本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ年長、年中、年少クラスを意味します。


こんなことしました

 12/1(火)曇 焚き火パン、南瓜スープ作り  けいくんお誕生会

 12/2(水)晴 アドヴェントの準備


暖かい師走の入り
 この異様な暖かさはどうなっているのでしょうか?年をとってくると暖かいのは有難い んですけどでもねー。なんか不気味です。子どもたちが手袋もしてないし、寒くてお弁当 を食べるのが辛いなんて日もほとんどないし。去年もかなり暖かかったけど今年はそれ以 上という感じです。冬場、雪は積もってくれるでしょうか?みんなで雪乞いをしましょう

けいくんお誕生日おめでとう!!(byまこと先生)
 今となっては森の子の誰もが認める電車好き、けいくんのお誕生日会が12月1日に森の子 で開かれました。
 先日の電車遊びから、ぐんぐん存在感を発揮してきているけいくんですが、なんと!け いくんのお家からは、大糸線が目と鼻の先!!近頃のけいくんが電車遊びで大活躍なのも 頷けます。お家のことを話してくださったお母さんが、自宅の窓から撮ったスーパーあず さの写真を掲げると、男達の口からはため息混じりに「いいな〜!」の声が漏れていまし た。そんなため息の出所と思われるりくちゃんをはじめとする何人かのまつぼっくりの男 の子達が、優しく接してくれるからこそ、けいくんも弟のがくくんに優しく出来るように なったという話をお母さんとお父さんの間でされているそうです。
 また実はとてもおしゃべりだというけいくんですが、それもそのはずです。お父さんと 朝のおしゃべりを、みっちり15分間しているとの事でした。
 森の子で初めてのお誕生会を迎えたけいくん、これから大きくなる中で、たくさんの電 車との出会いがとっても楽しみですね。
 けいくんおめでとう!!

焚き火パン、南瓜スープ作り

アドヴェントの準備
 例年、アドヴェントの準備は子どもたちが帰った後、保育者と朋子さんで準備していた のですが今年はまつぼっくりさんが準備することにしました。まずは全員で樅の木の枝を 取りにいきました。いつも木登りする樅の木ではなくて林の奥の方にある、下の方に枝が 茂っている樅の木さんからいただきました。まこと先生とさとこ先生とまつぼっくりさん だけで地下室へ行き、まずは樅の枝で渦巻きをつくりました。「人間渦巻きを作って」と 頼むとりくちゃんが「じゃあ、大きい順に並んで。」と仕切ってくれました。人間渦巻き の下に樅の枝を並べていきます。3ラウンドくらいやると渦巻きが丁度いい大きさになり ました。それから窓に布を張っていきます。だんだん暗くなる部屋の中で子どもたちのわ くわく感も盛り上がりきゃーきゃー大騒ぎです。暗がりって興奮しちゃうのかな。でもア ドヴェンントの当日はきっと静かにろうそくの火を灯すことでしょう。

こんなことしました

 12/ 3(木)曇後雨 アドヴェント

 12/ 6(日)晴 お父さんお母さんがたによる薪割り

 12/ 7(月)晴 レストランへ引越

 12/ 8(火)晴 筑前煮作り  大根の収穫

 12/ 9(水)曇 劇の計画をたてる(まつぼっくり)


アドヴェント
 12/3は毎年恒例のアドヴェントの行事を行いました。今年は午前中にちびっ子会の親子 がやって午後森の子の子どもたちがやりました。どんぐりさんや今年から森の子に入った 子どもたちにとっては初めてのことなので、本番で緊張しすぎてもいけないので、午前中 に練習をしました。りんごろうそくを持って真ん中のろうそくから火をもらうところを練 習してみました。子どもたちにしてみればけっこうどきどきです。練習をすることでちょ っと落ち着けるようです。
 午後は雲行きが怪しくなり、始まる頃には雨が降り出してきたので、シャロムの玄関か ら入らせてもらいました。まず、お母さんがたによる人形劇です。静かで厳かな雰囲気を 子どもたちも感じながら静かに人形劇を見ました。
 それからまつぼっくりさんからひとりずつりんごろうそくを持って渦巻きの道を通って、 真ん中のろうそくの灯火から火をもらいにいきます。そして樅の枝の渦巻きのところに置 いていくのです。少し緊張した子達も自分の番が終わるとホッとするのか隣の子と「どき どきしたね」「うん、そうだね」とひそひそ声で言い合っていました。みんながりんごろ うそくに灯を灯し終わると、きれいな光の渦が浮かび上がり、うっとりとその灯火を見つ めていました。ろうそくの灯の美しさと暖かさが心に残ったのではないかと思います。

薪割り
 12/6(日)お父さんお母さんがたの有志の方々が薪割りをして下さいました。まこと先 生はこの日は用事があってどうしても来られないということで金曜日に遅くまで一人で薪 割りをしていました。
 沢山の薪が出来上がり、元メロ小屋に並べました。子どもたちも薪運びでは一輪車を操 って活躍してくれました。これで薪に困ることなく焚き火ができそうです。お休みのとこ ろ精を出して下さったお父さんお母さんがた本当にありがとうございました。

レストランへお引っ越し
 12/7に子どもたちが森の子の荷物をレストランに運び込みました。朝、来た子達から順 々に椅子や濡らし絵の道具、調理道具を運びます。毎年のことですがありさんの行列のよ うにせっせせっせと運びます。小さいながらもみんな立派な働き手です。がんばりました。 子どもたちが荷物を運んでいる間にお母さんがたは椅子に布でカバ−をつけて下さいまし た。
 子どもたちは早く室内に入りたくてうずうずしているようでした。いつも外ばかりなの で室内がとても魅力的に感じるようです。
 朝の会のときにお母さんがたが用意して下さったおもちゃを紹介しました。今年は新し く、ぼうずにんぎょうとそのお布団、あやとりの紐、新しく染めた布が加わりました。ま つぼっくりさんでおもちゃを片付ける場所を決め多後、早速お母さんがたが作って下さっ たおもちゃで楽しく遊んでいます。あやとりが盛んで、得意な子は四段ばしごなど高度な ものにも挑戦しています。比較的簡単な指ぬきのマジックはたくさんの子たちに人気で、 次々と「指貸して!」と言って披露しにきてくれます。
 また、どういうわけか犬ごっこも人気でどんぐりの子達は盛んに手に紐を結んでもらっ て「犬のお散歩」に行きたがります。4頭立ての「犬」も通り抜けていったりします。存 分にはいはいできる空間というのも嬉しいのかもしれませんね。お手玉や紐がわんちゃん の「えさ」になったりするので、お手玉、紐がなんとなーくしめっているんですよね…。 これからの冬季、楽しく室内で過ごせそうですね。

大根の収穫
 12月も半ばに近づいたというのに暖かい日が続いています。それで畑の大根をついつい そのままにしておいたので8日の冷え込みで少し凍ってしまいました。そこであわてて8日 の午後にくるみさんとどんぐりさんで大根を冬越し用に埋ける作業をしました。まず大根 を引き抜き、葉を切り落とします。けっこうねずみに齧られたのもあります。傷がついて いるのは早めに食べることにして、無傷のものを埋けていきます。スコップでちょっと深 めの穴を掘り、そこに埋けるのです。ナッツ、へいちゃん、やまとくん、もえちゃんがが んばって掘ってくれました。冬の間はここから大根を掘って食べます。あんまり暖冬だと 腐っちゃいそうで心配ですが。

クリスマス会の劇の計画
 恒例のクリスマス会の劇ですが今年はまこと先生とまつぼっくりさんたちで計画を進め てくれています。子どもたちの色んな思いがいっぱいで、もめ事もあるようですがそれも 学習です。もちろん当日はくるみさんやどんぐりさんたちも登場するように計画を進めて います。楽しい劇になることと思います。お楽しみに!!

こんなことしました

 12/17(木)曇 ジェットコースターへお散歩

 12/18(金)曇後雪 劇の練習、リース飾り付け、雪遊び

 12/21(月)晴 そり遊び(ジェットコースター)

 12/21(火)晴 クリスマス会


待望の雪!!
年内は雪遊びは無理かと思っていたのですが、待望の雪が降りました。まだちょっぴり だけど子どもたちは大喜び!!
17日、雪雲が空を覆ったお天気の中、お散歩しながらYくんとそうちゃんが「いい天気だ ねー」「うん、そうだねー」と話していたよ、ときょうこ先生が言っていました。子ども たちには雪が降れば「いいお天気」なんですねー。
この日はかわさきさんも一緒にジェットコースターへお散歩に行きました。

雪シャワー
 かわさきさんが雪シャワーをしてくれました。木を揺すぶって枝についた雪を振り落と し、その雪をシャワーのように浴びるのです。フードをかぶっていないと首筋から雪が入 ってなかなか悲惨なんですが、めげずに子どもたち雪シャワーを浴びにきます。常緑の檜 などの細めの木が雪シャワーには適しています。雪がたっぷり枝についていますから。

クッキー??
 長靴で雪の上を歩いていると雪が長靴に引っ付いて来るんですね。長靴の底のパターン が模様になってかぱっと外れます。それを見てりこちゃんが「クッキーみたい」と言って …ぱくりと食べていたそうです。それを横で見ていたあやが一言「汚いじゃん」そこでり こちゃんは「そっかー」と言っていたそうです。(きょうこ先生談)

そり遊び
 17日は降ったと言ってもまだ少なく、「ジェットコースター」は地肌が見えています。 それでもなんとかして滑りたい子どもたち。唐松の落ち葉が溜まっているところはこれが けっこう滑るものだから、なんとかむりむり滑っていましたが。でもなんだかがらがらが らがらと音を響かせてのそり滑りでした。
 でも週末にはもっと雪が積もり、21日には今度こそ本当にそりができました。
 年長の男の子達は毎年のことながらものすごいスピードで上からおりてきます。小さい どんぐりさんたちはビビってしまいます。これも毎年の光景ですね。りこちゃんはやまち ゃんの面倒を見ながら一緒に滑り、やまちゃんは本当に嬉しそうでした。ののちゃんとあ やは二人乗りで滑り降りてきます。ナッツ、ケイくん、ユウキチ、チッチと一緒に連結そ りもしました。途中でケイくんを落としてきてしまったり、上から暴走そりが突進してき たりでユウキチは途中から固まってしまいました。無理もないことです。
 きみよ先生がみんながそり滑りするときののバランスの良さに驚いていました。
 帰りは恒例そり列車です。今年もばんえい馬のようにそりを引く季節がやってきました。 鍛えられます。

雪合戦
 18日、室内で遊んでいたら外は雪に変わってきました。「外で遊ぼうよー」「外にいき たい!」子どもたちは窓に張り付きます。そこで先にお帰りの会をしてスキーウエアを着 て外へ!雪合戦が盛んに行われました。まだ草のついた雪を一生懸命丸めて投げてきまし た。

クリスマス会

ウィンドウを閉じる