本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ年長、年中、年少クラスを意味します。



こんなことしました

 7/1(火)
七夕会

 7/2(水)
森の子でゆったり遊ぶ、へいちゃんのお誕生会




へいちゃんお誕生日おめでとう!!
 7月2日にへいちゃんのお誕生会をしました。お母さんがへいちゃんが生まれたときの写 真を見せてくださいながらお話をしてくれました。自宅で生まれたので臍の緒がまだつい ていてお母さんとつながっている写真や2年前に卒園したお姉ちゃんのなおちゃんと一緒 の写真などを見せてくださいました。
 へいちゃんは初めてのお誕生会だったせいか、ちょっぴり緊張した様子でお母さんの横 に坐っていました。
 それからお母さんが「あなたはだあれ?」という素敵な絵本を読んでくださいました。 おかあさんにとってみんなみんなとっても大切な子どもたちなんだという気持ちがとても よく伝わって来るような絵本でした。へいちゃんのお母さんの静かな語り口もとっても素 敵でした。ありがとうございました。



七夕会
 7月1日は七夕会をしました。お母さんがたもたくさん集まってくださいました。ゆうち ゃん・りこちゃんちゃんのお父さんもきてくださり子どもたちとたくさん遊んでください ました。折り紙で切り絵も作ってくださいました。魔法のように鋏を動かすとクワガタや らかぶとやらが出て来るんですね。それをもらった子達は宝物のように大事そうに持って 帰っていました。
 きょうこ先生のお宅から切ってきてくれた笹に折り紙で色んな飾りを作って吊るしまし た。今年はあまり糊を使わなくてもいい飾りをさなえ先生が考えてきてくれました。糸で 吊るしてとても賑やかになりました。短冊にもお願いごとを書きました。
 一方、野外調理では、朴葉に載せたちらし寿司を作りました。朴葉はたいたいがお家の 近くで朴の木が伐採されたとかでたくさんあるからと言って持ってきてくれました。朴の 木は残念でしたけどありがとうございました。
 この朴の葉はその後も子どもたちのおままごとに大人気でしたし、翌日、ゆうちゃん・ りこちゃんちゃんのお父さんが今度は朴の葉っぱで切り絵やお面を作ってくださいました。 おままごとの朴の葉っぱはアイスクリームの外側になったりお皿になったり、お弁当の包 みになったり、切り刻んでわかめになったり、大活躍でした。朴の葉っぱをたき火であぶ ると本当にいい香りが漂ってきていました。
 お米は4升炊きましたがぺろりとみんな平らげてしまいました。子どもたちの食欲も凄い けど、おかあさんがたもなかなかのものかも。



こんなことしました

 7/3(木)曇
ブナの木遠足

 7/4(金)曇
森の子でゆったり遊ぶ。

 7/7(月)曇後晴 畑で収穫、トイレ掃除(くるみ男子)

 7/8(火)雨後曇 うどんつくり(そうめんの予定でしたが雨で寒そうだったので急遽変更しました。)
大空くんお誕生会

 7/9(水)曇 健南の林で実と花の観察 お散歩




大空くんお誕生日おめでとう!
 7月8日に大空くんのおお誕生会をしました。。大空くんのお父さんお母さんも1日森の子に いて下さいました。はなちゃんはアヤ・ナッツのお母さんに見ていてもらっていたので、今 日森の子で過ごす間だけは大空くんだけのお父さんお母さんでした。でもお父さんは森の子 の子達にも大人気であっちへこっちへと子どもたちの間を行き来していました。
 お誕生会ではお母さんが、紙芝居のようにした写真を見せてくださいながら大空くんがお 母さんのおなかにいた頃からいままでのお話をしてくださいました。傍らでおとうさんが写 真を見つめる大空くんを優しいまなざしで見つめていました。



ブナの木遠足
 心配していた雨もなんとか降らずにブナの木遠足にいけました。細野駅から電車に乗るの がとても楽しみだった子どもたち、電車の中でも楽しそうだったそうです。
 簗場駅からは来るまでの乗り合わせでしたが、おとうさん、お母さんがたの協力により、 上手くいきました。ありがとうございました。
 この林を所有している荒山林業の荒山さんに案内していただいていざ、ブナの木へ。もう 少し時間がかかるかと思ったけどさすが森の子、意外にすぐに樹齢300年近いブナの木の下ま でいけました。このブナの木の下でゆっくり過ごすのが夢だったのですが(前に来たときは 天気が悪くてすぐ帰ったのです)やっと念願かなってゆっくりと遊ぶことができました。少 し下の斜面を降りた所から見たのと、少し上の方に登った所から見たのではブナの木の感じ もずいぶん違います。去年の秋に落ちたらしいブナの実を子どもたちもたくさん拾っていま した。ブナの実は熊さんの大好物だそうでブナの木の幹にも熊さんの爪痕が見られました。
 ブナの木の下でのお弁当の後は哲学の森散策です。ここはちょっと平らになっている林で す。テントをはったりもできるそうです。子どもたちは電車ごっこなんかしながらゆっくり 歩きました。ここもブナの木にもかなり新しい熊の爪痕が見られました。ブナの木の幹を相 当高くまで登っていったようです。タムシバの葉っぱを噛んで爽やかな甘さを感じたり、ミ ズメ(梓)の幹を少しだけ荒山さんが切ってくださり、その臭いを嗅がせてもらいました。 サロメチールの臭いがしました。森の木って本当に不思議がいっぱいです。ここの豊かな森 の中にいると子どもたちはもちろんおかあさんがたも、とてもゆったりとした表情になって いて、また来たいなあと思いました。



緑色の実
 今の時期、木や草の実は緑色をしていることが多くて林の中にあってもなかなか目につき ません。でもちゃんと秋に向けて実が育っているのです。
 自由遊びのときにらーたんが「見てみて!」といってマムシ草の緑の実を見つけてきてみ せてくれました。いい機会だったのでお散歩に行く前にみんなでマムシ草を見ました。少し 前にさなえ先生のお子さんが行っている波田小学校で学校帰りにマムシ草を食べて中毒症状 を起こした子がいたそうです。知らないとこういうことが起きてしまいます。
森の子の子達もまつぼっくりやくるみの子達は知っているけど新しくはいった子は知らな いことがたくさんあります。毎年きちんと伝えていかなければいけないなあと思います。今 回はこの話をして森の中には美味しいものもたくさんあるけど中には毒もあることを伝えま した。
 上を見るとミズキの実もなっていました。子どもたちに何の実?ときくと口を揃えて「ガ マズミ!」確かに実のつき方がよく似ています。そこでじっくり見てもらって実際のガマズ ミの実と見比べてもらいました。お散歩に行く道でまことっ先にアヤがガマズミの実を見つ けてくれ、「ちょっと形が違う、ガマズミはとんがってる」と早速比較をしていました。違 いを見つけるのは結構難しいのですがさすがです。



こんなことしました

 7/10(木)晴
田んぼの草取り

 7/11(金)晴
はるかお誕生会

 7/12(土)晴 土曜参観、お父さんたちとの懇談会
たくさんのお父さんがたが参加してくださり、色々なお話ができて本当にいい機会でした。 お父さんがたがとても熱心で、森の子のこともしっかり考えてくださっていて有難いことだ と思いました。ありがとうございました。

 7/15(火)晴 ピッコロさん見学(大人11名、子ども8名)カレーつくり

 7/16(水)晴 畑へ




はるかお誕生日おめでとう!
 7月11日、はるかのお誕生日をしました。父母会があったので、途中からになりましたが、 お母さん保育に参加してくださり、お誕生会のときにはお父さんも職場から駆けつけてくだ さいました。
 パソコンの写真を見せてくださいながら、はるかが生まれる前、生まれてからのお話をお 父さんがしてくださいました。はるかのお父さんもお母さんもアウトドアの活動が大好きで 一緒に外で遊べる男の子が欲しいなあと流れ星にお願いしたそうです。あの獅子座流星群が 流れたときにお願いしたそうです。あのときは本当にたくさん流れたのでどれかのお星様が きっと聞き入れてお願いを叶えてくれたのでしょう。



7月10日(木)晴

 きょうこ先生のお宅へ行って田んぼの草取りなどをしました。
 田んぼにはいる前にまずはお散歩。江藤宅へ行き、アサギマダラの蛹を観察しました。い くみちみちイトトンボの輝く胴体に見入ったりシオカラトンボと麦わらトンボが交尾するの に出あったり、よその田んぼの中にコオイムシがいるのを発見したり。田んぼもすっかり夏 の風景で、子どもたちは次々新しい発見に目を輝かせます。途中きょうこ先生のご主人が田 んぼの草取りに精を出していらっしゃいました。
 前回も行った萩原さんのお宅に子ヤギを見に行きました。子ヤギは「はな」と命名された そうです。桑の葉っぱは食べさせてもいいと萩原さんのおじさんが言ってくださったので子 どもたちは代わる代わるはなちゃんにやっていました。おじさんが丁度七面鳥に餌をやる所 だったのでこちらも見させていただきました。小屋の横の所からおじさんが七面鳥の立派な 羽を出してくださり何人かの子たちに下さいました。羽をもらった子はとても嬉しそうに頭 の上にかかげたりして意気揚々としていました。羽の数に限りがあったのですがそんなに喧 嘩になることもありませんでした。
 さていよいよ田んぼです。なるべく洗濯物を増やさないように上衣は1枚だけにして下も短 パンかパンツにして、着替えもばっちり用意して、いざ田んぼへ。このあいだうようよいた オタマジャクシはもう蛙になったのかあまり姿が見られずそのかわり草はずいぶんはびこって いました。
 草取りに専念する子もいればわずかに残ったオタマジャクシを無心に追いかける子、どう いうわけか田んぼの中にお風呂のようにつかってひたすらだべっている女の子たち。田んぼ に気持ち良さそうに坐りこみ、手を田んぼの泥の中に潜らせてその感触を楽しみながらおし ゃべりに興じていました。なんか面白い光景でした。
 草取り組は自分がとった草の束を自慢げに高々とあげてみせてくれました。オモダカの白 い可憐な花はとるのがもったいなくてついついそのままにしてしまいました。
 はるか・あおちんのお母さんが今回も温泉をスタンドから運んでくださり、子どもたちは 湯船につかって気持ちよく、すっかり汚れを落としました。湯船につかった子どもたちの気 持ち良さそうな顔を見ていると、この温泉は本当に有難く思います。



7月15日(火)晴

 山梨県の清里で野外保育をしている「ピッコロ」さんが先生と子どもと保護者で見学に来 られました。カレーライスを作り一緒にいただきました。野菜を切るのをピッコロの子ども 達も手伝ってくれました。「ピッコロ」さんは去年開園して今年2年目です。今子どもたち は7、8人とのことです。週4日の活動で週2日か3日だけ来る子もいるそうです。3年前にピッ コロの中島先生が森の子に見学に来られ「山梨で野外保育の園を立ち上げたいんです」とお っしゃっていて、その後も色々な研修会などでよくお会いして頑張っていらっしゃることを お聞きしていました。
 子どもたちは1日しかいなかったし、自分たちのお友達と遊ぶので森の子とピッコロの子 達交流するまではいきませんでしたが、お母さんがたは保育の後に交流ができたようでよか ったでした。



7月16日(水)晴

 畑に行ってジャガイモとキュウリとトマトを収穫してスープを作っていただきました。ジ ャガイモは食べる分だけ収穫しただけなのでもう少し収穫できそうです。
 草取りが必要な時期に草取りをさぼってしまったので枝豆なんか徒長してしまってひょろ ひょろです。しまった~!と後悔しましたが仕方ありません。今後の頑張りに期待しましょう。 モロコシは草にも負けず元気です。まだ花は咲いていないので夏休み明けに去年のように美 味しいモロコシが収穫できるといいなと期待しています。
 私はお休みをいただいたのであゆみちゃんのお母さんがお母さん先生としてはいってくだ さいました。暑い中ありがとうございました!



こんなことしました

 7/17(木)晴
畑の支柱たて、くわずみとり

 7/18(金)雨
濡らし絵 年長…赤、青、黄色  年中、少…赤、青
たいたいお誕生会

 7/22(火)晴 雨の中のお散歩、木いちご摘み

 7/23(水)晴 川遊び
アッピーお誕生会
まつぼっくりによるお泊まり保育計画立案会議




アッピーお誕生日おめでとう!
 7月23日にアッピーのお誕生会をしました。森の子が都合で使えなかったので烏川渓谷緑地 のビオトープ広場でやりました。
 アッピーのお母さんがアッピーが生まれたときのお話を写真を見せてくださいながらお話 ししてくれました。アッピーは赤ちゃんの頃は丸々としていてなかなか体格がいいように見 えました。実際肩幅が普通の赤ちゃんより大きかったのかお母さんのおなかから出るときに 肩が引っかかって一回休んでから出てきたのだそうです。アッピーが生まてお姉ちゃんのは るこちゃんも、とても嬉しかったようで、満面の笑顔の写真がありました。
 お誕生会の終わりにアッピーのお母さんがアッピーに歌を歌ってくださったのをみんなで 聞かせていただきました。とっても素敵な歌声と歌詞でジーンとしてしまいました。ありが とうございました。



川遊び
 7月も半ばを過ぎると一気に暑くなっていよいよ川日和です。子どもたちの人数も増えた こともあって、毎回お母さんお父さん先生に2人ずつ入っていただきました。私がお休みを いただいたときもたくさんのお母さんお父さん先生が入ってくださり本当にありがとうござ いました。川はとても楽しいけれど危険もいっぱいです。お父さんお母さん先生のお陰で無 事にけがもなく過ごせました。
 ビオトープの方の小さい流れでは土手を使って川作り、土石流の実験(子どもたちは全く そんなつもりはないのですが)石を使ったダム(池?)作りが盛んでした。フウくんはこて てと手で砂を固めて土手作りに夢中でした。かたや流れの中では風伽君が一心に石を並べて いつの間にか立派なダムができていました。フウくんの土手はまこと先生という強力な助っ 人により強化されていきました。バケツで水を汲んでは盛んに上から水を流していました。 ただ流すだけでは飽き足らず、先生たちに向かってバケツやビニール袋の水をかけるいたず ら坊主どもも出没していました。さなえ先生など背中から水を入れられたとか。でも夏の日 差しで、ちゃんと乾いたようです。
 あっくんは土手の一カ所に泥団子作りに丁度いい土を発見し、そこに女の子たちも混ざっ て、泥団子屋さんがたくさんできていました。Yくんは足元にいたヤマアカガエルを発見。 体長10センチ近くの大きなのもいました。すぐにぴょーん!と流れの中に飛び込んで逃げて しまい、捕まえるのはなかなか難しかったです。
 23日にはまつぼっくりだけで探検隊を作ってプチ沢登りをしました。隊長はまこと先生。 はるか、大空両隊員は果敢に隊長についていき少々の流れなどへいちゃらです。と、川の砂 地の所で何と!でっかい骨を発見!これは熊の骨か?!とりあえず隊長が抱えて持っていき ました。砂地の所では女の子隊員たちが「ねー泥団子作ろー」と言ってストップしてしまい ました。少しだけ泥団子を作ったけどここはやはり探検隊。探険を優先させてぶつぶつ言う 女の子隊員をせき立て更に前進!川の流れは結構急になり、注意を怠らず慎重に進みます。 川の水は切れそうに冷たいのですがずっとつかっているとだんだん馴れてきます。
 ちなみにきょうこ先生は子どもの頃烏川で泳ぎを覚えたのだそうです。烏川橋の所は今と 違って淵になっていて充分泳げたのだそうです。遥か昔のことです。
 川の上にある大きな石の上の立つととても気持ちがいいものです。女の子隊員たちもまこ と先生の手を借りながらも果敢に大きな岩の上によじ登っていました。
 岩の間にオオヤマカワゲラの成虫をみつけたり、カワゲラたちの抜け殻をたくさん発見し たりもしました。どうどうという川の音、鳥たちのさえずり、清冽な水、とっても楽しく沢 登りを満喫してしまいました。
 例の大きな骨ですが、管理事務所に行って聞いてみたところ熊はこんなに大きくないとの こと。馬か牛ではないかとのことでした。熊だと思ったのにな。ちょっとがっかり。
 午後は管理事務所で展示されている昆虫の標本や鳥の剥製、鳥の巣などを見学させてもら いました。



1学期最後の日 みんなでお片づけをしました
 7月23日、今日で1学期は終わりです。子どもたち全員で森の子の荷物を片付けました。ト イレ掃除はくるみさんの女の子がやりました。すっかりきれいになると本当に気持ちがいい ものです。
 おもちゃも今日は念入りに洗って片付けました。スコップが赤いのと青いのが1個ずつ行方 不明になってしまいました。みんなで何日かにわたって捜索し続けたのですが出てきません でした。引き続き2学期も継続捜索をすることになりました。
 森の子の物置は直射日光が当たらないため何日も使わないものを置いておくと黴が生えて しまいます。そこで黴が生えそうなもの(本や紙、布のたぐい)や食品関係のものは保育者 の自宅に保管することにしています。例年は夏休みに入って保育者が掃除して各自手分けし て持ち帰っていたのですが、今年は子どもたちにも学期末の大掃除に参加してもらうことに しました。子どもと思ってみくびってはいけません。もう立派な働き手でてきぱきと荷物置 き場のものを運び出し、先生たちの指事に従って、ふたごんバス、さなえ先生バス、さとこ 先生バス、元の荷物置き場と分けて運んでくれました。大したものだとすっかり感心してし まいました。
 おもちゃ置き場も荷物置き場もすっかりきれいになって夏休み明けまでさようならです。



お泊まり保育
 毎年恒例、年長さんによるお泊まり保育です。子どもたちの中にはずいぶん前から指折り 数えて待ちわびていた子もいたようですし、初めてお父さんお母さんから離れてお泊まりす るのでちょっと心配でドキドキしていた子もいたようです。お母さんたちの方が心配でどき どきだったかもしれませんね。初めて我が子を自分から離れた所でお泊まりさせるって心配 ですよね。
 でも集まってきた子達は心配なんかどこかに吹っ飛んで、もう楽しくってたまらないとい う感じで目をキラキラさせていました。仲間と一緒というのは本当に心強いものですね。
 ベイシアへ花火などを買い出しにいきました。駐車場で既に舞い上がっていた子達を入り 口の前できょうこ先生が集めてちょっとクールダウンしてから入りました。花火を前にして これがいいあれがいいと物色していました。豪華な打ち上げ花火の詰まった花火セットに食 指を動かされていたみたいですが、決まったお金しか使えないからねの一言で男の子女の子 それぞれ無難なセットを1つづつ選んでくれました。
 晩ご飯は焼きそばと野菜バーベキュー。お野菜は全てきょうこ農園の採れたて無農薬野菜 と超豪華です。子どもたちが代わる代わる野菜を切っている間にきょうこ先生のご主人とま こと先生が火の準備をしてくださいました。心配された雨も一瞬ぱらついただけで助かりま した。
 じゅわじゅわ焼けたお野菜を自家製のゴマだれにつけてぱくぱくと食べていました。モロ コシはきょうこ先生のご主人がじっくり焼いてくださりとっても美味しくいただけました。
 夜のお散歩、お楽しみの花火をした後は、ドラム缶風呂です。今年はきょうこ先生のご主 人が軒のようなものを作ってくださりそこにビニールシートを張って、素敵な浴場にしてく ださっていて去年よりグレードアップしていました。「ふね」に張ったお湯に長々と体を伸 ばすのも、押し合いへし合いでドラム缶の中のお湯につかるのもどちらも楽しそうです。
 気持ちよくお風呂に入った後はパジャマに着替えて、なぜか我が家の息子(小4)の手品 を見てもらって(1ヶ月くらい前からマジックの本を読んで練習していました)、まこと先 生の絵本の読み聞かせを聞いて、おやすみなさい…
 すぐにバタンキューと寝息を立てて寝入った子、なかなか寝付けなくて寝返りばかり打っ ている子、むにゅむにゅ言っている子色々でした。
 寝付けない子や目を覚ましそうな子にはすぐにきょうこ先生とまこと先生がそばに行って とんとんと背中を叩いたりして寝かせていました。夜中じゅうほとんど一睡もしないでまこ と先生は目を覚ましそうな子のところにあちこちに行っていました。
 朝は6時前にはみんな爽やかに目覚め、朝のお散歩、朝ご飯のパンケーキ、サラダを食べて 9時にはお母さんがたがお迎えにきてくれました。一晩、お母さんやお父さんと離れ、仲間と ともに過ごしたまつぼっくりさん。またちょっぴり大人びた顔つきになったのではないでしょ うか。



ウィンドウを閉じる