本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ年長、年中、年少クラスを意味します。



こんなことしました

 3/2(月)晴後曇 ゆうちゃんお誕生会

 3/3(火)曇(夜雪) まつぼっくり保護者による餅つき会

 3/4(水)晴後曇 そり遊び




ゆうちゃんお誕生日おめでとう!
 3月2日にゆうちゃんのお誕生会をしました。ゆうちゃんのお父さんがゆうちゃんが生まれ た時から森の子に入るまでの写真を見せてくださいながらお話をしてくださいました。生ま れるときは大変で、地元の病院から信大病院に移されて生まれ、すぐに保育器に入っていた のだそうです。ゆうちゃんの名前は優しい子になるようにと付けられたそうです。名前通り 本当に優しいゆうちゃんです。名前の候補には「そら」もあったとか。近所のおばちゃんと 芋掘りをした写真や、森の子に入る前に鍛えるためにリュックにペットボトルを入れてお散 歩していた写真やりこちゃんが生まれてとても優しいお兄ちゃんぶりを発揮している写真な どを見せてくださいました。



かわさきさんのスライド
 3月2日、かわさきさんが動物のスライドを子どもたちに見せてくださいました。動物が車 にひかれて死んでしまった写真が沢山ありました。人間が動物のすみかに道路を造ってしま ったために起こる悲しい事故です。動物たちとどうやったら仲良く暮らしていけるのか、子 どもたちと考えていかなければならないですね。そんなきっかけを作ってくれたスライドで した。



まつぼっくりさんお母さんがたによるお別れ餅つき会
 今年のお別れ会は餅つきをしてくださいました。お母さんがたがみんな準備をしてくださ りお母さんたち、子どもたちみんなでつきました。杵が重いので子どもたちは2人一組でつき ました。やっぱり餅つきはわくわくしますよね。そしてつきたてのお餅のおいしかったこと !おつゆとデザートもついたお昼ご飯をごちそうになりました。ありがとうございました。 午後はお母さんがたも子どもたちと一緒に室内遊びを楽しみました。双六や縄跳びもどきな ど色んな遊びをして、そこら中で歓声が上がっていました。



この冬最後の雪かな?
 3日の夕方から降った雪が4日の朝には20センチくらいの積雪になりました。これはもうジ ェットコースターしかないというわけで全員そろったところですぐに出かけました。途中雪 シャワーを楽しみながら行きました。そりはべた雪でなかなか滑りません。滑らないよーと 文句をいいつつも何度も滑っていくうちにだんだんスピードが出るようになってきました。 下の方では雪で作った城壁のようなものも出来ていました。陸歩くんはジェットコースター の上の方まで行ってそりに雪を積んでそれを引っ張って駆け下りるという作業をこつこつと こなしていました。
 この雪も翌日にはほとんど融けてしまいました。この冬最後の雪のプレゼントだったのか もしれませんね。



内緒ですが
 ここだけの話です。内緒ですよ。まつぼっくりさんたちはお母さんたちにプレゼントを作 りました。毎年作っている雑巾です。2日にわたって仕上げました。
 糸を通すところからやったのですがこれもなかなか難しく苦労しましたが全員通すことが 出来ました。息を詰めて全神経を指先に集中して通します。見ている方も息を詰めてしまい ます。そしてぎこちない手つきで一生懸命針を動かしました。一針一針集中して刺していき ます。子どもが集中するのは20分くらいとさなえ先生が言っていたのでそのくらいでやめよ うかと思ったのですが、子どもたちはもっとやる!と言って結局全員1時間以上針仕事に集中 していました。名前も刺しました。さす場所は大人が指導したのですが、その指差すところ に針を刺すというのも凄い集中力がいります。刺し終わった時、ものすごく大きな息をつい てしばらくはあはあしていました。それくらい集中していたんですね。まつぼっくりさんの 頑張りに本当にびっくりしました。内緒なので読んだらもう忘れてください。



こんなことしました

 3/ 5(木)晴 そり遊び、雪遊び

 3/ 6(金)雨 濡らし絵

 3/ 9(月)晴後曇 お引越し、Yくんお誕生会

 3/10(火)晴 カレーライス作り、ぬかくどご飯

 3/11(水)晴後曇 卒園式の練習、お散歩

 3/12(木)晴 森の探検

 3/14(土)雨 巣立ちの日の会(卒園式)




Yくんお誕生日おめでとう!
 3月9日にYくんのお誕生会をしました。まずおかあさんがYくんの生まれたときの写真を見 せてくださいながらお話をしてくれました。だんだん大きくなってくるにつれYくんは家族に 沢山の笑いを運んで来てくれるようになったそうです。それからお父さんがトロンボーン、 お母さんがフルートで演奏をしてくださいました。最初にお父さんがトロンボーンの音を出 してくださると子どもたちは「おならみたいだ!」と大喜びでした。それから「ハナミズキ」 と「涙そうそう」を吹いて くださいました。子どもたちは歌詞を口ずさみながら「知ってる」 「いい曲だよね」と言い合っていました。お父さんとお母さんの息のあった演奏に聞き惚れ ていました。Yくんも音楽 に合わせて体を揺らしていました。



今シーズン最後の雪遊び(びちょびちょ…)
 前日の雪がかろうじて残っていたので、畑の方の土手にそり滑りにいきました。僅かな雪 でしたがそんなことはものともせずにそりを滑らせました。わずかに残った雪で雪合戦もし ました。だんだん土手の雪ははげて来ていましたが。べたべたの雪はスキーウエアの上から しみ込んで来て子どもたちはもう全身びしょ濡れです。気温が高かったのでそんなに寒がる ことはなかったのですが、レストランに戻ってみんな上から下までしっかり着替えました。 最後に雪遊びが楽しめてほんとうによかったでした。



お引越し
 予定では6日の金曜日にレストランからお引越しをする予定でしたが、朝からざあざあと 雨が降っていたので9日(月)に延期になりました。お母さん方が椅子の脚のカバーをはが してくださったり、荷物の運び出しを手伝ってくださったりしたのでとても早く運び出すこ とが出来ました。それからお母さん方はレストランのお掃除もしてくださいました。本当に ありがとうございました。子どもたちも何度も往復して荷物を運んでくれました。人海戦術 であっという間にお引越しは終わりました。皆さんお疲れ様でした。



学校楽しみ!でも森の子がいいなあ…
 もうすぐ1年生のまつぼっくりさんたちは学校へ行くのがとても楽しみです。学校ゴッコ も盛んに行われていたし、ランドセルの色や筆箱の色形などが話題によくあがります。ゆう ちゃんは「オレ、学校楽しみなんだ。あのね、お勉強が楽しみ!」と言っていました。はる かは以前「学校も楽しみだけど森の子も楽しいなあ」と言っていましたし、ちーちゃんは 「森の学校ってあったらいいのに」と言っていました。サキちゃんのお母さんから聞いた話 しではサキちゃんは「学校でも栗拾って煮たりするのかなあ?」と聞いていたとか。学校へ の希望が膨らむ一方森の子の楽しさも忘れられない子どもたちです。時々森の子に来て遊べ るといいね。



まつぼっくりさんたちによるカレー作り
 今年度最後の調理はまつぼっくりさんにお願いしました。さすがにもうすっかり任せてし まってもてきぱきと仕事を進めてくれます。きょうこ先生は「まつぼっくりがいなくなると 困るなあ」と言っていました。ご飯はぬかくどご飯の炊き方をあっくんのお母さんから伝授 してもらいました。一見簡単そうでしたが、できるかなあ?



森の探検!!
 3月12日(木)今日は森の探検に行くよ、とまこと先生が朝の会で言うと子どもたちは歓声 を上げました。探検コースはジェットコースターの少し南から山裾をぐるりとまわって沢沿 いに少し登るコースで、毎年冬に辿るコースです。
 例年だとまだ雪が沢山残っているのですが今年は全然ありません。「止め山」の看板や焚 き木の跡や熊の穴(嘘です)などにドキドキしながら進みます。小さな沢沿いの道を辿ると あまり管理されていない檜の林でちょっと暗くておどろおどろしい感じがあります。毎年来 ていた年長さんたちは沢の中に入ってざぶざぶ歩いたり倒木を渡ったりと探検気分を大いに 味わうのですが、年少さんはとても怖がっていました。へいちゃんは「ちょっと怖いよね」 といつにない声でささやくし、あやも「怖い」と言っていたとか。ちっちは先生の指にしっ かり掴まっていました。
 かずちゃんは小さな紙の束のようなものをポケットから取り出して「これ地図だから地図 があれば大丈夫だよ。川と同じ方に行けばいいみたい」とナビゲートしてくれます。
 登っていったところに大きな岩がゴロゴロしているところがありそこで突然フウくんが 「骸骨がある!!」と叫びました。見ると小さい赤ちゃんの猿のものと思われる頭蓋骨があ りました。「きゃー怖い怖い!」と大騒ぎして骸骨を転がそうとしたので「赤ちゃんのお猿 がここでお母さんとはぐれちゃったのかな、かわいそうだよね」と声をかけるとまつぼっく りや木の葉を採って来てお供えしてくれました。森の中は色々な生き物たちの営みの場です。 いつも野外で過ごしているとそんな営みに出会う機会が多くなりますね。子どもたちの心に 色んなことを感じて欲しいと思います。年少さんが森の暗がりで怖いと感じたこと、これも とても大切なことだと思います。



巣立ちの日の会



ウィンドウを閉じる