ダラムサラ輝く大地

プロジェクト

(Norbu ke tsel ノルブ ケ ツェル)
 

これからの計画 概要


2020プロジェクト参加者募集中
2020.1.31-3.8

今年の作業予定 2020

用意する物 疑問?

プロジェクト宿泊

メンバー登録申し込みフォーム

旅のアドバイス インドビザ
ダラムサラまで

今後の予定

ダラムサラ旅行ガイド

●なんでダラムサラプロジェクトに取り組むのか
 


2019プロジェクト

報告動画
 

Sakura Hotel

プロジェクトの拠点
 

アクセス
 

連絡先
 

パーマカルチャーカルチャー
とは


動画予告 動画
 

●地域通貨による
クラウトファンティング

沢山の応募
有り難うございました
入金された方でメンバー登録されてない方登録願います

ドナーメンバー
地域通貨テシデレ購入

 

コブハウスの家作り

ストロべールの家作り
 
竹の家作り
チベット正月を体験

Kenji-iのダラムサラ日記
 


URL:ダラムサラプロジェクト

Facebookページ

Facebookグループ

Sakura HotelFacebook
 

メンバー登録申し込みフォーム

ダラムサラのホテル

 

           2020年2月1日〜29日の1ヶ月間

      世界を森にするプロジェクト
          アースバックハウスを作ります。

母屋を造る前にプロジェクトのベースとなる建物を現地の素材で アースバックで作ります。


申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/092Z7BEC41wufhtC2

こんな建物をアースバック 土嚢に土を詰めて煉瓦のように積んで壁にして屋根をつくります。

実際にシャンティクティで作った過程をみてください

http://www.ultraman.gr.jp/perma/eathbachouse.htm



母屋を造る前に小さな居住スペース 将来的にはコテージを作ります

コンポストトイレ 作業小屋 畑

イメージ図

   





母屋の計画図 2021年取り組み

                    アースシップの考えを形にします。



1ヶ月間全日参加できないけど、数日間、数週間できるという方の参加も大歓迎♥
 この期間中であれば、いつでも出入りが自由です。


申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/092Z7BEC41wufhtC2

messengerグループを作り、皆様で情報交換及び提供しましょう。


● 集合場所

プロジェクト母体であるSakura Hotelに現地集合。






●デリー空港からチベタンキャンプであるマジョノカティラに移動。タクシーRs.800≒1230円前後
マジョノカティラに宿泊(安宿Rs.約900前後≒1373円)

18-20時発の私営バスでダラムサラへ移動(約12時間)。Rs.900-1200≒1373-1830円。

5-6時ダラムサラバスターミナル着(時々路上に降ろされることもあり)
タクシーでSakura Hotelに移動(約20分。Rs.250≒381円)
(インド1ルピー1.53円で計算)

●参加費 プロジェクトの参加費はドネイション 




●宿泊について

下記からお選び下さい。


  ・・・Rs.800-1500/日、全室ダブルベット、ホットシャワー、TV、バルコニー、電気ポット、wifiフリー。

 

昨年の建設途中の写真 今は完成しています。昨年のプロジェクトでサクラホテル建設をお手伝いしました。

ガラス張りの階段が特徴

 

屋上からヒマラヤ ドラダルが見えます



窓からこんな田園風景が見渡せます
 

  
 

 

 

 

 

 

昨年のツアーの様子近くの僧院で瞑想体験

 

ダライラマ法王 ティーチイン 2月にはティーチインがあるので法王に出逢えます
日本食レストランルンタなおこさん家族とマクロドガンジーにて

 

プロジェクト 現地でプランニング 農業実習 不耕起で畝を作り種まき
 

●食事について

現在Sakura Hotelに併設しているカフェオープンの準備中(12/1現在)
あと1.2週間後にはオープン予定。

その他ホテル周辺には、チベット料理、インド料理屋さん、イタリアンなど複数、徒歩圏内にあります。



 

 

 

 


日本食レストランルンタのかき上げ定食 



自炊は…

プロジェクト土地内は何をしてもOK。自炊、たき火も可(薪、水等自分たちで)

宿泊先でもあるさくらホテル4階

昨年健さんが買った卓上コイルを使って自炊可。
しかし、キッチンはないので、洗い物等水使うのは、トイレ&シャワー室のところ。

私達の部屋が同じ4階にあるので、そこのキッチンを使うことは可能。

ここも将来的にはホテルの部屋にするので、きちんとしたキッチンはない。

洗い物はトイレ兼シャワー室のところ。

しかし、そのトイレ&シャワー室はキッチン用具を洗う専用の場所。トイレとして使用していない。

 

●ミーティング場所

宿泊先にもなっている、Sakura Hotelの4階の一室を使う。

Sakura Hotel 内はwifiフリーで利用可能です。
 



●参加費

当プロジェクトは、参加費は徴収せず、個々でかかった費用(宿泊代、食事代、交通費等)を、その時々に徴収し、皆さんが気持ちよく過ごせたらいいな、と思っています。


そして、プロジェクトの運営資金はドネーションですべてまかなっており、キツキツの中どうにかやり繰りしています。

皆様のあたたかいご支援、そしてプロジェクトへのドネーション大歓迎です。

●作業内容

今年のプランにリンク

 

●滞在中の健康面

私には9歳の娘がおりチベット学校に通っているのですが(日本語可)、

12/20から3月上旬まで長期休暇です。

なので、このワークショップ期間中もずっと一緒に参加予定です。

お子様連れの参加も可能です。


私は、日本で看護師(主に小児)助産師をしていました。

体調不良のご相談、病気の対応等いつでもいたします。

このプロジェクトにかかわることで沢山の学びと出逢いが待っています。

お待ちしています。