先生紹介

森の子には平成28年度4月現在、常勤の先生が3名・非常勤の先生が2名がいて、お父さん・お母さんも時々先生になって子どもたちを見守ります。ここでは常勤の先生をご紹介します。

江藤 智子先生

我が家の末っ子が2003〜4年度森の子でお世話になりました。末っ子が小学校に上がると同時に保育者として森の子にかかわり早11年目。その末っ子も高校2年生です☆
お花とか虫さんとか木とか森の生きものたちが好きです。森にずうっと子どもたちといると、色んな発見がありたのしいです!おさんぽ山登りも大好きです。うちの玄関先にはヤギのメロちゃんがいます。キョーボーですがラブリー♪

田島 尚巳先生

信州在住5年目。これまで子どもに関する仕事に従事してきましたが、未就学児は初めてです。初めて森の子に来た日、子どもたちの笑い声は、まるで鈴の音のように心地よくて、ためらいなく目と目をまっすぐ合わせて笑う瞬間が、ああ~幸せ、と感じました。泣くも笑うも、目の前の子どもたちが生き生きと生きている実感が素晴らしい。ここで毎日子どもたちの傍らにいられるご縁をありがたいと思います。

木下 志乃先生

幼少の頃は、山辺の山の中を走りまわり、木登り、川遊びなどをおもいきりあそんできました!森の子の生活に毎日わくわくどきどきしています!!子どもたちの小さな発見を大切に、見て触れて感じて「毎日が発見!!」そして、「笑顔」がたくさん見られるよう過ごしていきたいと思います。子どもたちとチャレンジしていきます。(私の得意なことは、、、「泥だんご」作りです!)