TOPページ

2016年安曇野パーマカルチャー
募集要項 
 

パーマカルチャーとは 

ロハスの先にあるものパーマカルチャー

朝のシャロムエコツアー 事例報告

パーマカルチャー安曇野塾
毎年の
詳しいレポート


講座の内容がよくわかります

年間の様子を冊子PDFで
(2007年度版 )

ビルモリスンの想い 
小祝慶子

自然と調和した
ライフスタイルを考える   
デビッドホルグレン

心地よい暮らし 
臼井健二

百姓カルチャー
森谷博

楽園で暮らす
レインボーバレーファーム

小田詩世

共生社会への扉 
伊藤英紀

循環生活のすすめ 産経新聞
村松さとこ

これからの時代の暮らし方生き方

映像

リンクページ

事例紹介

シャロムの建物 1979

レストラン建設 2000

マルチ暖炉 燻製
1995

パン用薪の石窯
2000

 ストローベイルハウス
2003

コンポストトイレ 2003

ティピ  2003

チキンホットハウス 2004

垂直軸型の風力発電2004

アースオーブン(土窯) 2005

ダンボールコンポスト2005

天ぷら油で走るグリーンディーゼル2005

廃油ストーブ2007

パン用薪の石窯第2
2005

ツリーハウス 2006

自然に帰る森の家 2006

版築の基礎 2006

コンポストバイオトイレ 2007

コブハウス2007

ソーラーパネル2007

風力発電2007

自転車発電機

薪のシステムキッチン
ースオーブン2008

かまど2008

藁の鍋敷き 2008

竹の箸づくり 2008

踏み込み温床ミミズコンポスト温室2008

ペール缶で作るぬかくど2008
英語版

ペチカ資料

ロッケトストーブ資料

アウトドアーに最高なタープ2007

キーホールガーデン

ロックスパイラルガーデン


マンダラガーデン


ルーフトップガーデン


バイオジオフィルター


メタンガス発酵装置


ティピガーデン2009

カタツムリストローベイル玄関2009

生かそう庫 非電化冷蔵庫2009

ルーフトップガーデン棚田 2009


ダンボールコンポスト畑版 2009

自作のティピ作り 2009

竹テント資料


薪のシステムキッチン2009

ちり取りづくり 2009

燃料費ゼロ籾殻ボイラー 2009

ソーラーコンセント

マルチエネルギーBOX


日本蜜蜂

生ゴミ処理ミミズコンポスト 2010

エコなガーデンハウス2010

ペチカタイプのロケットストーブ2010


自然吸気型廃油ストーブ2010

DC12Vの家 2011

アースバックハウス2011

屋根ミスト(散水)2011


屋根にロックスパイラルガーデン2011

シードハウス 2012

踏み込み温床 2011

運搬できるコンポストトイレ2012

ペール缶 漬物樽で作るモバイル大小分離回転式コンポストトイレ2013

今まで作ったコンポストトイレ

モバイルハウス 2013

アースオーブンと
愛農かまどモデルかまど
2014

モバイルソーラー発電2014


ドームテントスタードーム2015

資料 スペイン窯

自然農

炭素循環農法

なぜ耕さないのがいいか映像

総合的な農業へのアプローチ 

ポリカルチャー



小学館WEBマガジンsook紹介された記事

水の循環

ピースフード

自然に返る家
森のコブハウス

バイオマス
 

冊子[パーマカルチャーしよう」
安曇野パーマカルチャー編
自然食通信社より発売中

冊子 くっきりと安曇野の光の中で
シャロムの持続可能なコンテンツを紹介          
peace出版から発売中

日本パーマカルチャーセンター

2003パーマカルチャーギャザリング

2005パーマカルチャーギャザリング

2007パーマカルチャーギャザリング

2009パーマカルチャーギャザリング

2010パーマカルチャーギャザリング


2011パーマカルチャーギャザリング

連絡先
安曇野パーマカルチャー塾事務局 
〒399-8602 
長野県北安曇郡池田町会染552-1
シャンティクティ
安曇野パーマカルチャー塾


未来への提言

動画で見る『100人の村』 
 

お金のいらない国

ベーシックインカム
(生活基本金)

 

2010年度 安曇野パーマカルチャー塾 

毎年定員オーバーになる人気の連続ワークショップです。

**********************************

【第8期】2010年度  安曇野パーマカルチャー塾 年間講座のご案内

   〜 自然とつながる、心地よい暮らしのつくり方 〜

**********************************

●趣旨と目的

安曇野パーマカルチャー塾は、循環型社会のモデル作りに取り組むシャロム・ヒュッテとシャンティクティを会場に、新しいライフスタイルについて考え、自然と共生する暮らし方を築くのに役立つ実際的な技術をともに学ぶ場です。人や自然とつながる豊かで幸せな暮らしを実践するための技術や考え方を、様々な分野の専門家から直接学びます。また、気軽にできることから始められるよう、実際に役立つ楽しいヒントがたくさん詰まっています。

新しい一歩を踏み出したい方も、これまで自分で考え実践してきたことをより広い視点で整理して深めたい方も、それぞれ多くのものが得られるようにデザインされているので、これまでの経験にかかわらず楽しくパーマカルチャーを学ぶことができます。自然と調和した暮らしの実践を通じて、より豊かな地球を作り将来の世代に伝えていく意志と希望を持っている方の参加をお待ちしています。

 ●主催:安曇野パーマカルチャー塾

※ホームページはこちら http://www.ultraman.gr.jp/perma/index.html

 ●協力:NPO法人パーマカルチャー・センター・ジャパン(PCCJ)

/シャロムコミュニティ/風と土の自然学校

 ●開催期間:2010年3月〜12月の全10回(1泊2日または2泊3日)

詳しくは、開催日程と毎回のテーマをご覧ください。

※出席できない月があっても、翌年度の講座で補講を受けることができます。

 ●内容:各分野の専門家を講師に迎え、パーマカルチャーの基本や農と建築の基礎的な技術を中心に、自然と調和した暮らしに役立つ知恵と技術を実践から学びます。

   農業実習:自然農の農園作りと作物栽培を通じて、自分で実践するのに必要な基礎 を学びます。

建築実習:在来工法によるガーデンハウス(小屋)作りを通じて、建築の基本を学びます。

 ●募集人員:20名(先着順)

 ●スタッフ:梅崎靖志、臼井健二、小田詩世、杉山則人、臼井朋子

●外部講師(予定):田中優(私たちの暮らしとお金)、山田貴宏(パーマカルチャー建築)、恒任東士(自然エネルギー)、宮本民子(アーユルヴェーダ)、藤田政弘(快医学)、ほか

 ●受講料:一般10万5千円、PCCJ正会員および学生(高校生以上)10万円

 ●宿泊費・食費:1泊2食で5,500円

   (各回精算、内訳:宿泊3,000円、夕食+ブランチ2,500円)

    ※原則として、宿泊は男女別相部屋となります。

 ●おもな会場・宿泊:ゲストハウス シャンティクティ

 <所在地>

  399-8602 長野県北安曇郡池田町会染552-1

  TELFAX  0261620638  0261620638

  URL: http://www.ultraman.gr.jp//shantikuthi/(交通案内あり)

 ただし、見学・視察の場合は現地集合となります。

 ●スケジュール

 原則として、土曜日の午後1時30分に会場へ集合し、最終日の午後4時まで講義あるいは実習を行います。見学・視察等では集合時間や場所が変更になります。

 ●開催日程と毎月のテーマ(予定)

開催日程

テーマ

3月20〜21日(土日)

パーマカルチャーをはじめよう!

4月24〜25日(土日)

パーマカルチャーの基本

5月22〜23日(土日)

「医」アーユルヴェーダを暮らしに生かす

6月19〜20日(土日)

「農」自然農法の圃場見学

7月17〜19日(土日祝)(2泊3日)

「住」パーマカルチャー建築「エネルギー」再生可能なエネルギーを活用する

 8月21〜22日(土日)

「農」実践者に学ぶ自然農 〜いのちのめぐり〜卒業制作のガイダンスとグループ分け

9月18〜20日(土日祝)

(2泊3日)

「経済」お金と私たちの暮らしの関係
「医」快医学 〜自分の身体とつきあう技と知恵〜
  卒業制作 グループワーク

10月23〜24日(土日)

「暮らし」自然とつながる暮らしの実践

11月20〜21日(土日)

「地域づくり」エコビレッジとコミュニティ卒業制作 仕上げ

12月11〜12日(土日)

 安曇野パーマカルチャー・ギャザリング
     卒業制作 発表

※卒業制作では、講座で学んだことをベースにしながら、パーマカルチャー的な暮らしの魅力やイメージを身の回りの人たちへ伝える作品づくりに、グループで取り組みます。
※安曇野パーマカルチャー・ギャザリングは、この塾の卒業生をはじめ、塾につながる人たちが集まる会です。

 ●その他
・出席できない月があっても、翌年度の講座で補講を受けることができます。
・野外での活動が中心となりますので、天候によりプログラムが変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・このコースの修了に加えて、パーマカルチャー・センター・ジャパン(PCCJ)が主催するデザインコースを修了すれば、PCCJが認定するパーマカルチャー・デザイナーとして登録することができます。

 ●問い合わせ・申込み先

風と土の自然学校 安曇野パーマカルチャー塾 担当:梅崎
E
mail earthfood.gr.jp(@を半角にしてください)    FAX.03−6904−0083

 ●申込み方法

次の項目をご記入の上、FAX、またはメールにて、風と土の自然学校までお申込みください。(コピー&ペーストしてご利用ください)

 1.氏名
  2.連絡先 住所 〒
  3.TEL・FAX
  4.携帯電話番号
  5.E−mail
  6.性別
  7.生年月日
  8.職業
  9.専門および得意分野
10.どこで塾のことを知りましたか
11.塾に参加して得たいことはなんですか
12.学生およびPCCJ正会員の場合は、その旨を記載してください

【個人情報の取り扱いについて】

 お申込み時の個人情報は、安曇野パーマカルチャー塾の受講お申し込みに関わる手続き、および安曇野パーマカルチャー塾に関わる情報のご提供に使用いたします。

【昨年度までの講座内容】
ホームページにレポートとして掲載されています。下記からご覧いただけます。
http://www.ultraman.gr.jp/perma/report.htm
受講生の声がレポートとして載っています。アクセスください。
http://www.ultraman.gr.jp/perma/2009.12gya.htm#どうもありがとうございました。