉢上げ
前回、種を蒔いたトマトの苗をポットに移す鉢上げを行う。
鉢上げは双葉が出た後、本葉が1、2組出たらやるということで、
まだまだ本葉が出ていなかったナスやピーマンは、今回はやりませんでした。
ポットに踏み込み温床の腐葉土、畑の土を混ぜたものを入れ、根を傷つけないように小さな苗を移す。
乾燥防止&根がしっかり張れるよう、しっかり土を固めておくことが大切。最初は水もたっぷり。
・種まき(ズッキーニ・インゲン・カボチャ)
手順(どれもほぼ共通)
草を刈る→草の種を取り除くため表土を1センチ削る→草の根があったら鎌で切っておく→
種を同じ向きに3粒、間を空けて蒔く(「一粒は大地に、一粒は鳥に、一粒は自分に」)→
種の厚さの3倍の土をかける→しっかり踏み固める→上から草をパラリとかけておく
カボチャ・ズッキーニに関しては、受粉のためにかならず2株以上植えること。
インゲンは蔓が絡まることのできるようネットの下に植えました。
・前回植えた小松菜や春菊、レタス、じゃがいもが芽を出していました!感動!
畑にはチキントラクターもあり近々鳥を入れるそうです。楽しみ!

 
3、ブランチ
前日のポットラックの残り、そして新たに何品か追加されて、汁物がついたメニュー。
それぞれが好きなところでゆっくり食べました。天気も良くお外で食べる人もたくさん。
とっても美味しくて、幸せでした。

 
4、軽トラキャンパーコンセプトデザイン
軽トラオーナーごとのグループに分かれての話し合い。
途中で、根岸さんご夫妻の猫バス号が登場し、みんなで見学。材質はFRP、曲線の可愛いキャンパーでした。
根岸さんは、このほかにネズミ号も作り、新しくピーターラビット号も製作するとのこと。ぜひ見てみたいです!
シェアリング
・しーちゃん:11月オープン予定、旅するシアター
・ひろみん:キッチンカー、イメージは可愛い小屋、営業許可も取りたい!
・アッコさん:シンプルな黒いボックスのイメージ、カフカ号(カラスという意味)
・マミー&ひろしさん:自然と同化できるデザイン、風のイメージ、にじり口をつけたい(ひろしさんの身長)
・けこねぇ:「食う・寝る・遊ぶ」、縁側・天窓や畳をつけたい、シェアカー

 
5、世界のコミュニティ
世界のコミュニティを訪ねて回ったミカさんによる事例発表
《まずはじめに》
ティクナットハン(ベトナムのお坊さん)による「空」「inter being」の概念。”紙を見れば木こりが見える”
アインシュタイン「問題を作り出した時と同じ考えでは、問題を解決することができない」
パーマカルチャーはあくまで道具であり、使う人の心のあり方が大切。

 
《大きなシステムからの搾取と対峙する3つのコミュニティ》
(1)インドネシア・カリマンタン島ダヤック人のコミュニティ
油ヤシのプランテーションから土地を守る人々。
(2)西オーストラリア
ウラン鉱山の開発に反対するアボリジニによるピースウォーク。
(3)沖縄キャンプシュワブ
 
辺野古基地建設に反対する人々。歌ったり、踊ったり、花を植えたり・・・言うことは言うが「戦い」だけでない。

 
これら3つに共通するには、単なる反対活動だけでなく、そこから自分たちの暮らしをどうするか
について考えていること。

 
《コミュ二ティ事例》
・アジアには、対立ではない価値観がもともとある。ゆるくつながっている。
 ベトナムのお寺コミュニティー:誰がお昼ご飯を食べに来てもok。
 インドネシアの大学生:長屋に住み、若くても近所の人々とつながっている。
・デンマークのスヴァンホルム:完全平等・自給自足からスタートした。老若男女世代を超えて、いろいろな職業の人を集めている。
・スコットランドのフィンドホーン:スピリチュアル系。リビングマシーン。
・カンボジアの伝統の森:日本人の伝統織物作家による。「伝統の色を出すには村が必要」
・タイのパンパン:オーガニックファーム「やってみて楽しいこと・楽なことは取り入れる」生活を共にする。
・名古屋の徳林寺:社会的弱者のためのシェルター「みんなの家」
・・・まだまだたくさんの事例がありました。

 
《最後に》
There is no way home.Home is the way.
桃源郷はない。持続していくためには問題を解決していくこと。
外に求めるのではなく、足元から。

 
6、根岸夫妻の焼き芋ギフト
根岸さんが普段青山で売っている焼き芋の振る舞いをしてくれました。
ギフトからドネーションが始まり、みんなにハッピーが広がりました。本当に美味しかった。

 
7、ふりかえり
ひとり一言ずつのふりかえりをして、解散でした。

 
☆感想☆
本当に、密度の濃い幸せな2日間でした。ポットラック・焼き芋ギフト・ミカさんのコミュニティ事例が
個人的にはすごく印象的で、人とのつながりが「幸せ」に結びついているんだな、と強く思いました。
れからどう生きていくか、どう暮らしていくか、を考えた時、「つながり」をもっと大切にしたいと思いました。
まずは、ご近所さん、職場から、小さく確かにつながれる関係を作っていきます。
何はともあれ、充電完了!仕事頑張ります!そしてまた来月、会えるのを楽しみにしています!