全文検索

English version
TOPページ
インフォメーション ワークショップ案内  
シャロムのビジョン(これからのビジョン)
シャロムの概要
(大まかの内容がわかります。)
シャロムってどんなところ(紹介記事など)
シャロムの1日
部屋のタイプと宿泊料
予約 空室情報
シャロム案内ビデオ
シャロムコミュニティ
舎爐夢ヒュッテ 案内地図
 印刷用PDF
アクセス交通地図
行事予定 お休み

E-mail

天気予報 
松本からの
北アルプス画像気温天気など
フライヤー印刷用地図の
ダウンロード
安曇野案内
カントリーウォーク
安曇野ポタリング
あずみのシュタイナー学習会
安曇野を旅するお役立ち
リンクページ
ウエディングお手伝いします
ホームページ感想投稿
朝のエコツアー
ご参加ください。
詳しくは下記を
クリックして下さい
舎爐夢ヒュッテのコンセプト
舎爐夢ヒュッテの日記
とゲストのページ
今月のギャラリー
アマゾン先住民写真展
本や雑誌に紹介されたページ
農作業 自然農 アトピー 
クラフト ヨーガ エコロジー 
リサイクル 地域通貨 
地球を救う 麻 永続可能な社会
自転車発電機
 
天ぷら油で走るsvo車
クッキングノート 自然食 
マクロビオティック 燻製

ナチュラルダイエット 
クラフト  パン石窯
スタッフ募集紹介、元スタッフ、
臼井家の紹介、
北アルプス山小屋小屋番時代
インド旅日記 インドサイババ
 ネパールの旅、
順ちゃんのネパールポカラ通信
 ドイツの旅 バリ

  野外保育森の子
 森遊びクラブ
ちびっ子会

学童

 森の広場

世界の賢者サテシュクマール
   リトリート報告 2007.4
行動する仏教 
   ティク・ナット・ハン
   2010.11.18リトリート報告

 いのちの祭り  2000

 パーマカルチャー

シャロムのパーマカルチャー
実践例

自然農

無農薬有機栽培米の販売
安曇野家族

 炭素循環農法

BeGoodCafe安曇野 

稲角尚子さんの
安曇野教育エッセイ

 オープンレター礼状

 Earth day  安曇野

 ゲストハウス シャンティクティ

 Shalom Communityのブログ

インターネット専用線接続 
サーバー
上野玄春
心にしみる言葉
クラフトフェアー松本 
ビデオライブラリー
コミュニティー使用料
about this site
ミクシィの
シャロムコミュニティー

ミクシィKENシャロム
安曇野のページ
研究卒論 仁賀崇之
環境共生型ペンションにおけるホストとゲストの多様な関係性に関する研究 舎爐夢ヒュッテ の18年

ふるさと力発掘支援モデル事業先進地視察研修報告書

取材用 写真地図

舎爐夢(シャロム)ヒュッテ
〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明7958
TEL FAX 0263-83-3838
 ツイッタ ユーストリーム    Facebook  

TOPページに戻る 

 E-mail     予約  


 未来への提言
 
ユニアースプロジェクト
  ●
沖縄の空から心にしみる
                メ ッセージ

  ●お金のいらない国
  ●未来の希望がここにあ
greenz.jp
  ●映画 降りてゆく生き方



 
余川さま 皆さま ヨット塾では大変お世話になり、ありがとうございました。

ヨット七福神は葉山港に浮かんでいました。アッ、これがこれから乗り込むヨッ
トなのだ。
一気に気持ちは高鳴ります。
今日はキャプテン余川さん、ご指導してくださるクルーの井上さん、鷲見さん、生徒
の宮本さん、ゆうちゃん、彰さん、詩世さん、テラ、翠さん、わたしでちょうど定員
の10名が揃いました。
理子さんは岸壁で手を振ってお見送り。

港を出る船の舵を手にした余川さんの顔つきは別人。早くも海の男の顔つきになって
いるのに驚きます。
時折ポツリポツリとは来るものの、沖合いへ出てから代わる代わるティラーを担当す
る私たちはそれどころではなかったはず。目標を決めて一人30分づつ舵を握る、こ
れがけっこう難しいんだなぁ。真剣かつ楽しくて楽しくて・・・皆の気持ちも伝わっ
てきます。
詩世さんが完璧にヨットにフィットしていたのですよ。普段から自然を相手に生活し
ている詩世さんは、海の風とも一体になるのが上手のですね。余川氏も絶賛の舵さば
き!完璧でした。

二日目には、油壺までクルージング。夢みたい。子供の頃に遠足で来て以来、今回は
陸からではなく海側から湾を望めるられるとは・・・鏡のように波のない静かな入り
江で皆で食べたボンジュールの飛びきりにおいしいランチと、イギリス海軍御用達の
ラムの味は忘れられないなぁ。気持ちよく酔ってしまいました。

「ヨットの上では、何も考えない。だから好き。」余川キャプテンの言葉に、ヨット
のとりこになりそうなわたしも「同感。」と思ってしまう。見えないはずの風がヨッ
トマンたちには見えるのですね。船に揺られているだけでこんなにシ・ア・ワ・セ!

久し振りで会うPCの仲間たちや、初めてお会いしたヨットの仲間たちといろいろ話し
が出来て楽しかった。
宿泊やランチのことまで総てにわたって本当に何から何まで良くしていただきました
余川さんには感謝でいっぱいです。この機会をつくってくださいまして、本当にあり
がとうございました。

すばらしいお食事と細やかなお心使いでお持て成してをしてくださいました葉山セミ
ナーハウスのご夫妻にも感謝いたします。

また、皆様方と何処かでお会いできる日を楽しみにしています。
   風の子 一枝
画像の拡大
画像の拡大
IMG_0710.JPG
 
  IMG_0716.JPG
 
 
画像の拡大
画像の拡大
IMG_0718.JPG
 
  IMG_0719.JPG
 
 
画像の拡大
画像の拡大
IMG_0721.JPG
 
  IMG_0722.JPG
 
 
画像の拡大
画像の拡大
IMG_0723.JPG
 
  IMG_0727.JPG
 
 
画像の拡大
画像の拡大
IMG_0729.JPG
 
  IMG_0733.JPG
 
 
画像の拡大
画像の拡大
IMG_0735.JPG
 
  IMG_0736.JPG