本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ年長、年中、年少クラスを意味します。



12月1日(月)晴れ
 ひさびさのぴかぴかのいいお天気だったのでvifまで遠出をしました。お天気はいいの ですが、林の中は寒い!vifでは鬼ごっこをしました。帰りは行きと違う道を通ったのです が、面白いものを見つけては遊ぶ子が多くてなかなか前に進みませんでした。 (楽しいんだけどね) 



12月2日(火)晴れ
 今日から正式にりえ先生が火曜日から金曜日の間、お仕事として保育に入ってくださる ことになりました。月曜日は今まで通りえみこ先生が入ってくださいます。
 畑から大根を引いてきておでんを作りました。今年の大根はなかなかいい出来で太くて 立派なのが結構ありました。おでんの具は大根、厚揚げ、昆布、ちくわぶです。大量の大 根を煮たので、明日また味のしっかりしみ込んだのが食べられるよねときょうこ先生と話 していたのですがとんでもなかった!子どもたち大根を食べる食べる!ちくわぶもなかな かの人気でした。たちまち具は食べ尽くされていき、きょうこ先生が「もうないよ」と言 うと「汁飲みたい!」といってお弁当箱を抱えて鍋の前に並んでいました。



12月3日(水)晴れ
 畑に大根を取りに行きました。ぽかぽかの日差しの中つぎつぎと大根を引き抜いていき ます。畦道ではならんでどろだんごつくりが始まっていました。大根はまともなのが全部 で20本くらい。長いのやら三本足のやら短いのやら色々です。りくちゃんはまことせんせ いとなが〜い大根をきれいに引き抜いてご満悦の様子でした。掘った大根は冬越しさせる ために畑に深めの穴を掘っていけました。(真ん中で折れてしまったのや、ねずみが齧っ たらしいのは森の子に持っていって洗いました。来週の調理に使おうと思います。)ちょ うど予防接種で遅れてきた子達が森の子に到着したのでスコップを持っていってもらって 頑張って掘ってもらいました。穴掘りは結構人気でスコップの取り合いをしながらでした。 特にまおくんは穴掘りに夢中で、貸して!と言われても頑として聞き入れずひたすら掘り 続けていました。これで冬の大根が確保できた…というわけにもいかないでしょうね。 きのうの大根の凄まじい食べっぷりを見たらあと2回くらいでなくなってしまうと思われ ます。
 午後になって卒園児のゆうとくんのお母さんがアドベント用のりんごを持ってきてくだ さいました。お代はいいですと言ってくださいました。その代わりと言っては何ですが蜜 ろうそくを作らせてくださいと言われたので、どうぞどうぞといって作ってもらいました。 子どもたちも懐かしがってゆうとくんのお母さんの周りに集まってきて蜜蝋そくつくりを 手伝っていました。



こんなことしました

 12/ 4(木)晴 アドベント

 12/ 8(月)曇 レストランへ引越

 12/ 9(火)晴後曇 みそ汁作り
お当番 にじグループ ちーちゃん・あおい・あや、とらグループえんちゃん・たいたい・あおちん
材料   大根(先週掘ってきたけど折れていたり食われていたりしたもの)あげ、葱、煮干し、米15合

 12/10(水)晴 劇の打ち合わせ




 いよいよ室内に入りましたが、結構暖かい日が続いて外でも沢山遊んでいます。レスト ランの中より外の方が暖かいときもあります。今週の火曜日から、夢ハウスから森の子ま で毎日歩いています。体がほこほこ温まるしなかなかいい感じです。これから毎日夢ハウ スから歩くよ、と話したときは「え〜っ」と不服そうな声が一斉に上がっていたのですが、 歩いてみると楽しそうです。夢ハウスを出てすぐの所では豆柿があって、黒っぽくてちょ っと皺のよった実はすっかり渋みが抜けて美味しいのです。小さい実のついた枝を先生た ちに取ってもらって食べながら歩いていきます。時折渋の抜けていないのがあってそうい うのは先生たちにくれます。(いらないんですけど)透き通ったり真っ白だったりする小 さな石を見つけるのも楽しみです。道の中に埋まった小石を取ってとせがまれるのですが、 なかなか難しい。石ころっていつの時代もこどもたちの宝物なんですね。
 余談ですが先日、「わいわいランド」という小学生の放課後の活動のボランティアに行 った時、やんちゃでいつも大人を困らせている1年生の男の子がクリスマスツリーの形の石 を見つけて悦に入っていたのですがそれを友達に隠されて大泣きしていたのです。やんちゃ 坊主の小学生にとってもまだまだ石は宝物なんだなあと思いました。
 森の子の近くではこのところ毎日白い猫が林の中でひなたぼっこをしていてこどもたち の人気です。「ねこちゃーん」と言ってこどもたちが近づいていくと逃げてしまうのです が次の日にはまた来ています。
 こんな風に初冬の林のお散歩コースを楽しみながら毎日歩いています。こどもたちの様 子を見ながらですが、今のところいい感じなのでこのまま続けていこうかなと考えていま す。私たちが4人で夢ハウスまで降りていくときにはヒガラやシジュウカラ、コガラなどの カラ類をよく見かけますがこどもたちと一緒のときはあまり気がつきません。




アドベント
 12月4日は森の子でのアドベントの日でした。この日ばかりはいつも賑やかな森の子の こどもたちも静かで厳粛なひとときを過ごします。静かに過ごすためにはその前に少し体 を動かしてエネルギーを発散させておいた方がいいということでマラソンをしたり林の中 でゲームをしたりして過ごしました。朝の会のときにきょうこ先生がろうそくでともす光 のことをお話ししてくださいました。キリスト教でいう光というのは遠くまで照らすサー チライトのような光ではなく、足元を照らす小さな光なのだそうです。
 さて、ちびっ子会のアドベントが終わってから、森の子のこどもたちも会場に入ってい きます。お母さんがたによるイエス様の生誕劇を見たあと、一人ずつりんごろうそくに灯 をともします。暗闇の中にろうそくの光の渦が出来ていきました。みんなの心の中にもろ うそくのような小さな光がともっていったことと思います。



引越
 8日はレストランにお引越をする日です。かわさきさんやりえ先生もお手伝いに来てくだ さいました。今年は男手が沢山あって本当に助かっています。いつものように蟻の行列の ようにこどもたちが調理道具や濡らし絵の道具、お着替え、椅子などをせっせと運んでくれ ます。力持ちの子は大きな重い荷物を、小さい子は小さくて軽い荷物をそれぞれ運びます。 幼児と言えどもしっかりと仕事をしてくれ、みんなでやれば大きな力になります。瞬く間 に運び終え引越が大体終わりました。久しぶりまたは初めての室内でこどもたちはわくわ くしています。床の上にごろんごろんと転がれるのも嬉しいようです。



室内遊び
 外では出来なかったり難しかったりする遊びがこの時期は室内で出来ます。ぞんぶんに 折り紙で色々な動物を作ったり、毛糸で編み物をしたり、こまや剣玉にも挑戦してみる子 もいます。布を使ってお家を作ったり、去年のまつぼっくりさんたちのを思い出してか、 布を広げて人形を持って来て人形劇をやろうとしたり、目一杯本を読んでもらったり、楽 しんでいます。



こんなことしました

 12/11(木)晴 鈴作り、劇の練習

 12/12(金)晴 劇の練習

 12/15(月)晴 さいちゃんお誕生会
クリスマスプレゼント作り

 12/16(火)晴 冬至南瓜作り、クリスマスプレゼント作り続き、劇の練習
お当番 ひかりグループ はるか・アッピー・ちっち、コスモスグループ 大空くん・かずちゃん・きいくん
材料  南瓜、小豆、小麦粉、砂糖、塩、米10合

 12/17(水)曇 大道具作り、お母さんたちのしめ縄作り見学、劇の練習

 12/18(木)晴 劇の最終練習、プレゼントラッピング




クリスマス会に向けて頑張っています!
 「あと10寝たらクリスマス会でしょう?」「ううん、あと2つ寝たらだよ。」「え〜! そうなんだ〜!やった〜!」こどもたちもクリスマス会を楽しみにしています。クリスマ ス会に向けて、準備も着々と進んでいます。メインは何と言っても劇の練習。それからプ レゼント作り、鈴作り、歌の練習。プレクリスマス会をいっぱい楽しんでいます。



劇の練習
 クリスマス会に向けて劇の練習が始まりました。今年は「ブレーメンの音楽隊」です。 まつぼっくりさんだけで集まって配役を決めました。みんなわくわくしながらやっていま す。おたのしみに!
 こどもたちは劇をするのが本当に大好きです。そういうわけで劇の練習もみんな大張り きりで、「今日もブレーメンやろう!」と朝から言ってきます。きょうこ先生の指導を受 けながら、セリフの声もだんだん大きく、しっかりして来ているし、感じもずいぶん出て 来ています。長いセリフを覚えて喋るのが難しいときは後ろでプロンプターのまこと先生 が教えてくれるので緊張感も少し和らぎます。きのうから「耳」も着け、泥棒の家も置い て本番 さながらにやっています。
 さてさて明日はいよいよ本番!こどもたち緊張すると思いますがきっと頑張ってやって くれると思います。楽しみです!



鈴作り
 はるか・あおちんのお母さんが松本まで行って鈴を買って来てくださいました。それを りくちゃんのお母さんが作ってくださった蔓のリースに付けてこどもたちが手に持ってな らす鈴を作りました。鈴の穴に紐を通すのは至難のワザでしたが藍海ちゃんは器用にどん どん通していってくれました。だんだんに他のまつぼっくりさんたちも通せるようになり ひとつまたひとつと完成していきました。みんなでならすとなかなか賑やかです。



クリスマスプレゼント作り
 蜜ろうそくをまこと先生がスライスしてくれた木の台に釘で固定し(これが結構大変で したが)台の上に飾り付けをしました。夢ハウスから歩いて来る道々採って来た蔓やバラ の実、まつぼっくり、スイカズラの実や樅の葉っぱなどをボンドで付けます。以前沢山買 ってもらったボンドは古くなって固まっていたりモロモロになっていたりして苦労しまし た。(教訓:いっぺんに沢山買ってはいけない)それでもこどもたち、思い思いの飾り付 けをして素敵なプレゼントが出来上がりました。赤や黒や紫の実をきれいにちりばめてお 星様のような飾りもありました。



大道具作り
 ブレーメンの音楽隊で使う大道具は泥棒の隠れ家です。泥棒役の子達で段ボールに絵の 具で窓を描いたり壁を塗ったりしました。そのうちはるかやまとくん、さいちゃん、ナッ ツたちも手伝ってくれました。最初は凄い塗りかたで、窓枠の黒がにじみまくったり窓と 壁が同じ色になったり窓枠を塗りつぶしたりするし、お花を描こう!とか泥棒の影を描こ う!とか色々言っていてそんなに描き込んだらぐちゃぐちゃになっちゃうんじゃないかと 内心思いながらでどうなることかと思いましたが、幸いなことにそんなに描き込む前に皆 さん疲れてくれて、そこそこいい具合に出来上がりました。



お母さんたちのしめ縄作り
 こどもたちが大道具を作っている時テラス横の所であっくんのお母さんとまおくんのお 母さんが立派なごぼう締めのしめ縄を作ってくださいました。横でたいたいやさいちゃん ・ゆうちゃんもその様子を見つめていました。あっくんのお母さんは北海道にいた頃に名 人のおじいさんに教えてもらったそうす。可愛い輪締めも作ってくださいました。クリス マスが終わったら森の子に飾ろうと思います。



クリスマス会



ウィンドウを閉じる