本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ年長、年中、年少クラスを意味します。


こんなことしました

 5/ 1(金)晴 お散歩

 5/ 7(木)晴

 5/ 8(金)曇 濡らし絵

 5/11(月)晴 畑仕事 粘土団子作り

 5/12(火)晴 カレーライス作り 東築摩郡保育会ほり視察


もえちゃんが再び森の子の仲間に!
 5月12日(火)もえちゃんが約1年3ヶ月ぶりに森の子にもどってきてくれました!小さい どんぐりさんだったもえちゃんは、すらりと背が伸び、しっかり者のまつぼっくりのお姉 さんになっていました。子どもたちは1年ちょっとの空白なんて何もなかったようにすぐに 仲間になって遊び始めました。まつぼっくりの女の子が3人になり、益々楽しそうですし、 頼もしくもあります。

粘土団子作り
 5月11日(月)今日の畑仕事は「粘土団子」つくりです。『粘土団子』というのは愛媛県 で長年自然農法に取り組んでいらした福岡正信さんという方(昨年90何歳かで亡くなられ たそうです)が始めたもので、粘土の中に何種類かの野菜を入れて団子にしたものを畑な どにまいて育てるという方法です。(もともとは砂漠緑化のたもね方法だったと聞いたよ うな気がしますが、記憶はかなり曖昧です。すみません)
 泥団子作りなら子どもたちもプロ並み(?)です。ぐっさん先生、いっしー先生に教わ りながらくるくると手のひらを回して作っていきます。どんぐりさんたちはちょっぴり難 しいようでした。すぐに飽きてしまった子達は畦道にタンポポを探したりしていました。
 出来上がった粘土団子は一部は森の子の畑に蒔き、一部はシャロムの畑に蒔き、残りは お家に持って帰りました。お庭にまいてみてください。上手く芽が出て育つといいですね。


今年度初めての野外調理 カレー作り
 今年度初めて、ということでまずはまつぼっくりさんたちに給食当番をやってもらいま した。この日は東筑摩郡保育会(山形保育園や波田のみつば保育園などの園長先生方)の 先生方が見学に来られていたせいもあり、まつぼっくりさんたち大いに舞い上がっていま した。ジャガイモを洗いながらはしゃぎ回ってびしょ濡れです。それでもさすがまつぼっ くりさん、そのあとはてきぱきと野菜を切り、お米を研いでくれました。今回は薪でご飯 を炊きました。(ぬかくど用の籾殻を持って来るのを忘れたため)今年度もよく食べる森 の子の子達です。

森の子の生き物だより
 あっという間に新緑に包まれました。木の葉の大きさが見違える程大きくなりました。
 イカルの美しい声が森に響いています。
 ウスバシロチョウがとび始めました。この時期にしか飛ばない蝶で、初夏の風物詩です。 今年もこの蝶に会えて二子石先生と喜んでいます。ふわりふわりととび胴体がぶっといせ いか、すぐに子どもたちに捕まってしまいます。白いチョウチョですがアゲハチョウの仲 間なんだそうです。
 ハルゼミが鳴き始めました。これも初夏の風物詩。晴れて少し暑いかなと思うと松林の 上の方からハルゼミの合唱が聞こえてきました。子どもたちは早速抜け殻を見つけてきま した。若葉や田植えをしたばかりの田んぼの風景によくマッチするハルゼミの声です。 「むぜいむぜい…」と鳴いているように聞こえるでしょうか?
 ガマズミの白い花が 咲きました。臭いはいまいち(ちょっと栗の花の臭いに似ている)。くるみやコナラ、櫟 の長いしっぽのような雄花も咲き始めました。コナラの雄花が風に舞って沢山降って来る こともあります。

こんなことしました

 5/14(金)晴 親子遠足

 5/18(月)晴 畑仕事 草マルチ、トマトの苗植、落花生の種まき

 5/19(火)晴 みそ汁、ご飯、野草天ぷら作り

 5/20(水)晴 年齢別保育


親子遠足in洞
 とてもいい天気に恵まれ、かといって暑くもなく最高のコンディションでした。年少さ んにはちょっぴり長いコースでしたが本当によく頑張って歩きました。さすがに最後の方 ではおんぶをせがんだり泣いたりということもありましたが、でも最後まで歩き通せて素 晴らしかったです。けがでしばらくお休みのりこちゃんも飛び入りで参加してくれ、嬉し かったですね!下見に来たときとは林の様子がかなり変わってすっかり新緑に覆われてい ました。

今週の畑
 先週粘土団子を蒔いたところに草マルチをしました。刈った草をふわりとかぶせると種 を感想や直射日光、強い雨から守られるし、また雑草を押さえる効果もあります。それか らトマトも植えました。ミニトマト、中玉トマト、大玉トマトの苗をいっしーせんせいの ご指導のもと植えていきました。ポットから苗を手に取るというところから教えてもらい ました。これも小さい子にはなかなか難しいようでした。トマトの苗ポットには葱も一緒 に植わっていました。トマトを定植してからその横に落花生の種を蒔きました。トマトと 葱と落花生は仲良しなんだそうです。トマトを好む線虫などの虫が葱を嫌うのだそうです。 なるほど…、お勉強になります!5/21にはトマトの植えどこに林の中から採って来た落ち 葉を被せてマルチをしました。

野草天ぷら作り
 5/19(火)みそ汁、ご飯、野草天ぷら作りをしました。今日の給食当番はくるみさんで す。ご飯とみそ汁の準備をしたあと全員で畑の方に野草を採りにいきました。今日天ぷら にしたのは、たんぽぽ(花も葉も)、ヒメジョオン(柔らかそうなところ)、カラスノエ ンドウ(花も葉も)、桑の葉、すいこ、よもぎ。森の子初挑戦の天ぷらでしたが、大人気 で次々お代わりに来ていました。

年齢別保育
 5/20、年長はジェットコースターの方へ探検に行きました。なぜか山道は人気がなく、 早く帰ろう、おなかすいたと新緑を愛でることもなく進んで行きましたが、谷におりて小 さな沢に出ると「水晶があるかも!」と黙々と石探しです。花崗岩がくだけたような石を 見つけて喜んでいました。石は子ども達のアイドルのようです。一緒についてきてくださ ったまおくんのお父さんありがとうございました。

森の子の生き物だより
 ウスバシロチョウの食草のムラサキケマンの種がはじけるようになりました。りくちゃ んが教えてくれました。はじけたあとに種の入っていたさやがくるんとなります。
 チゴユリが咲きました。林の木陰で咲いている姿はなかなか楚々として美しいものです。
 ホトトギスの声が聞こえました。キビタキの声も響きます。かわさきさんがツツドリの 姿も見つけました。イカルの団体さんも見つけて、スコープで見せてくださいました。
 ウスバシロチョウが沢山とんでいます。子どもたちも網を持って次々捕まえています。 幻想的な青色の美しいアゲハチョウがとんでいます。たぶんミヤマカラスアゲハだと思い ます。
 オトシブミが林の中に落ちています。まだ少なそうです。

こんなことしました

 5/21(木)晴 林の落ち葉を畑にまく

 5/22(金)曇・強風

 5/25(月)晴 田植え

 5/26(火)晴 焼きそば作り

 5/27(水)曇後時々雷 年齢別保育


落ち葉撒き
 シャロムのけんじさんやぐっさんせんせい、いっしーせんせいが林の中の落ち葉を集め て畑にまくといいよ、と言っていたので5/21に早速やってみることにしました。落ち葉を 巻くと先週やった草マルチと同じような効果もあるのだと思います。子どもたちみんなで、 コンバインの袋にあっという間にいっぱいの落ち葉を文字通りかき集めてくれました。畑 に行ってこの間粘土団子を撒いたところにフワフワと撒いていきました。畑の土が喜んで くれたみたいで意気揚々引きあげてきたのですが、無情にも翌日は凄い強風!ふわふわの 落ち葉はほとんど吹き飛ばされてしまったようです。残念!また懲りずに撒きにいきまし ょう。

田植え
 5/25は田植えです。今年もきょうこせんせいのお宅の田んぼをお借りして田植えをする ことが出来ました。今年ももち米とうるち米の苗を半分ずつくらい、いつものようにとっ てもランダムに植えていきました。水が深くて小さい苗が沈んでしまうこともありなかな か難しいです。それでもまつぼっくりさんたちは手に持った苗がすぐなくなってしまうく らいの勢いでどんどん植えていってくれました。(あんまり慌てすぎたせいか所々、がぼ っと10本以上の苗がまとめて植えてあるところもありましたが)どんぐりさんたちは初め ての田植えでおそるおそる田んぼの水の中に苗を入れていきます。根元を持って田んぼに そっといれるというのは毎年のことながら難しいようで葉っぱのさきっぽを持って悩んで しまうこともありました。
 どろんこの田んぼに入るのはまだちょっと抵抗がある子達はおそるおそる畦道から手を 伸ばして田んぼに苗を入れていっていました。時々泥水の中から蛙が顔を出し、たちまち めざとい男の子達の手によって捕まえられていました。蛙を追いかけるのに夢中で苗を踏 んでしまうことも。
 お手伝いのお父さんお母さんがたがだいぶん植え直してくださいました。このあと2、3 回草取りをします。今年は草に負けないで沢山お米がとれるといいですね。この日は堀金 小学校がお休みだったためへいちゃんのお姉ちゃん(3年生)ちっちのお姉ちゃん(2年生)、 としくんのお姉ちゃん(1年生)も参加してくれ、力強い助っ人となりました。堀金小では 学校の田んぼは5年生が田植えや稲刈りをするのだそうです。
 田植えのあとは恒例ハウスのシャワーとふね&ドラム缶の温泉(きょうこ先生のご主人が 温泉スタンドで温泉を汲んできてくださいました。)で泥を落としました。温泉のお湯は たちまち茶色になっていきましたがどろつきじゃがいもたちは気持ち良さそうでした。

どんぐりさんだけでvifへ!
 5/27年齢別保育で、まつぼっくり・くるみはツツジ咲く満願寺へ、どんぐりさんはvif まで片道ですが初めての遠出のお散歩に行きました。どんぐりチームにはちっちのお母さ ん先生がついてくれました。かいちゃんが残念ながらお休みだったので総勢6人。いつも とは全然違ったちんまりした雰囲気です。はるあちゃんは先生より先に行っちゃいけない と言うとわざとたたっと走っていってしまったり、かと思うと小さな虫や変わった枯れ葉 なんかを見つけて「これなに?」と聞いてきたり。
 途中でやまちゃんがおなかがすいてきてパワー切れになってくるとりのちゃんがやまち ゃんのリュックを持ってあげていました。でも途中のちょっとした坂道で、だだだっと駆 け下りては先生にぶつかってきて…というのを始めるとやまちゃんのパワーも回復して、 にこにこと飽きもせずに何度も何度も繰り返していました。
 青葉の中ハルゼミの大合唱のシャワー、時折キビタキなどのきれいな声につつまれて思 ったより早くvifに到着。欅の木の下でゆっくりとお弁当を食べたあとはとしくんがどこか からちょっと太めの枝を探してきて電車ごっこをしようと言います。お客さんが出たり入っ たりしながらお墓の方まで電車は進んでいきました。その後ユウキチオススメの『秘密の 公園』に電車ごっこをしながら行くとブランコと滑り台だけというシンプルな公園にみんな 夢中になって遊んでいました。いくこさんによるとこの頃はブランコや滑り台がある公園は 少ないのだとか。そういえばそうかも。だいちゃんは大きめの枝を見つけてきて公園の中を せっせとお掃除に励んでいました。

こんなことしました

 5/28(木)曇 羊毛作業&羊毛あそび(羊毛洗い、ごみ取り、羊毛ボール作り

 5/29(金)晴 濡らし絵


もえちゃんお誕生日おめでとう!
 5月29日にもえちゃんのお誕生会をしました。お引越しの荷物にまぎれて写真が出てこ ないと言っていたお母さんですが、得意の漫画で素敵な紙芝居とお話しでもえちゃんの生 まれたときのお話しをしてくださいました。なかなかおなかから出てこなくてお母さんは くたくた。でも早く赤ちゃんに会いたい!と最後の力を振り絞り、さらにお医者さんがお なかのうえにのっかって押してくれ(お母さんは「うそ〜!?」とびっくりしていたそう ですが)やっと元気なもえちゃんが誕生したそうです。

羊毛作業&羊毛遊び
 松本の農業小学校のうじおかさんとさとみさんに来ていただいて羊毛作業などをしまし た。お母さんがたにも何人か参加していただきました。朝の会では丁度ののちゃんが『ペ レのあたらしいふく』という絵本を持って来てくれていたので、まこと先生に読んでもら いました。「毛を梳く」「毛糸を紡ぐ」という絵本の中の世界でしか知らなかったことを 今日はうじおかさんたちに教えてもらって実際にやってみることになりました。
 今日使った羊毛は4月29日に農業小学校のサフォークの毛を刈ったものです。この毛 には分や藁や汗やおしっこがついているのであらわなければいけません。
 羊毛をつけ置き洗いしている間、以前にうじおかさんが洗ってくれた羊毛のゴミを取り 除いたり梳いてみたりしました。あんまりきれいでなかった羊毛が見違えるようにホワホ ワになりこれを使って羊毛ボールも作りました。子どもたちもちょっぴり体験。ころころ 手のひらで転がしては石鹸水につけまたころころ…。さすが、日頃泥団子作りでころころ をやっている子達はなかなかいい手つきで、うじおかさんたちもびっくりしていました。 ふうちゃんは羊毛がすっかり気に入った様子で、「お家に持って帰って枕を作ってもらう んだ」と言っていました。
 きょうこ先生が子どもの頃はうちにひつじが4頭ぐらいいてお母さんがその毛を刈って、 梳いて、紡いで、編んで先生たち娘3人のセーターを作ってくれたそうです。本当に「ペ レのあたらしいふく」の世界だったのだそうです。きょうこ先生のお布団もその羊たちの 毛の羊毛布団なのだそうです。とっても素敵な世界だなあとおもいました。梳いた羊毛を 紡ぐのはお母さんがたも挑戦。上手く出来たでしょうか?羊の毛はなんだか触っているだ けでいい気持ちになりますよね。

ウィンドウを閉じる