本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ年長、年中、年少クラスを意味します。



 
 冬はどこへ行ったのでしょう?というくらい妙に暖かい日が続いています。あんまり暖 かいので朝の会もお弁当も外という日もあります。寒くないと体は楽なんだけど、こんな んでいいのかとちょっと不安にもなります。



こんなことしました

 2/2(月)晴 たっぷり外遊び、タウン情報取材

 2/3(火)晴 巻寿司作り、豆まき、えんちゃんお誕生会

 2/4(水)晴 たっぷり外遊び




えんちゃんお誕生日おめでとう!
 2月3日にえんちゃんの6歳のお誕生会をしました。えんちゃんのお父さんとお母さんが 朝からお帰りまで森の子にいてくださり子どもたちと沢山遊んでくださいました。お誕生 会ではえんちゃんのお母さんが絵と写真を見せてくださいながらえんちゃんが生まれる時 のことや6歳になるまでのお話をしてくださいました。お母さんの生まれ故郷の神戸で生 まれたこと、1人目だからまだまだ生まれるまでに時間がかかるだろうと思ったら、あっ という間に生まれて来たこと。それでお父さんが誕生の瞬間には間に合わずその頃にはま だ岐阜の辺りを神戸に向かって車を飛ばしていたそうです。それから才蔵くんが生まれた 頃の写真や家族で南の島へ行ったときの写真などを見せてくださいました。えんちゃんは お母さんや大勢の家族の愛に包まれて育って来たことが本当に良く伝わってきました。



野球ごっこ
 暖かい日は野球ごっこも盛んです。「オーシャンズ」VS「キングシャチ」の戦いが見ら れます。どこからか拾って来たテニスボールと落ちていたらしい手頃な枝で野球をします。 キャッチャーからはサインも送られてきます。悠投手、大空投手なかなかのフォームでい い球を投げます。野手の楓也選手も林の中を駆け回ってボールをとって来てくれます。た いたい選手のバッティングもなかなかのもので、鋭い当たりがでます。ピッチャー、バッ ターは適当に交替します。時々りこちゃんたちがラーメンはいかが〜!?と叫んでいます。 ギャラリーが倒木の上にずらりと並ぶこともあります。ふたごんがピンチヒッターで入っ たりします。こんな風に野球をしながああ春だな〜と思ってしまう今はまだ2月上旬なん ですよね。



はじき絵
 クレヨンでまず描いてから絵の具で上を塗るとクレヨンで描いたところが絵の具の水を はじいて浮かび上がってくる、これがはじき絵です。きっとお父さんお母さんがたも子ど もの頃楽しんだことと思います。森の子でもこのはじき絵をやってみました。きょうこ先 生が白いクレヨンで描いた雪だるまが青い絵の具を塗ると浮かび上がって来るのを見て、 子ども達はうわあっと驚きの声をあげていました。順番にこのはじき絵をやったのですが 本当に楽しそうでした。思い思いにわき上がってくるイメージをどんどん描いていく子も いれば何を描こうかなと考えあぐねている子もいて色々なのですがどの子もとっても嬉し そうでした。
 まだ形を取るのが難しい子が多い年少さん達も画用紙にクレヨンを走らせ,絵の具を載 せていくだけでも楽しそうでした。子どもってこんなにも絵が描きたいんだなあと改めて 思いました。



ちーちゃんお誕生日おめでとう!
 2/5にちーちゃんのお誕生会をしました。とっても暖かくお天気もよかったので南の林の 日だまりでお誕生会を開きました。ちーちゃんのお母さんが紙芝居のような絵や写真を見 せてくださいながらちーちゃんが生まれたときのお話をしてくれました。ちーちゃんは雪 がいっぱいの北海道で生まれたそうです。最後にこの間撮ったという写真も見せてくださ ったときはどよめきが起こりました。水色のドレスを着てお姫様のようなちーちゃんとラ ンドセルを背負ったちーちゃんがそこにいたからです。



ふーがお誕生日おめでとう!
 2月9日にふーがのお誕生会をしました。ふーがのお母さんが生まれたときや赤ちゃんの ときの写真を見せてくださいながらお話をしてくださ いました。それからふーがのお母 さんの手作りの素敵な絵本を読んでくださいました。「フーガほしからおりる」という題 名のとても優しい色合いの絵本です。ふーがが星の世 界からお父さんお母さんの待つ地の 世界に降りてくるお話です。「ふーがのお母さんが作ったの?」と驚きの声が上がる程素敵 な絵本で、おかあさんの優しさと愛情がいっぱい詰まった絵本でした。



こんなことしました

 2/ 5(木)晴 クーヨン取材、狐穴へ。ちーちゃんお誕生会

 2/ 6(金)晴 1日入園

 2/ 9(月)晴 たっぷり外遊び、ふーがお誕生会

 2/10(火)晴 へびうどん作り




クーヨンから取材
 「クレヨンハウス」が出版している「月刊クーヨン」と言う雑誌のかたが2月5日に取材 に来られました。この雑誌は「育児と育自」を合い言葉に毎月3万部を発行する雑誌だそう です。編集のかたとライターさんとカメラマンさんの3人で来られました。子ども達は取材 が来ようが何しようがいつもの森の子です。
 この日は夢ハウスを出てすぐに豆柿にたかり、ばくばく食べてから1号路を通って狐穴の 方へ行きました。広い狐穴の野原で駆け回ったりごっこあそびをしたり、はないちもんめ をしたり。ススキのなが〜い茎をとってみたり、ががいものふわふわの綿毛を見つけたり。 オオイヌノフグリも沢山咲いていてサキちゃんが「オオイヌノフグリの畑だよ」と言って いました。 お天気はいいし最高の日和でした。(でも冬じゃないみたい)ススキの原の 際で朝の会、お弁当です。かわサキさんがホオジロやアオジ、ベニマシコなどを見つけて くれましたがなかなか素人には見つけにくいものです。森の子に戻るとき遠い空にクマタ カも見つけました。森の子に戻っていつものようにおままごとや野球ごっこをする子ども 達の取材もしていましたし、お帰りの会の前のちーちゃんのお誕生会も取材していかれま した。
 ライターさんは最初はお母さん達のお話を聞いたそうです。お母さん達がとてもしっか りした考えを持っていることにとても驚いていらっしゃいました。
 今回の取材の内容は3月3日発売の4月号に掲載される予定だそうです。



一日入園
 2月6日は来年森の子に入園する子達の1日入園です。子ども達は意外にも自分が1日入園 のときに泣いたことをしっかり覚えているのですね。だから泣いている子にはとても優し くしてくれました。とくにまつぼっくりさんはさすがお人形を持って来たりして泣いてい る子を慰めてくれました。子ども達の成長ぶりには驚かされますね。今年泣いた子達も来 年の今頃はどんな成長を見せてくれるでしょうか?楽しみです。
 ちなみに来年度入園児は年長さん1人(女の子)、年中さん1人(男の子)、年少さん7人 (男の子5人、女の子2人)となっています。



ヘビうどん(手打ちうどんとも言うかも)作り
 2月10日は蛇うどん作りをしました。給食当番はえんちゃん、ちーちゃん、たいたい、 アオイです地粉に塩を混ぜて水と合わせてこねます。それからそれをビニール袋に入れて 今度は足でふみふみします。これは楽しそうなのでお当番以外の子も代わる代わるやって 来てやっていました。お当番さんはこの後野菜を切る仕事もしてくれました。さて朝の会 の後寝かせておいた生地をうどんの形にしていきます。夏に1回やったことがあるので今度 はなかなかいい手つきでうどんにしていってくれます。すぐにへび状にしてしまう子もい ればなかなかなめくじ状から進まない子もいます。それでもどんどん蛇うどんは増えてい き、それからだしの中に入れて茹で、美味しくいただきました。今日は大空くんのお母さ んがお母さん先生として入ってくれ子ども達と沢山遊んでくださいました。



こんなことしました

 2/12(木)晴 雪遊び

 2/13(金)曇、強風 年長児宅幼老所へ

 2/16(月)曇 人形劇遊び

 2/17(火)晴 スープ作り

 2/18(水)晴 身体測定、手形とり、さなえ先生来てくれる




宅幼老所訪問
 2月13日(金)まつぼっくりさんは宅幼老所へ行きました。前日、きょうこ先生がまつ ぼっくりの子どもたちに「おじいちゃんおばあちゃんたちに森の子の子達の元気を分けて あげにいこうね。」とお話しして歌や「せっせっせ」の練習を少ししました。
 おじいちゃんおばあちゃんたちが8人くらい来ていて、テーブルについて子ども達を待っ ていてくださいました。きょうこ先生が森の子のことを紹介し、それから歌のプレゼント をしました。「さよならぼくたちの森の子」や「はじめの一歩」を手話付きで歌うと子ど も達の動きを一緒にまねしてくれるおばあちゃんもいました。おじいちゃんおばあちゃん の知っている「はるよこい」も歌いました。一緒に口ずさんでくれるおじいちゃんおばあ ちゃんもいました。
 それから一人ひとりおじいちゃんおばあちゃんの所に行って「せっせっせ−のよいよい よい、夏もちーかづく…」を一緒に手を取ってやりました。ちょっぴり緊張した表情の子 もいましたが、子ども達が手を取るとそれまで表情がなかったおじいちゃんの顔がぱあっ と明るい笑顔になっていました。子ども達の力って凄いなあと思いました。
 それからまたいくつか歌のプレゼントをして、おじいちゃん達も知っているという「ふ るさと」も歌いました。歌詞を知らない子がほとんどでしたがアヤはお母さんと三味線で 歌っているということで3番までしっかり大きな声で歌っていました。最後にきのうから 女の子達が中心にになって一生懸命作っていた折り紙のプレゼントをしておじいちゃんお ばあちゃん全員と握手をして帰りました。握手したり頭をなでてもらったりして本当に暖 かい交流となりました。
 宅幼老所の方は「子ども達が来てくれるだけでみんな本当に喜んでいました。また来て くださいね。」とおっしゃっていました。子ども達にもよそのおじいちゃんおばあちゃん とふれあえるとてもいい機会になったと思います。また定期的に行けるといいなあと思い ます。



さなえ先生が来てくださいました!
 2月18日(水)、5月に出産予定のさなえ先生が森の子の子ども達に会いに来てください ました。朝の会のときにそっと来てくれてました。子ども達はさなえ先生を見つけると 「さなえ先生だ!」と声を上げている子もいましたが、大騒ぎになるというよりあっけに とられて声も出ないという感じの子が多かったでした。
 お弁当を一緒にいただきましたが、どのテーブルの子もさなえ先生に来てもらいたくて 仕方ないので、じゃんけんでさなえ先生の行くテーブルを決めました。
 外遊びに出るときはさなえ先生を迎えに来ていました。森のお家を案内する子もいまし た。さなえ先生に見てもらいたくて仕方がなかったようです。「お母さん達ともお話に行 くから」と言ってシャロムの方へ行こうとするさなえ先生を追いかけていました。サキち ゃんがぽつんと「さなえ先生ともっと遊びたいのに…」とうつむき加減に言っていました。 「おなかに赤ちゃんがいるからね、あんまりながくみんなと遊べないんだって」と言うと 黙ってうつむいていました。本当にさなえ先生が大好きなんだなあと思いました。「また 赤ちゃん連れて来てくれるよ」と言って慰めました。サキちゃん達の学校がお休みの時、 さなえ先生も一緒に森の子で遊べるといいね。



こんなことしました

 2/19(木)曇 雪遊び

 2/20(金)小雨 雪遊び

 2/23(月)雨 カルタ遊び

 2/24(火)曇 みそ汁作り、あゆみちゃんお誕生会

 2/25(水)雨 はじき絵

 2/26(木)曇 読み聞かせの会による人形劇、影絵など(地下室にて)




あゆみちゃんお誕生日おめでとう!
 2月23日にあゆみちゃんのお誕生会をしました。
 あゆみちゃんのお母さんがあゆみちゃんの生まれたときの写真や1才,2才の時の写真を 見せてくださいました。お母さんがあゆみちゃんを連れて病院から帰って来る日、小学校 2年生だったお姉ちゃんのかれんちゃんが、息せき切って学校から帰って来て、小さいあゆ みちゃんをだっこしたという写真も見せてくださいました。かれんちゃんがどんなにかあ ゆみちゃんの誕生を待っていたかが分かります。それからあゆみちゃんが大好きだという 「たまごのあかちゃん」という絵本を読んでくださいました。あゆみちゃんはすっかりそ の絵本をそらんじているようでした。



ここへ来てやっと雪!です!
 19日の朝数センチの積雪。数センチだろうが積雪は積雪!ジェットコースターへ行って そり遊びを楽しみました。雪が少ないので左手の山道の方に入り、上へ上へと登って勢い をつけてなんとか滑りました。
 20日はもっと積もって、やった〜!と思ったのですが何と無情にも朝からの雪が8時頃 には雨になってしまいました。でも雨ニモ負ケズ雪遊びです!サキちゃんのお母さんも雪 が積もったからと保育に入ってくださり子ども達と沢山遊んでくださいました。
 重た〜い雪でも何のその!畑の方の土手へ行ってそり遊びです。かわさきさんに勢いを 付けてもらって飛び跳ねるようにそりで滑ってきます。土手の急斜面を這いつくばって登 っては滑り降りてきます。緩やかな斜面の所ではそりの上にスノボのように立って降りて きます。帰り、何台かのそりを繋いで引っ張りましたがめっちゃ重たかった…。



カルタ遊び
 23日はるか・あおちんのお母さんがお母さん先生で入ってくださいました。児童館から 借りて来てくださったカルタ遊びを一緒にしてくれたそうです。去年も遊んだ「安曇野カ ルタ」です。この日は1日雨だったので室内でゆっくり遊びました。



ぬかくどご飯
 24日(火)、あっくんのおかあさんとあやのお母さんがぬかくどで初めてご飯を炊いて くださいました。「ぬかくど」というのは籾殻を燃料にしてお釜でご飯が炊けるという 「おくどさん」なのですが、ふーがのお母さんが新聞の「下さいコーナー」に出したら何 とご近所の方が下さったのだそうです。「ぬかくど」はこの頃安曇野市では何となくちょ っとしたブームになっているようで新聞によく載っているのですが、きょうこ先生が子ど もの頃にもうちにあったのだそうです。一度火をつけたらそのまま放っておいても炊けて しまうと言う全自動炊飯器なんだそうです。しかもとっても美味しく炊けてしまうのでご はんを食べ過ぎてしまうくらいだとか。さてさてそんなウワサのぬかくどご飯がついにや って来たのです!この日のメニューはご飯とみそ汁。みそ汁の具はたいたい、りくちゃん が畑から採って来てくれた大根、キャベツ、菜っ葉などです。
 ご飯はウワサ通の美味しさで、子どもたちはどんどんお代わりしてきます。最後はお釜 の中がすっからからんになってもたかって来てお釜まで食べてしまうんじゃないかという 勢いでした。噛めば噛む程美味しくて甘みが強く感じられました。おかあさんがた本当に ありがとうございました!これからもぬかくどは活躍しそうですね!



室内遊び
 今週はお天気が悪い日が多かったのでこれまであまり出来なかった(天気がよすぎてし かも暖かいので外遊びが多くなっていました。)室内遊びを沢山しました。独楽回しに挑 戦するアヤ・ちーちゃん・はるか・大空くんたちまつぼっくりさん。あと一息で回せそう です。病院ごっこではりえ先生が100度の熱を出して点滴を受けたりしていました。
 お母さんがたがお家にある折り紙やきれいな包装紙を折り紙の形に切って来てくださり、 子どもたちは大喜びです。手裏剣作りが人気でりえ先生に包装紙ででっかい手裏剣を作っ てもらって喜んでいる子もいたし頑張って自分で折っていく子もだんだん増えてきました。 女の子たちの間ではハート作りも人気でした。妖精の学校ごっこではふたごん先生の授業 が行われていました。
 図面用の大きな紙もお母さんからいただいたのでそれで双六を作って遊んだりもしまし た。子どもたちの想像力あふれる双六もなかなか楽しいものです。



人形劇、大型絵本、影絵(池田会染読み聞かせの会)
 2月26日(木)池田町から会染小学校の読み聞かせボランティアから発足した読み聞か せの会の方達が人形劇などをしてくださいました。地下室にステージが作られ、ちびっ子 会の子どもたちも一緒に見ました。『がまくんとかえるくん』の人形劇、仕掛けがたっぷ りの手作り大型絵本『ぐるんぱのようちえん』、大きなスクリーンに映し出された影絵 『ブレーメンの音楽隊』がメインの出し物でした。次々と繰り広げられる物語に子どもた ちはすっかり見入っていました。
 大型絵本は歌も仕掛けもたっぷりあって、とても面白かったでした。影絵は影の動きの 面白さややスクリーンに映し出される色の美しさに歓声が上がっていました。
 夢の世界に入っていたような1時間半で、すっかり楽しませていただきました。メンバー のお母さんがたのパワーにも感動しました。
 各小学校には会染小学校のように読み聞かせボランティアが活動しているところもある と思います。小学校に上がっても子どもたちは読み聞かせをとても楽しみにしています。 お子さんが小学校に上がられ、もし時間がありましたらそういうボランティアに参加され ると、学校の様子も垣間みることが出来るし、何より子どもたちが喜んでくれます。私も 火曜の8時20分から10分間、西小で読み聞かせをしています。でも西小ではボランティア さんが足りなくて募集中です。



ウィンドウを閉じる