TOPページ 

 

始めてみよう、自然農

2017安曇野自然農塾

募集中

シャロムの自然農 

 @畝を作る・種を蒔く 春畑

稲の種籾まき 陸苗代の作り方 春田

 A草を刈る種をまく 

 B種を採る 

 Cまとめ 冬


印刷用にご利用ください。
自休自足に掲載されたページ PDF

舎爐夢(しゃろむ)ヒュッテの自然農
小冊子PDF

冊子注文

安曇野の大地から 畑の様子と自然農学習会のレポートをお伝えします

2011から昨年はシャロムのホームページで見ることがでwきます

 

2019

2018

2017

2011 2010 2009
2008年 2007年 2006年  
2005年 2004年 2003年
2002年 2001年 2000年
1999年 1998年  1997年

妙なる 畑の会 徳島 

自然農学びの会三重

小田詩世さんレポート
  

自然農から命の道を 川 口 由 一

いのちの穏やかな連関 村松知子
存在知としての自然農

自然農私の場合 小田詩世

福岡正信 粘土団子 藁1本の革命

畑の雑草

農事暦

自然農参考文献 種の入手先

リンクページ

 

問い合わせshalom*ultraman.gr.jp *→@

舎爐夢(シャロム)ヒュッテ
〒399-8301
   長野県安曇野市穂高有明7958
         TEL FAX 0263-83-3838

http://www.ultraman.gr.jp/~shalom/

 

●安曇野自然農学習会 2005年度

自然農とは、耕さず、無農薬、無肥料、草や虫を敵とせず 自然の理に沿った農。



安曇野自然農学習会

『耕さず』『肥料をやらず』『雑草を生かし虫を殺さない』

自然農の世界 あなたもふれてみませんか

年6回 自然農実践者を迎えての学習会を予定しています。

日 時

●安曇野自然農学習会

自然農とは、耕さず、無農薬、無肥料、草や虫を敵とせず 自然の理に沿った
農。自然農の世界あなたもふれてみませんか 年7回 
自然農実践者を迎えての 学習会を予定しています。
年会費7回参加で 5000円 単発参加は1000円

 明科の小田詩世さんを迎えての作業を予定しています。

4月10日  5月15日 6月19日 8月21日 9月19日 10月16日 11月20日 
 
第3日曜午後 2時より5時頃まで

4月 田んぼの籾まき ジャガイモの植え付け 春野菜と夏野菜の種まき 畝づくりなど
5月  大豆 インゲン サツマイモ 落花生の播種 または植え付け 定植
6月 田植え 大麦収穫 大豆インゲン播種 草刈り 植え付け 定植
8月 秋冬野菜の播種 田草刈り ソバ播種 レタス白菜キャベツ苗床 播種  収穫
9月 秋冬野菜の播種 田草刈り ニンニク播種  収穫
10月 米の刈り取り
小麦大麦ライ麦播種 小豆ダイス収穫 畝づくりなど
11月 脱穀 来年の畑の準備

持ち物

スコップ 鍬 のこぎり鎌 軍手 等

場 所 連絡先

申し込み

〒399-8301 長野県南安曇郡穂高町豊里 

     舎爐夢(シャロム)ヒュッテ

      安曇野自然農学習会 世話人 臼井健二

           TEL&FAX 0263-83-3838

E-mail:shalom@ultraman.gr.jp 

http://www.ultraman.gr.jp/~shalom/   

申し込み方法

次の項目をご記入の上、FAX、郵送、またはメールにて、お申込みください。

1.氏名 2.住所 3.TEL&FAX 4.Email(あれば) 5.性別

6.年齢 7.職業 8.専門および得意分野 9.何で知ったか

10.受講の動機 11.学びたいこと・期待 すること

参加費

年会費7回参加で 5000円 単発参加は1000円


小田 詩世(おだ うたよ) 1999年にパーマカルチャーと出会い、藤野にあるパーマカルチャー・センター・ジャパン(PCCJ)でパーマカルチャー(PC)ついて学びました。同じ頃、川口由一さんの提唱する自然農とも出会い、そちらも実践をはじめました。2001年に、オーストラリアとニュージーランドへ行き、複数のPCサイトでウーフ体験をしました。これは、本当に素晴らしいもので、自分のいままでの暮らし方を見直し、変えていく大きなきっかけとなりました。帰国後に山梨県にある自然農の専業農家で一年間研修を受けました。
毎日田畑に立つことで、身体で季節の流れを感じ、自然の営みの中で生きていることを感じています。皆様にも、この一年で、種をまき、それが芽を出して育っていく、そのまるで魔法のような自然の営みに触れることで何かを感じてもらえたらいいなあと思っています。私も一年間、皆様と一緒に楽しく、学びあいたいと思います。お逢いできるのを楽しみにしています。

 

1999.9月2日晴れ 28度

自然農   川口由一実践、学びの会  
耕さず、肥料、農薬を用いず、草々、虫たちを敵にしない 自然の営みに沿った農。
草々が見せるいのちの世界は農を越えて私達に語りかけます。
本当に大切なものは何かを…………

199992sizennnou6.jpg (10615 バイト)

199992sizennnou1.jpg (14979 バイト)

199992sizennnou7.jpg (14444 バイト)

199992sizennnou2.jpg (11701 バイト)

大豆

199992sizennnou3.jpg (10749 バイト)

人参

199992sizennnou4.jpg (12920 バイト)

ネギキャベツ

199992sizennnou8.jpg (12270 バイト)

種の蒔き方鍬で表面を削る

199992sizennnou9.jpg (10977 バイト)

土を柔らかくして種を蒔き

199992sizennnou10.jpg (10423 バイト)

草をかける

199992sizennnou12.jpg (7898 バイト)

キュウリの種の取り方 バケツに種をを取り浮いた物は捨てる。

199992sizennnou13.jpg (8551 バイト)

果肉を取り新聞紙の上で乾かす。

199992sizennnou11.jpg (10382 バイト)

畑での語らい。気持ちの良い時間でした。

1999年7月30日 晴れ 気温 30度 舎爐夢ヒュッテの畑です。

畑の様子です。自然農は愛情を持ってやらないと草に紛れて作物ができません。草を敵としない農法もなかなか大変です。

1999730daizu.jpg (6851 バイト)

トウモロコシと大豆

1999730kabotya.jpg (7486 バイト)

カボチャ

1999730kyabetu.jpg (8838 バイト)

キャベツ

1999730ninnjinn.jpg (8111 バイト)

人参

1999730retasu.jpg (7584 バイト)

レタス

1999730satumaimo.jpg (7330 バイト)

サツマイモ

自然農   川口由一実践、学びの会 

耕さず、肥料、農薬を用いず、草々、虫たちを敵にしない 自然の営みに沿った農。

草々が見せるいのちの世界は農を越えて私達に語りかけます。

本当に大切なものは何かを…………

      

お米の苗代は4月14日に種を下ろしたもの 今年は生育が悪く田植えの稲は温床で作ったものを植える。土手周りは耕して土手塗りをして大豆を蒔いてある。

田植えは南北に40p間隔で35p離して植える。耕さないところに鎌の先で穴をあけて一株ずつ植えていく。

         

草は決して敵としないがセリなどは除草しておく。苗の小さい頃は草に負けることもあるので除草も必要。草をかき分けての田植え 移植となる。

         

畑の畝の作り方の指導を受ける。まず草を刈ってどけておき 畝の溝を掘り少し真ん中が高いくらいのアーチ型にし 掘りとった土は砕いておく。刈った草などを畝の上に置き土が裸にならないようにしく。野菜の苗は穴に水をやりしばらくしてから移植をして刈り取った草を寄せておく。

人参大根などは草の部分を鍬で削り種を下ろしてやる。鎌などでたたいて土を覆うか けずったはじの土を寄せてやる。草に負けないように最初の頃は除草が必要。

  

小麦やソバなどは草の上からばらまきその後で草を刈ってやり 全体を草で覆う。 

山菜ずくしの玄米食が用意され食事を食べながらの交流会ももたれました。

自然農   川口由一実践、学びの会  山梨長坂 野風草 1999.6.月8,9

野風草の館野さん中心で始まった 学びの会に35名の参加で行われ若い人が多いのが印象的でした。

199969nagasaka1.jpg (9849 バイト)  199969nagasaka2.jpg (10470 バイト)  199969nagasaka3.jpg (10655 バイト)

苗代の稲の生育は順調 オケラとモグラの害があったようですがいい苗が育っていました。田んぼの畦塗りは まずシャベルで溝を入れて鍬で耕し泥状にして畦塗りをします。

 199969nagasaka10.jpg (11850 バイト) 199969nagasaka11.jpg (12977 バイト)   199969nagasaka12.jpg (11243 バイト)

陸稲の田植えをするために田んぼの草刈りをします。水田の場合は草刈りはしませんが水に強いセリなどは稲が負けないように刈ってしまいます。苗代より苗を鍬で土を付けて掘りとります。稲列は40p 稲間隔は25〜30程度で植え付けます。     

199969nagasaka4.jpg (10117 バイト)  199969nagasaka5.jpg (11406 バイト)  199969nagasaka6.jpg (10908 バイト)

畑の様子です。トマト 大豆 ニンニク サヤインゲン作物の近くは鎌でかってやり草に負けないようにし 刈り取った草は敷いておきます。すべて刈ってしまうのでなく1列おきに刈り 小動物のすみかを奪ってしまわない配慮が作物も共存できる環境を作ります。

199969nagasaka7.jpg (12589 バイト)  199969nagasaka9.jpg (12367 バイト)  199969nagasaka13.jpg (9807 バイト)

タマネギの収穫 草の間で良くできていました。苗が小さな内は苗の周りを草に負けないように鎌で刈ってあげますが作物が大きくなれば草と共存させます。日照りが続いたときなどは草の保水力が水分不足を補います。人参 キャベツが草の中で育っていました。耕さず草も抜かない農法ですが見事に野菜が育っています。雑草も虫も敵としない21世紀の農法を目の当たりに見た感じです。近代農法はきわめて川口 福岡農法に近づいてきています。田植えも不耕機となり畝もそのまま使う方法も実践されています。草むしりもせず共存させる農法も一部では行われています。21世紀は自然農がメジャーになる予感がします。

農夫が種を蒔き、目的とする作物が元気に一生を全うできるように見守ります。収穫のために必要な物は、人が加えずとも、そこに用意されているのです、用意されていくのです。不耕起、不施肥の田畑、その実り。
農だけにとどまらず、巡り続ける完全絶妙な自然の営み。
草々が見せるいのちの世界は農を越えて私達に語りかけます。
本当に大切なものは何かを…………

自然農 映画 『川口由一の世界 1995年の記録』

 20世紀もあと数年で終り、新しい世紀が始まろうとしています。
 しかし、人類は今、世界的にみて大きな混迷の最中にあります。世界経済は危機的状況にあり、先進国と途上国の格差は深まるばかりです。流血をともなう民族紛争は至る所で多発し、地球環境の破壊はとどまるところを知りません。しかも現代の文明社会はこれらの諸問題について対処する何ら有効な手立てを打てないでいます。

 一方では資源の大量消費と飽食が、他方では失業と貧困、そして疫病や麻薬の蔓延が並立しているのです。今こそ人類が築いてきた高度な科学技術文明の在り方を、自然と人間の原点に戻って根底から問い直すことが求められている時はありません。

 この現代文明の対極に川口由一さんの自然農の世界があります。奈良盆地の桜井の地で、わずか7反に満たない農地を舞台に、川口由一さんが試みてきた自然農の実践は、20年にも及びます。川口さんは若い頃は、大量の化学肥料・農薬を使い農業機械も導入して多収穫をほこるこの地方でも有数の篤農家でしたが、その結果肝臓障害などの疾患が生じ、体がぼろぼろになってしまいました。現代文明の最先端技術によって生命が知らず知らずのうちに蝕まれていたのです。

 このことが川口さんが自然農法に転換した直接的な契機でした。 川口さんは、自然農法の福岡正信さんの著書「自然農法−わら一本の革命」に出会ったのをきっかけに栽培農業の原点にかえるべく、「自然界の法に沿う農」の在り方を模索し、自然農の実践に踏み切ったのです。自らも含めて生きとし生けるものの生命が生かされている自然の摂理を信頼し、それに依拠する米づくり・野菜づくりに励みました。それはお米の命が自ら育む力を信じ、無農薬・無肥料、そして無起耕・草々、虫たちを敵にしないという徹底した自然農への取り組みでした。

 そして、最初の2年間は7反の田畑で収穫ゼロという困難を乗り越え、今日では川口さんの田や畠には豊かな生命の世界が成立しています。たんぽではお米が雑草や虫・微生物等と共生し、すくすくと育っています。

 本記録映画は、以上のような川口由一さんの自然農の世界を一年以上にわたって、米づくり・野菜づくりの両面から長期取材し、川口さんの農場で、自然の恵みのなかで何が起きるかを克明に記録しようとするものです。 抽象的な理念の世界ではなく、田んぼや畠で具体的な日々生起する事実のディテールをカメラとマイクで見つめていきます。 それによって、川口由一さんの自然農の世界から現代文明の混迷を乗り越えて、新しい世紀に生きる指針となるべきものを探り出したいと考えます。

 実際、川口さんの田や畠を訪れると、自然の摂理により多くの生命が共生するミクロコスモスに触れることにより、現代人の病んだ心は次第に癒されてきます。それを求めて川口さんの田や畠を訪れる人々は毎年増えています。

 この記録映画が、人間と文明の再生の為の一助になることを願っています。

作品概略

 春たけなわの川口さんの田んぼでは、雑草が波打っています。この草ぼうぼうの田んぼの一隅の草を刈り、雑草の種や根を取り除き、種おろしが始まります。
 1995年5月、川口さんは自ら編み出した自然農の方法で、この年19年目の水稲づくりをスタートさせました。畑でも、田んぼと同じように陸稲・オカボの苗代がつくられます。耕さない田畑には、18年分の草々の亡骸なきがらが積み重なり、様々な虫や雑草を育んでいます。

 苗が15cm前後に育った6月末、いよいよ田植えです。苗よりも丈の高い冬草の中に、手で1本1本植えられてゆくため、一見頼りなげな苗ですが、生い茂る冬草はやがて夏草のお米にその場を譲ります。冬草と夏草の交代です。
 オカボの畑の田植えの時、冬草の足元に真白な菌の塊が見つかりました。この菌は作物に良いからと他所から持ってきた物ではなく、その場その土地に相応しい生命活動から生まれました。

 「ある種の菌や微生物が大事なのではなく、そういった生命を生み出す舞台が大事なのです。微生物によって朽ちた草々の亡骸は、自らの生命を次の草々に委ねてその生命を全うします」川口さんは語ります。
 夏の盛り、勢いのよい稲の分けつ。自然農と言っても、全く放任して何もしないのではなく、苗床づくり、田植え等、要所要所で手助けをする農です。この時期、お米以外の夏草の勢いを弱めるため、根を切ってその場に置く作業をします。

 8月末、在来種で一番広い面積を占めるトヨサトは分けつを完了し、幼穂を形成します。田の一隅には3種類の古代米(香り米、赤米、黒米)と改良種の栄光1号も成長を競い合っています。その中で早稲種の赤米が他の稲よりひと足早く開花しています。 9月になると、在来種のトヨサトも花の盛りを迎え、虫たちも交尾し、まくわうりや西瓜も食べ頃となります。陸稲は10種類育てられていますが、皆各々の特性を持ち、健やかに開花しています。食べ頃を過ぎて種の採り頃を迎えたキュウリが、畑で大きく黄色い身体を横たえています。

 11月中頃、重く垂れた穂が風に揺れ、黄金色の波となり、稲刈りです。刈った稲は稲木に掛けられ、1ヶ月の天日乾燥に入ります。久しぶりに田んぼにやって来た川口さんのお母さんも作業に加わります。 12月中頃、田んぼでの脱穀は昔から使われている足踏み式の脱穀機です。もみすり、精米を経て、川口さん一家の夕方風景。やがて厳冬の中、空っぽの田んぼに一面にまかれた稲わらのすき間から、稲刈り後にまかれた麦の新芽が顔をのぞかせます。

 映画は、鳥山敏子さんが田畑で川口さんと一緒に作業をしたり(時にはスタッフも加わって)対話する中で、川口さんの自然農を顕かにしてゆきます。

KEN said

いろんな意味で変革の時期を迎えているのだと思います
今まであまり見向きもされていなっかったことが重要であり見直されている時代なの
だなあと思います。
農業の分野をっとっても効率だけを考えると 草虫は敵で歓迎されるものではないと
されました。
しかし 全体 生態系 という高い視点に立つと人間がむしろ じゃまと思っていた
ものが役立っていたりします。
雑草も水分を保有し草マルチをして小動物のすみかとなります。そのことで作物だけ
虫に食われると言うこともなくなります。芽のでた頃は草に負けないように手を貸し
てやらねばなりませんが 少し大きくなると共生できます。それは人の成長と同じだ
と思います。子育ての頃は慈しみの心が必要ですが 自立してしまえば見守ってやる
だけで充分です。
草の根は大地を耕し肥沃の地を作ります。肥料も耕耘も必要でなかったのかもしれま
せん。
人も共生していけば生態系で孤立することもないのでしょう。
まあ人間もすべてのものの一部ですから

自然農のトップページに戻る TOPページに戻る