本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ年長、年中、年少クラスを意味します。


こんなことしました

 10/1(木) vif集合夢ハウス解散

 10/2(金) 紙粘土

 10/5(月) 牧運動公園 お散歩

 10/6(火) 年中調理参観

 10/7(水) お店屋さんごっこ準備 散歩

 10/8(木) 台風のため休園


vif集合夢ハウス解散
 初めてでvif出発時間が難しかったナー。でもゆっくり遊べてよかったナー。イチイの実の ジャムを作って持ち帰ったあや・ののちゃん・りこちゃん大丈夫だった?イチイの実を初めて 思い切って食べておいしいと思ったけいくん。2つぶのイチイの実をしっかり持ってパパとマ マのおみやげにしていました。

お店屋さんごっこ準備
 ちびっ子会との交流会準備で紙粘土で色んなものを作りました。はじめての紙粘土は白くて きれいでとっても楽しんでできました。土粘土というかどろんこでおだんごを作ったりはいつ もやっているけど、真っ白できれいな粘土では女の子たちはやっぱりお花とかうさぎとかリボ ンとか、かわいくてきれいなものを作りたくなるようです。男の子たちはキノコが多かったか な?そのあとドングリで「やじろべえ」や、こま・人形などを作りました。キリでドングリに 穴を開けるのは危険なので注意してやらなくてはと、まず私がドングリに穴を開けたとたん手 がすべって自分の親指の付け根をブスッとさしてしまいました。血が出て「イターイ」と大げ さにさわぐと、みんな心配そうに寄ってきました。でも私のけがのおかげでその後キリを使う 子どもたちはとても慎重に扱い、誰もげがをしませんでした。「身を呈して教えたんだ」とさ とこ先生。実は不器用なだけです。

台風
 8日はいよいよ台風が直撃。ということで休園にしましたが、本当にありがたいことに大きな 被害もなく過ぎていきました。その明日台風という前日7日に、森の中にお散歩に出かけました。 空は薄暗く、なぜか森がシーンと静まりかえっています。「これが嵐の前の静けさっていうの かな」「台風は今どのへんかな?」というとかわさきさんが南西を指し、「音は聞こえるかな ?」というと、子どもたちは「アラシって何?」「こわい」と全身で何かを感じている様子。 「まるで台風の目の中に入ったように静かだね。」というと「エッ?目があるの?台風に目が あるの?見える?こっち見てるの?こわーい。」とののちゃん。そうかののちゃんにも怖いも のがあったんだね。よかった、よかった。

こんなことしました

 10/ 9(金) 濡らし絵

 10/13(火) お好み焼き作り

 10/14(水) 脱穀

 10/15(木) ちびっ子会との交流会

お好み焼き作り
 ニラともやしのお好み焼きはしょうゆをつけてかつおぶしと青のりのシンプルなものですが、 とても人気のあるものです。以前は約2.5㎏の小麦粉だったからとさとこ先生は2.8㎏用意して くださいました。約2.5㎏用意して焼き始めたのですがその食べる勢いがものすごいものだった ので、もう少し作ろうと思ったけれど、もうすっかりニラは終わってしまっていて「もやしだ け」になってしまいました。もやしだけでは味がイマイチだったらしく食欲が下火になってよ うやく保育者たちの食べる時となったころにはもう終わり…。でも、野菜が苦手な何人か(特 にだいちゃん・けいくん)も本当におかわりをして食べていました。みんなで食べるとおいし いね!

脱穀
 雨の心配も何人かの子どもたちがしてくれましたが全く心配なく、お母さん方、さらに当日 お休みだった堀金小の3人娘の力を借りて全て脱穀し、トウミにかけ、もみすりをするまでに できました。あれだけの量は無理だろうと思っていたのですが、稲刈りの時と同じようにみん なよく働く!まつぼっくりの子たちには本当に力強ささえ感じました。24日はこのもち米でお いしいおもちをつこうね。楽しみです。

お店屋さんごっこ
 はじめてのちびっ子会との交流会、一週間延期になったけれど、待ったかいがありました。 森の子は準備不足でしたが、夢ハウスから歩いてくる間に夢がひろがり、森の子に着いたとき には、「紙粘土屋さん」「どんぐりコーナー」「スタンプコーナー」「段ボールハウスコーナ ー」「レジ」と自然に分かれてお店屋さんがスタートしました。たいたいは「やじろべえ」を 最初から最後まで作るのは初めてでしたが、ちびっ子から注文が入り、一生懸命作りました。 周りにはりくちゃん・まおくんがいるけど、それぞれ自分の注文をこなすのに精一杯でたいた いに手は貸せません。ドキドキしながらでも「できない」なんて言えないから本当に真剣に取 り組み、頑張って作り上げました。それを手渡すときのたいたいのホッとした顔、ちびっ子の うれしそうな顔がとっても印象的でした。

こんなことしました

 10/16(金) インクベリー絵(はじき絵)

 10/19(月) 畑仕事 お散歩

 10/20(火) ちらし寿司作り

 10/21(水) vjf往復 お散歩

 10/22(木) 夢ハウス集合解散


インクベリー絵
 はじき絵をやる用意をしていて、急に絵の具を使わないでインクベリー(ヨウシュウヤマゴ ボウ)でぬってみたら?ということになり、急遽変えてみました。とてもきれいなインクベリ ーだけど画用紙に塗った時どうどらう?と心配はあったのですが、思った以上に鮮やかな赤紫 色のきれいな色がでました。ところどころに種らしきツブツブも残りますが、いつもは「イン クベリー酒」や「ワイン」になっているものが、こんなすてきな絵の具になるなんて!久々の クレヨンの絵も楽しんで描いていました。

秋晴れの空の下でお散歩
 このところずーとお天気が良く青空が高く澄んできました。月曜日は畑から土手でのお弁当。 水曜はvif穂高までの往復。朝晩はずいぶん寒くなってきたけれど日中は日があたると汗をかく くらいです。そんな気持ちの良いお天気の中お散歩できるのが「森の子」のすばらしいところ です。夏から秋へ、秋から冬への季節の移ろいを肌で感じながら、みのりの秋を堪能している 森の子です。

ちらし寿司作り
 給食当番のふうちゃん・あつき・かずちゃん・ふーがの5人がちらし寿司に入れるシイタケ・ かんぴょう・ニンジンを本当に細かく切ってくれました。その味付けはやっぱりさとこ先生。 しょうゆ・みりんでチャッチャと味付けしてしまいました。「あっそんなに入れて大丈夫?」 と私は思わず口から出てしまいましたが、できあがってみると「おいしい!」酢飯の酢もドボ ドボッと「あっそんなに入れて…」でも出来上がってみると「おいしい!」さとこ先生の絶妙な 味付けのちらし寿司は約20カップ分のお米ほぼ完食。さらにおみそ汁も畑から収穫した小松菜 たっぷりのおいしいものでした。

こんなことしました

 10/23(金)晴 りっちゃんお誕生会

 10/24(土)晴 親子レク、収穫祭

 10/27(火)曇後晴 やまとくんお誕生会、お赤飯とみそ汁作り

 10/28(水)晴 新米パーティー


りっちゃんお誕生日おめでとう!
 10/23にりっちゃんのお誕生会をしました。花かご用にもみじや木の実を採りに行き、お姉ち ゃんのののちゃんがきれいに籠にさしていってくれました。お誕生会では4姉妹が勢揃いし、お 母さんがりっちゃんが生まれたときのお話をして下さいました。お母さんのおなかから出るとき 苦労をしたので生まれてすぐは頭の形がちょっと変だったのですが、退院する頃には直ったそう です。それからすくすくと大きくなり、まんまるなお顔になったのでおとうさんが「まんまる ちゃん」と呼んでかわいがっていたそうです。
 それからお母さんが、りっちゃんの大好きな「おたんじょうび」という絵本を優しい声でよん でくださいました。

やまとくんお誕生日おめでとう!
 10/27にやまとくんのお誕生会をしました。お父さんが朝から森の子にいて火の番をずっと して下さいました。
 お誕生会の頃にはお母さんも駆けつけて下さり、やまとくんの生まれたときのお話をして下 さいました。おとうさんが写真をみんなに見せて下さいました。お母さんがお姉ちゃんのもも こちゃんがやまとくんに宛てたお手紙を読んで下さいました。3年生とは思えないようなしっか りした文章とやまとくんへの愛情がいっぱいのお手紙で、きみよ先生はうるうるしていました。 自然をいっぱい楽しんで、親のいうことを良く聞いて、先生たちにありがとうと言って…等々 お母さんのようなアドバイスがいっぱいでした。その後お父さんとお母さんが息のあった素敵 な紙芝居をしてくださいました。

親子レク&収穫祭
 今年は親子レクと収穫祭を同じ日にやることになりました。子どもたちはかけっこや障害物 競走をやりたくてずいぶん前から「ことしもやるの?」と聞いたりしていました。金曜日に少 し練習らしきこともしました。鉄棒は日頃あまりなじみのない子達にとっては少し恐くて難し いようでしたが、みんなの応援ときょうこ先生の援助で挑戦していきました。
 当日はお天気にも恵まれ、最初のかけっこもみんな、やる気まんまん!一回では気が済まな いまつぼっくりの男の子たちは、「もう一回走る!」と主張していました。小学生たちはさす が迫力ありました。つなひきは二つのチームに分かれて力一杯引き合います。何しろ初めての 綱引きの子もいて綱の持ちかたもよく解らない様子。それでも大きい子達を見ながらがんばっ てひいていました。
 障害物競走はいつものグループで走ります。三人で助け合って走るのですが時々大きい子達 は自分だけでいっぱいになって小さい子達を忘れてしまうこともありました。でもきょうこ先 生に声をかけられて三人応援し合いながら林の中を、長靴とばし→一本橋わたり→鉄棒→でん ぐりがえし→ゴール!のコースをこなしていきました。
最後は森の子一周レースです。どの子もとってもいい顔で走り抜けていきました。森の子の子 達が走った後は、小学生、おかあさん、おとうさんも走ります。 お父さんたちはすごい迫力で応援する方も力が入りましたね。
 親子レクの後は収穫祭です。森の子のみんなで田植えをし、おかあさんがたが一生懸命草取 りをして下さり、みんなで稲刈り、脱穀をしたもち米をついていただきました。春に森の子で 仕込んだお味噌もみそ汁にしていただきました。あのときは子どもたちのつまみ食いで黒大豆 が大幅に目減りをしたのでどうなることかと思いましたが、ばっちりとっても美味しいお味噌 になりました!秋の一日体を思いっきり動かして、おなかいっぱい食べて、楽しく過ごせたこ とと思います。みなさんありがとうございました!また、さよならの後もまきわりを沢山して 下さったお父さんお母さんがた本当にありがとうございました!

新米パーティー
 実りの秋です。28日にはきょうこ先生のお宅で今度はうるち米の新米パーティーです。まず はきょうこ先生のご主人の畑で里芋、サツマイモを掘らせてもらいました。子どもたちの顔く らいのとっても大きいお芋をせっせせっせと掘り満足げに抱えている顔はとっても素敵でした。 それからヤギを見に行き、かしぐるみを拾い、おなかがすいたところできょうこ先生のご主人 が薪で炊いてくれたご飯をいただきました。とーーってもおいしかったですね!何もつけなく たって、ご飯だけでぱくぱく食べられちゃいます。炊飯器でも炊いてくれましたがやっぱり薪 で炊いたご飯にはかないません。新米ってどうしてこんなに美味しいのでしょうねー。きょう こ先生、先生のご主人様ありがとうございました。

こんなことしました

 10/29(木)晴 夢ハウス往復散歩

 10/30(金)晴 満願寺七五三参り


紅葉真っ盛りです!!
 森の中は今紅葉がとてもきれいです。Yくんがうりはだかえでの黄色い葉っぱが沢山道に積も っているのを見つけて、歓声を上げていました。午後の少し西に傾いた日差しにすかして光る 紅葉はまた格別です!地面に近いところではウルシやヌルデの赤がとても鮮やかです。かぶれ るかもしれないので手に取れないのが残念ですが。
 そろそろ紅葉の最後を飾る唐松も黄色に色づき始めましたね。落ち葉も日増しに増えて子ど もたちも熊手で集めたりするのに余念がありません。まつぼっくりさんたちが熊手を使うのに 飽きてその辺にほったらかしていたら、めざとくどんぐりさんたちがそれを見つけて、落ち葉 集めを始めていました。

七五三参り
 10/29は恒例の満願寺への七五三参りです。お天気にも恵まれ、寒くもなく、秋の1日楽しく 満願寺まで行ってこられました。どんぐりさんにとっては往復5キロの道のりは初めての長い コースです。でもこのところしっかりと体力をつけてきたどんぐりさんは、へこたれることも 全くなく元気に行ってきました。それでも朝の会できょうこ先生が言っていた通り「ねえ、満 願寺まだあ?」「まだまだ」「ねえまだあ?」「まだまだ」を何度も繰り返していました。途 中、水道タンクの近くの田んぼの縁で休憩。ラムネを2粒食べて元気をつけました。
 満願寺の石段ではふうちゃんがトップを切って駆け上って行ったもののさすがに途中でいき を切らしていました。その後をきいくんが飄々と登って来ていました。
 鐘つき堂で鐘をつき、本堂の前で手を合わせてお参りしました。「七五三って何?」と子ど もたちに聞くとみんな「???」と言った表情で「お参りってこと?」と言ったりしていまし た。意外にみんな知らなかったので「子どもが3歳5歳7歳になったことをお祝いする日」という お話を簡単にしました。
 本堂近くのわき水でのどを潤しました。「この水甘いよ」と子どもたち。確かにとってもま ろやかな美味しい水でした。
 真っ赤に色づいたもみじの木の下でお弁当です。お弁当を食べ終わった子達から、千歳飴を 配ります。今年も松本の新橋飴の千歳飴です。砂糖は使っていなくて麹と麦芽のつくり出す優 しい甘さの飴です。去年ガリガリ千歳飴を噛んでお代わり!と言ったあや、今年はさすがにお 姉さんになり、ゆっくりじっくりなめて楽しんでいました。

ウィンドウを閉じる