本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ年長、年中、年少クラスを意味します。


こんなことしました

 11/ 2(月)晴 畑仕事 りこちゃんお誕生会

 11/ 4(水)晴 畑の土手でお弁当 トイレ掃除(年長男の子)


りこちゃんお誕生日おめでとう!!
 11/2にりこちゃんのお誕生会をしました。りこちゃんのお父さんが、森の子でのお誕生 会はお兄ちゃんのゆうちゃんも含めて5回目ということでちょっといつもと趣向を変えて クイズ形式でりこちゃんのことをお話しして下さいました。まずはりこちゃんのいいとこ ろベスト3は…? こたえ 1.気が利くところ(うちでもお父さんが欲しいなと思ったとき におつまみを持ってきてくれたりするそうです) 2.野菜好き 3.やさしい だそうです。 「親ばかですけど」とお父さんは言っていましたが本当にりこちゃんのいいところそのも のだと思いました。次にりこちゃんが小さいときにしゃべっていた言葉、これはなんでし ょう?「こりこり」→れんこん「ねつ」→腋の下などなど。お父さんとお母さんの愛情た っぷりの楽しいお話でした。

玉葱の苗植え
 11/2久しぶりの畑です。きょうはいっしーせんせいに教えてもらいながら玉葱の苗植え です。一人5、6本の苗をいっしーせんせいからもらって10センチ間隔に植えて行きます。 4月から比べるとなかなかみんないい手つきになってきてびっくりするようなことをする 子もいません。
 玉葱と玉葱の間に今度はクローバーの種を蒔きます。赤いろうそくみたいなきれいな花 の咲くクローバーだそうです。クローバーと玉葱は相性がいいらしく、クローバーを蒔く ことによって虫除けになったり、肥料になったりするのだそうです。
 それから定植した玉葱の根元に小糠を撒きます。「小糠をなめると美味しいかな?」と 言う誰かの声に早速なめてみると「甘い!」確かにほんのり甘いのです。甘いと知るやみ んな撒くより先になめていました。確かに甘いんですけどそんなにばくばく口に入れたく なる程じゃあないと思うんですけどね。なんとかなめ尽くすのをやめさせて小糠を撒き、 さらにその上にくんたんも撒きました。来年の5月には美味しい玉葱ができることでしょう。

こんなことしました

 11/ 5(木)晴 親子遠足  長峰山

 11/ 7(土)晴 野外保育研究会

 11/ 9(月)晴 畑仕事(エンドウ豆の種まき) お散歩

 11/10(火)晴 年少保育参観  すいとん、混ぜご飯作り

 11/11(水)雨 雨遊び 12時半降園


 今年は紅葉が長く楽しめますね。秋の最後に紅葉する唐松が色づき始めました。コナラ の葉っぱも赤く色づいてきれいですねー。畑の方から林を見るとなかなかのものです。足 元の草たちの草もみじもとても鮮やかに赤く染まっています。枯れ草の中には沢山の種や 実が実って楽しいですね。

親子遠足
 朝のうちは霧に包まれてひんやりしていましたが、お昼にはすっかり晴れ、お天気に恵 まれた遠足になりました。先頭は毎年のことながら、まつぼっくりの男の子達。どうして も一番前に行きたいらしいのですが、朝の会できみよ先生に「先生より前に行かないこと」 と釘を刺されたので、はやる気持ちを一生懸命抑えているようでした。あつきは「がたー んごとーん」といいながら登っているので何かと思ったら登山電車なんだそうです。体力 有り余っているたいたいは登山道の横の斜面も駆け上ったり駆け下りたり。ナッツは先生 と手をつないで行きたがるんですが、まつぼっくりの男の子のペースにはちょっとついて 行けなくて息を切らしてしまいます。だいちゃんはお父さんと一緒に飄々とかなり速いペ ースでのぼっていきます。後の方ではどんぐりさんたちがゆっくりながらがんばって登っ ていました。道々、ガマズミやツリバナなどの赤い実やムラサキシキブの紫の実が揺れて いてホッとさせてくれます。ヤマブドウの実も陸歩くんたちが見つけていたようです。山 頂でお裾分けをいただきました。
 山頂では2日前に積もった雪も溶け、(3日に下見に来たときは我が家の息子が草だらけ のゆきだるまをつくりました。)ハンググライダーのおじさんが飛び立つ準備をしていて 子どもも大人も興味津々。子どもたちがお弁当を食べ終わる頃「じゃ、おじさんは、いっ てくるよ」と言って滑走用の台を駆け下りて、飛び立って行きました。みんな大歓声!大 空をまるでとんびのように旋回して、ずいぶん長い時間飛行を楽しんでいるようでした。
秋の1日、気持ちのよい親子遠足ができました。

野外保育研究会
 森の子に県内の野外保育を行っている園(喬木村のみっけさん、伊那のはらぺこさん、 梓川のひなたぼっこさん、明科のくじら雲さん、大町の風の森さん、軽井沢のぴっぴさん) の保育者保護者子ども総勢90人くらいが集まって研究会が行われました。いつものお散歩 コースを4コースに分かれてきて下さった園の方をご案内しました。お天気もよく「いい コースですね」と声をかけて下さる方もいました。お昼のぬかくどご飯、お味噌汁、お漬 け物はとっても美味しく、大好評でしたね。午後は分科会でしたが話は尽きず、時間がも っとあったら良かったという意見が出ていました。でもそれくらい充実していたというこ とですね。お母さんがたがしっかりと計画、準備をして下さり、本当にいい会になったと 思います。ありがとうございました!!

牛蒡畑からプレゼント
 11/9、畑でエンドウ豆の種まきをしてから、西の方の畑畦道をお散歩していると、畑で 機械を使っておじさんが牛蒡を収穫していました。捨てられていたごぼうの葉っぱを見て こんな葉っぱなんだねとか「へえーあんな風にして収穫するんだねー」と感心しながらわ いわいと見学していると牛蒡を掘っていたおじさんが傍らの牛蒡の束をかかえてこちらに やって来るのです。びっくりしているとその牛蒡を私たちに下さるというのです。土の香 りのする掘りたて牛蒡です。有難くちょうだいして少しずつ持ち帰り、残りは森の子でみ そ汁などに入れさせていただきました。本当にありがたいことですね。

木っ端のプレゼント
 森の子卒園児のはる菜ちゃんのお父さん(建具屋さんです)がきれいな木っ端を沢山下 さいました。またやはり森の子卒園児の牛越悠登君のお父さんからも壁に張る木材の余り をいただきました。早速トンカチの音が鳴り響き、工作が始まり、テーブルの上にはレー ルに見立てた板が張り巡らされその周りは木っ端で街の出来上がっていました。新幹線を 作ったり飛行機を作ったり沢山楽しめます。ありがとうございました!

年少さんの調理参観
 11/10は年少さんのお母さんがたによる初めての調理参観。メニューは混ぜご飯(ぬかく ど炊き)とすいとんです。としくんのところからでっかい大根が届けられました。どんぐ りさんたちがお母さんと一緒にお野菜を切ってくれます。一生懸命よく切ってくれました。 中にはまだどんぐりさんだからか、人数が沢山いるのでいいやと思っちゃったのか遊んで いる子もいましたが。
 とっても美味しくいただいて、しっかり平らげました!ありがとうございました!

雨ざあざあ
 11/11は久々の雨でした。しかもかなり大降りです。森の子の横の道は例によって川と 化し、子どもたちの絶好の遊び場となりました。「川」に飛び込む子も続出。従って次々 と全身びしょ濡れとなっていきます。体も冷えきってきたのでこの日はお弁当を食べてお 帰りとすることにしました。まつぼっくりさんたちがどんぐりさんたちのお着替えを沢山 手伝ってくれました。

こんなことしました

 11/12(木)晴 アフリカンダンス  サブニュマの方に来ていただきました。

 11/13(金)晴 濡らし絵 

 11/16(月)曇 芋煮会 イッシー先生、グッさん先生をお招きしました。

 11/17(火)雨 午前保育、だいちゃんお誕生会

 11/18(水)曇後小雨 雨牧運動公園から粘土山経由森の子へ


だいちゃんお誕生日おめでとう!!
 11/17にだいちゃんのお誕生会をしました。あいにくの雨でしたがお父さんもお母さんも 朝から森の子に来て下さいました。ブラックシアターで「だいちゃん誕生!」と「大きく なったねだいちゃん」の二本立てをお父さんお母さんが演じて下さいました。原作、美術 はお父さん、監督はお母さんです。ユーモアたっぷりのお話に子どもたちも大喜び、だい ちゃんもとても嬉しそうでした。だいちゃんはお母さんのおなかの居心地が良かったので なかなか出ようとはしなかったのですが、お医者さんが「これはおなかを切らないといけ ないかも」と言ったらびっくりしたのかあわてておなかから出てきたのだそうです。お父 さんお母さんの愛情たっぷりのお話でした。

アフリカンダンス
 11/12(木)に飯田のサブニュマというグループの方が来て下さり、楽しいアフリカの 踊りを教えて下さいました。お母さんがたも大勢参加して下さり、楽しくて楽しくて太鼓 を叩いて踊りまくった一日でした。最初に和平くんのお母さんが「アフリカの音」という 絵本を読んで下さりそれに合わせてサブニュマの方がジャンベと言うヤギの皮で作られた 太鼓を叩いて下さいました。 太鼓の音が響くと子どもたちは坐っていられなくなったの か次々踊り出します。その様子を見てサブニュマの竹内さんは「ここはアフリカか!?ア フリカの子達と同じようなキラキラした表情をしている!」と言って下さいました。
 日頃引っ込み思案の子もニコニコと踊り出す太鼓のリズムはまるで魔法のようでした。 だいちゃんは太鼓の音に真っ先に反応し、ふうちゃんはサブニュマの方の太鼓をじっと見 つめてそれから太鼓を叩いたり踊ったり。「魔法の帽子」が回ってきた子が踊る踊りをみ んなでやるというのもとっても楽しかったです。
 横でお母さんがたと一緒にお昼の準備をしていたのですが野菜を切る包丁もついついリ ズムに乗ってしまいます。お昼はお母さんがたが準備して下さったぬかくどご飯とお味噌 汁をいただきました。ご飯は何と4升炊いたんですが、踊りまくってみんなおなかがすいた のかしっかり平らげました。午後も太鼓を存分に叩かせてもらいました。ちびっ子会の方 もシャロムの方も混じって楽しんでいました。とっても楽しかったので、また来て欲しい ですね!!

イッシーせんせい、グッサンせんせいありがとうございました!!
 畑仕事で春からずいぶんお世話になったイッシーせんせいとグッサンせんせいをお招き してご飯を食べていただいたらどうでしょう?とお母さんがたから提案があり、11/16(月) にお二人をお招きしました。この日のメニューはご飯、芋煮、小松菜の炒め物です。小松 菜は朝子どもたちが畑から採ってきたものです。芋煮はお当番のやまとくん、りこちゃん、 そうちゃん、ちっち、Yくんです。ご飯はいつものように陸歩くんがしっかり火の番をし てくれました。薪が湿っていたので最初は火が大きくならなくてずいぶん苦労していまし たが。でも火を引くタイミングもしっかり分かっているようでばっちり美味しく炊けまし た。
 朝の会が終わった後子ども達は「イッシーせんせ〜い!!グッサンせんせ〜い!!」と 大声で呼び、何人かの子たちがシャロムまで迎えにいきました。イッシー先生たちは思っ たより小食(というか普通)だったのでちょっとびっくりしましたが(森の子の子達の方 がたくさん食べるかも…)食べ終わって「ええもん食ってるんですね」との感想をいただ きました。

小雨の中の遠出のお散歩
 11/18(水)朝は牧の運動公園に集合です。広い運動場を前にすると走りたくなる子が いっぱいです。寒い朝だったのですが走り回った子達は暑くてジャンパーを脱いでしまい ました。
 以前川崎さんがオオタカの巣があると教えてくれた林を通って「粘土山」に向かって歩 き出しました。オオタカの巣はありましたが、今は使われていないようでした。そこから 堤の横を通っていきます。この堤はかつては牧地区のスケートリンクだったときょうこ先 生が教えてくれました。粘土山は一昨年くらいまでは粘土を採らせていただいていたので すが、今は植樹をしたので、粘土のところは入らないで下さいと地主さんから言われてい るので見るだけです。本当はここでひなたぼっこをしながらお弁当にしようと思っていた のですが雨のため森の子に向かうことにしました。途中の川の横の薪置き場で雨宿りしな がらお弁当を食べました。寒くてお箸が上手く使えない程でしたが誰もぐずることなくて、 逞しい子達だなあと感心しました。

こんなことしました

 11/26(木)晴 夢ハウスから歩く

 11/27(金)晴 蜜蝋ろうそく作り

 11/30(月)晴 そうちゃんお誕生会



そうちゃんお誕生日おめでとう!!(byまこと先生)
 11/30、森の子でそうちゃんのお誕生会をしました。
 青いカーテンが開くと王子様のようなそうちゃんが登場し、ちょっとはずかしそうにお母さんの隣りに腰を下ろしました。そんな中、お母さんがお手製の絵本を読み始めると、辺りはシーンと静かに…。ご両親の愛情がひしひしと伝わってくる暖かい絵とお話しにそうちゃんをはじめ森の子一同聞き入り、見入ってしまいました。
 こうして心がぽかぽか温まると、お母さんが何やら一枚の紙をおもむろに取り出しました。実はこの紙、そうちゃんがこれまでしてきたとっておきのいたずらリストで、これには先生含め森の子一同大爆笑!そうちゃん思わず苦笑いでした。
 ぽかぽかニコニコのみんなに囲まれて「ハッピーバースデートゥーユー♪」のプレゼントを受け取ったら、苦笑いも笑顔に変わりました。
 そうちゃんのお誕生会は、やんちゃで楽しい一面が垣間見える楽しい門出になった事と思います。
 そうちゃんおめでとう!

ウィンドウを閉じる