本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ年長、年中、年少クラスを意味します。
4月27日(金)くもり


今年度初めての濡らし絵です。 ももちゃんは「絵の具やるの?」と言ってワクワクしている様子でしたが、まつぼっくりさん、くるみさん、どんぐりさんの順だったのでちょっぴり待たなければなりませんでした。
今日は黄色と青の2色です。初めてやる子たちは濡らし絵の準備の仕方や筆の使い方などを先生に教わりながらとっても楽しそうに筆を動かしていました。
2つの色を使って、みずみずしい新緑の色が画用紙いっぱいに広がっていました。
今日はお帰りの時間が早くて時間がなく、乾かなったのですが乾いたらお家に持て帰ってもらうようにしています。



4月26日(木)くもり のち あめ


この前みつけた水たまりにどんぐりさんたちを案内したのですが、なんと水たまりは埋められていて残念!!
変わりにふきを摘んだり、スイコを噛んだりして楽しみました。



4月25日(水)くもり のち あめ


森のお散歩の途中で道から外れてプチ探検。倒木や枯れ枝を踏み越えて行くのは小さいどんぐりさんにはちょっと大変だったようですが頑張りました。



4月24日(火)晴れ


昨日帰りがけに摘んできたよもぎでよもぎ団子作りをしました。よもぎを茹でると鮮やかな緑になります。
それを切れない包丁で頑張って刻み、こねた団子粉に混ぜ、あんこを包んで蒸します。
団子粉が足りなくて苦肉の策で小麦粉を混ぜましたが大丈夫でした。
お弁当のデザートに1ケずつ食べ、残りは明日どんぐりさんと食べることにしました。



4月23日(月)くもり ときどき 晴れ


牧野運動公園へお散歩。㈱ハーモニックドライブシステムズの満開の桜の木の下でお弁当。
運動公園は閉鎖中でしたが、係の方が入ってもいいと言って下さり、芝生の上をころげまわったり、グラウンドをひたすら走ったり、グラウンドの砂で砂遊びしたり・・・と存分に楽しませていただきました。



4月20日(金)くもり


思ったより暖かくならなくて残念でしたが、シャロムさんの東の方の桜の木下でお母さんと一緒にお弁当をいただきました。
お母さんたちより一足先に行って小さなお花をいっぱい摘んで、お母さんへのお土産の花束を作って待っていました。
まだかなぁ・・・まだかなぁ・・・。
お弁当の後は桜の横の杉の木にたれさがったつるをよじ登って遊びました。さながら小猿が群がっているような風景でした。



4月19日(木)くもり ときどき 晴れ


鋸で板や枝を伐るのがさかんで、どんぐりさんのフウくんも挑戦していました。伐ったものを並べてくっつけたり、木工作は大人気です。
お散歩は森をぬけ、ゆうとのおうち(建築中・・・おとうさんが)の横を通って牧草地へ出ました。ゆうとはおうちの床下も見せてくれました。



4月18日(水)くもり


今日はももちゃんのお誕生会です。お母さんが妹さんも連れて入って下さいました。絵本をももちゃんのお母さんが読んで下さり、たちまちそのまわりに子どもたちの輪ができました。
お誕生会ではももちゃんの生まれたばかりの写真を見せて下さりながら、「生まれてすぐは真っ赤でおサルさんみたいだったのよ」と話していました。ももちゃん、お母さんがお話ししている間は緊張した様子でしたが、みんなで「ハッピーバースデートゥーユー♪」の歌をうたう頃には、とってもいい笑みがこぼれていました。
それからももちゃんとお母さんが作ったクッキーをみんなに分けて下さいました。それでも伐られた枝から花を咲かせているけなげさに感心してしまいました。
午後は桜の木の方へおさんぽ。去年まで桜のトンネルがあった所は、桜に病気が入ったせいかみんな伐られていて残念。
狐穴の所では、何故か帽子投げがさかんで、みんなとっても上手に投げていました。



4月17日(火)くもり


ビミョーな天気予報だったけど、松本城お花見決行!!お蔭様で何とかお天気もちました。
電車は混んでて、行きも帰りも坐れなかったけど、誰も「坐りたい」なんてグズグズ言う子はおらず、騒ぐ子もおらず、それでも車窓の眺めや、運転士さんの様子を見て楽しんでいました。
お城は6階だてです。下から古い古い急な階段を登っていきます。かなり急で怖いのですが、子どもたち実に身長に上手に上り下りできました。
お昼は桜の花びらのジュータンの上にシートを敷いていただきました。桜の花びらはハラハラと散ってきて、とてもきれいなのですが「お弁当に入っちゃうよ~」と子どもたち。
タクシーの運転手さんがパンくずを分けて下さり鯉にエサをやって楽しみました。
気持ちのいい春の1日でした。



4月16日(月)くもり→雨


穂高北小が休みだったので1年生のアンプン、ナッチ、2年生のOBの男の子の3人とナッチのお姉ちゃん(5年)が来てくれました。お姉ちゃんが木の枝の先をナイフで削ってとがらせて先っぽをマジックで黒く塗って、すてきな「鉛筆」を作っているのを見て、森の子たちも次々にナイフに挑戦。はーちゃんは何日か後にお姉ちゃんのと同じ様な「鉛筆」を作り上げていました。
ナッチやアンプンは、はざ掛け棒で基地を作るのに余念がなく、久々の森の子ライフをたのしんでいました。学校ではまだ勉強は始まっていなくて、学校探検とかして面白いそうです。給食もおいしくて、しっかりおかわりして食べているそうです。
南の森では、木の花が少しずつ咲き始めています。「木にお花が咲いているのをみつけたけど、みんなみつけられるかな?」と言って捜してもらいました。まだ緑がかっているつぼみだったりして、みつけにくいんですけど、ちゃんとみつけることができました。ダンコウバイ、山桜、クロモジ、アケビ、オオカメノキ、ガマズミの花をみつけました。足元のカキドオシもそらくんがみつけました。芽吹いたばかりのものは「花かなあ?はっぱかなあ?」「花だよ!」「やっぱりはっぱ!」とよく分かりません。そこでこれからどうなるか何日後かに見てみることにしました。
小学生のみんな、遊びに来てくれてありがとう!!お兄さんやお姉さんはやっぱりとてもいい刺激になるようです。
お散歩は森をぬけ、ゆうとのおうち(建築中・・・おとうさんが)の横を通って牧草地へ出ました。ゆうとはおうちの床下も見せてくれました。



4月13日(金)くもり


朝から風が強く、木々の梢の方からゴォゴォという音がきこえてきます。こんな風の音が聞けるのも森の子ならではのことかもしれません。南側の林でおうちごっこをしたり、木端をつなげて遊んだり、鋸で枝を切ったりしていました。朝の会の後は森の子スペースを案内して歩きました。おもちゃの片付け方も大きい子たちがやってみせ、物置は子どもだけでは入らないようにと説明しました。あっという間にどんぐりさんたちのお帰りの時間です。でも、まだ馴れないどんぐりさんたちはお母さんに会いたくて、お帰りの時間を待ちかねている様子も見られました。そういう様子を見ていると、じっくり馴らし保育の期間をとるのは大事だなぁと感じます。
風が強いのでお弁当は「森の家」でいただきました。午後はトイレそうじです。ゆうとが頑張って一輪車で畑までトイレのバケツを運んでくれました。便器洗いはくるみさんたちが順番にゴシゴシとやってくれました。



4月12日(木)晴れ


ぽかぽかと、とっても暖かい春の日和です。初めてお母さんから離れて、森の子での園生活を始める子たちは、やっぱり緊張したり泣いたりしていましたが、まつぼっくりさんやくるみさんのお姉さんお兄さんたちがいっしょうけんめい気にかけてお世話をしてあげていました。顔をのぞきこんで「あそぼ」と声をかけてあげたり、トイレのお世話をしてあげたり。
朝の会では、どんぐりさんたちも元気にお返事することができました。
桜の木の方へお散歩に行きました。キイチゴが早くも白い花を咲かせていました。女の子たちはヒメオドリコソウやタンポポの花を摘んで、手に手に小さな花束を握っていました。今の季節は小さなかわいいお花が沢山摘めるのでいいですね。
ヒメオドリコソウの蜜は甘いんだよ、と言ってまつぼっくりさんやくるみさんの女の子たちは一瞬のはかない甘さを楽しみ、スイコの葉っぱをまたかじってすっぱさを楽しんだり。ことしもしっかり「春の味」はうけつがれていくようです。
11:00でどんぐりさんたちが帰った後は、まつぼっくりとくるみさんでロープと布を使った基地作りがさかんで、お弁当もそこでいただきました。


4月11日(水)くもり


はじめの一歩の式でした。9人の新しいお友達を迎える準備をお母さん方が春休みのうちから進めて下さいました。お父さん、お母さんに手をひかれ、ステージのところにちょっとはにかみながら腰掛けていたどんぐりさんたち。くるみさんに仲間入りするあゆみちゃんもちょっと緊張した面持ち。まつぼっくりさんに仲間入りするゆうとはさすがに余裕ありげでした。
歌やお話で少し長い時間でしたが、みんな落ち着いてしっかり座っていることが出来ました。入園のお祝いにルーペをお渡ししました。林や野原のいろんな世界をのぞいてみましょう。ルーペでのぞくとまたまた不思議がいっぱいです。
式の後はもみの木さんに挨拶に行って「もみの木」のうたをはるかのお母さんのオカリナに合わせて歌いました。
それから牧草地の方へ出て写真撮影。黄色いイヌナズナの花が風に揺れて、新しいお友達を歓迎しているようでした。
少しずつ、少しずつ、森のこの生活を楽しんでいけたらいいなと思います。



4月10日(火)晴れ


在園児だけ、一足先に今日から新学期が始まりました。昨年度のまつぼっくりさんが卒園してちょっぴり寂しいけど、みんな朝からとってもよく落ち着いて遊んでいました。みんなやっぱり1つ成長してお兄さんやお姉さんの顔つきになっていました。鬼ごっこをしたのですが、その走るスピードがうんと速くなっていてびっくりです。
それから近くをぐるりとお散歩しました。ダンコウバイが黄色い花をつけ木々が少しずつ芽吹いています。これから毎日のように林の様子が変化していく楽しい季節ですね。
今日は12時でお帰りとなりましたが、くるみさんのお母さん方は入園式の飾りつけをして下さいました。とってもステキな飾りでしたね。そのアイディアとセンスに脱帽です!!



ウィンドウを閉じる