個人情報保護について

森の子の個人情報保護への取り組みと指針をお知らせします。

1. 個人情報の取り扱いについて

野外保育森の子(以下、「当園」と呼ぶ)では、個人情報について、その重要性を認識し、園児ならびに保護者・家庭に関わる個人情報の取り扱い、及び求人応募者や問い合わせの方等、関係するすべての方の個人情報に関し、関係法令及び安曇野市による規定のガイドラインを遵守いたします。また、「個人情報保護の方針」を定め、個人情報の保護に万全を尽くすとともに、よりよい保育のため適正な活用に努めます。

また、常勤保育士に対しては雇用契約締結時に、非常勤保育士(パート)や実習・ボランティア等への参加者に対しては開始前の説明の場において、個人情報保護に関する誓約書を取り交わすとともに、意識啓発に努めています。

2. 野外保育森の子における個人情報保護の方針

(1)園児および保護者・家庭に関する個人情報、また、求人応募者や問い合わせの方等、当園に関係するすべての方の個人情報の取り扱いについて、個人情報の保護に関する法律第3条において「個人情報は、個人の人格 尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものである」とされていることを踏まえ、個人情報を取り扱う保育者及び保護者が、個人情報の性格と重要性を十分認識し、その適正な取り扱いを図ります。

(2)当園では、保護者より口頭もしくは文書により提供を受けて得た個人情報、また日々の保育業務を通して得た個人情報を保育の円滑な実施以外の目的で使用することはありません。

監督官庁への各種届出、法律に定めるところの必要書類作成、各種募集等、情報主体の利益享受及び権利の行使に必要と認められる場合は、正当な目的に限り使用します。

主な利用目的は

  • ・園児募集並びに入園に関する業務
  • ・保護者との連絡に関する業務
  • ・園児の保育に関する業務
  • ・園児の記録管理に関する業務
  • ・園児の健康状態把握に関する業務
  • ・卒園児の確認に関する業務

とします。

(3)当園では、入園時、保護者に対し、当園の活動及び行事等で撮影された写真やビデオなどの取り扱いに関し、上記法律をふまえ、適正に取り扱う旨の誓約書を提出し、適宜周知徹底の機会を設けるものとします。

(4)当園では、『個人情報保護法』第23条内に規定されている、該当の場合を除いて、保護者の同意を得ずに第三者に個人情報(個人データ)を提供することはありません。

(5)当園では、『個人情報保護法』第23条に規定されている下の各号に該当する場合を除いて、保護者の同意を得ないで第三者に個人情報(個人データ)を提供することはありません。

  • ・法令に基づく場合
  • ・人の生命、身体又は財産の保護の為に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
  • ・公衆衛生の向上又は園児の健全な育成推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
  • ・国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

 (6)個人情報の管理

当園では、保有する情報は適切な方法で管理し、また、保護者から開示や訂正及び消去等の要請がある場合は、法令に従って速やかに対応します。また、開示には、本人(保護者)確認をいたしております。

(7)情報廃棄の手段について

個人情報を含む文書を破棄する際、シュレッダーを使用します。

写真を保存したハードディスクは、年度ごとに前年度分を削除します。