本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ
年長、年中、年少クラスを意味します。

6月30日  金曜日  曇りのち雨 NEW!

ぬらし絵をしました。どんぐりさんは山吹色とレモンイエローで描きました。黄色なのだけれど微妙に違う黄色です。子どもに よってはそこに赤を入れたり、青を入れたり・・・。ぬらし絵の色は心をしずめたり、発散させたりする力があるのだそうです。 さなえ先生から少しそんなお話を聞いて面白いなぁと思いました。

樹液がいっぱいでているコナラの木があり、その根元を掘るとコクワガタを発見。くるみさんの女の子が捕まえようと したところ、まつぼっくりさんの男の子がやって来て「オレんだよー!」と言って横取り。「私のだったのに〜」とくやしがる くるみさんを尻目にまつぼっくりさんは自分の虫かごに入れたのですが・・・その後、まつぼっくりさんの「わ〜ん!!」 という泣き声。「コクワガタにはさまれた〜」「あらあら〜」といいながらコクワガタを取ってやりましたが、心の中で クスクスと笑ってしまいました。

手をはさまれたまつぼっくりさんには気の毒だったけど、子どもの世界っておもしろ〜いと思った一幕でした。 (あそこで大人が横から口出してくるみさんにコクワガタ返しなさい!と言うべきだったのかもしれません。 なんだかそういう気になれずにそのままにしていたのです・・・)


6月29日  木曜日  晴れ 

自由遊びの時、トイレの前あたりでまたまたふか〜い落とし穴をくるみさんたちが掘っていました。すごい穴で根気よく、 よく掘ったものです。林の中ではロープを張り巡らし“旅館”ができていました。

今日は今年度初めての焚き火パン。くるみさん、どんぐりさんの男の子たちががんばってこねてくれました。焼く時は 大きい子と小さい子がペアを組んで焼いたのでみんな、いい具合によく焼けました。大きい子たちは本当によくどんぐりさん の面倒をみてくれます。どんぐりさんのお母さんがニワウメのジャムを作ってくださり、とってもおいしくてあっという間に 売り切れでした。手間がずいぶんかかったと思います。ありがとうございました。


6月28日  水曜日  晴れ 

田んぼの様子を見ました。カモさんたちは森の子でお借りした田んぼにはいませんでした。そこからはる菜ちゃんちまで 歩いていったのですが、思ったより遠いし暑いし大変でした。


6月27日  火曜日  晴れ 

高い熱が出る風邪が流行っているようで、熱で4人がお休みでした。今までとってもお休みが少なかったけれど ここへきて疲れが出てしまったのかもしれませんね。でも、アヤちゃんは熱があってもとっても元気で(さすが・・・) 「森の子に行く!!」と主張していたとか。嬉しいことです。(でも熱があったら行きたがっても休んでくださいね)

今日は晴れて絶好の川日和。子どもたちは大喜び!どんぐりさんの男の子2人は着替えもせずにいきなり長靴で川に入って バシャバシャ〜とあっという間に濡れ鼠。もう、水がうれしくってしょうがない!!って感じでした。

さなえ先生がペットボトルに穴をあけて下さり、これで水をすくったり、お船にしたり。まゆぴーは泥の中から オタマジャクシをすくっていました。今日は賑やかなハルゼミの声。時折コロコロコロ〜というカジカガエルの声。


6月26日  月曜日  くもり 

はっきりしないお天気でしたが烏川でやりました。曇っていて気温も低いといつも賑やかなセミの声がしません。 つり橋の向こう側の遊歩道をお散歩しました。渓谷のせせらぎを聞きながらのお散歩。こんなことが日常的に できるなんて、考えてもみればなんと贅沢なことでしょう。所々に木苺が残っていて(しかも大きくていかにもおいしそうなのが) 子どもたちはまたまた夢中で摘んでいました。きょうこ先生は「カメムシ味の木苺食べた〜」と言っていました。遊歩道沿いの木苺 は伐らないで残しておくように、と業者さんに頼んだのだと、管理されている方がおっしゃっていました。

ビオトープ広場では「木の子」の方たちもお弁当を食べていました。川の横でお弁当を食べれば、次にやるのは当然 水遊び。気温も水温もとっても低くて冷たいのに、子どもたちってよくよく水が好きですね。でもあんまり冷たすぎても いけないので適当なところで切り上げさせ、お散歩に行きました。今日はキミオ先生も来てくださり、望遠鏡でノジコ という小鳥を見せて下さいました。


6月23日  金曜日  くもり 

ぬらし絵をしました。どんぐりさんは黄色一色で描きました。筆を持つと何だかみんな小さな芸術家のようです。 さなえ先生が「こうやってね、紙からはみ出したっていいんだよ」と描き方をどんぐりさんたちに教えていました。

朝の会の後、すこし広くなっているところで「オオカミと羊」というゲームをやりました。オオカミは最初穴の中 に隠れ(いい具合に穴があるのです)お母さん羊のところへ逃げる小羊を捕まえるというゲームです。子どもたちは (どんぐりさんたちも)こうやって走り回るのが大好きです。(実はわたしも大好き。でも年なので息が続かない〜) ゲームに興じているうちに13時近くなってしまい、あわててお弁当を食べに戻りました。


6月22日  木曜日  くもり 

今にも降りだしそうな天気でしたけど、何とか持ちました。
今日はカレー作り。全員で野菜の皮をむいたり切ったり。「私もおいも切りた〜い」「皮むきした〜い!」と包丁やまな板 が足りなくなるほどでした。どんぐりさんたちもがんばって切りました。指まで皮むきしちゃう子もいましたが。まつぼっくりさんたちは 人参のみじん切りも上手にできました。


6月21日  水曜日  晴れ 

木苺摘み参観。子どもたちと一緒にお母さん方も木苺を摘みました。昨日の子どもたちの摘み残しでしたけど・・・。まつぼっくりさん のお母さんは木苺で酵母を作ってパンを焼くのだそうです。

ニイニイゼミの初鳴きを聞いたのはこの時です。
お母さん方が一緒だったし、木苺の誘惑もあったのでずい分ばらけたお散歩になってしまいましたが楽しんでいただけたでしょうか。


6月20日  火曜日  晴れ 

明日の木苺摘み参観に向けて、お母さんたちを案内するルートを探すお散歩に出かけました。明日お母さんたちに摘んでもらうんだから、 と最初は自制していた子どもたちでしたが、だんだん夢中になって食べ始めてしまいました。あ・・・あ・・・明日の分が・・・。 途中ヤママユガの幼虫らしき青虫をコナラの木に見つけました。本当に美しい黄緑色をしていました。


6月19日  月曜日  晴れ 

卒園児たち3人が遊びに来てくれました。
大きい子たちが多かったので「とんびの羽」や「鬼ごっこ」や「花いちもんめ」などゲーム遊びが沢山できました。
木苺つみにも出かけました。今年の木苺摘みの王者ナオちゃんも去年の王者がいたので今日はちょっぴり影が薄いような・・・。

また飯綱の「こどもの森幼児教室」の先生が2人、見学に来られました。絵本とドイツトウヒのマツボックリをお土産に下さい ました。ドイツトウヒはギロのような楽器にもなりました。


6月16日  金曜日  晴れ 

保護者3名で川の下見に行ってきました。中房川を3ヶ所、烏川を2ヶ所見てきました。雨上がりで川の水が増水して 流れも速くこんな日はとても子どもを遊ばせることはできないけれど、普段はとてもきれいな水が優しく流れているのだそうです。 よさそうな砂地もあり、楽しめそうです。お弁当が食べられる木陰も確認し、バーベキューなんかもしたいよね〜と目ろんでいます。


6月15日  木曜日  雨 

朝から雨。くるみさんのお母さん方がちまきを作って下さるというのに・・・。仕方なく、タープを張りました。野菜を 細かく刻み、もち米と混ぜ、調味料をふりかけてふかします。子どもたちも細かに野菜を刻みました。何しろもち米が 4kg、具もたっぷり、ムリムリざるに入れてふかしました。ドラム缶にお水を張って・・・。多少無理はあったけどお母さん 方の愛情たっぷりのちまきはうまくふかすことができ、味付けもバッチリ!とってもおいしくて、みんな次々におかわりしました。 美味しいちまきをありがとうございました。参加してくださったお母さん方が「自分の子どもだけでなく、他の子たちの 様子が見ることができて楽しかった」と言って下さり、とてもうれしく思いました。


6月14日  水曜日  晴れ 

トイレとメロリー小屋のお掃除をしました。トイレのバケツに入れる落ち葉を集めたり、トイレの便器をブラシでしっかり洗ったり。 メロリー小屋の糞尿にまみれた藁はかなりにおいがきつくて子どもたち「くさ〜い!!」と言って近づきませんでした。

メロリー小屋の藁やトイレの中身を一輪車で畑の堆肥置き場に運びました。はる菜ちゃんのお父さんが作ってくださった堆肥入れに 入れました。(最初は子どもたち喜んで堆肥入れの中に入って遊んでいました)素敵な堆肥入れを作ってくださったはる菜ちゃん のお父さん、本当にありがとうございました。


6月13日  火曜日  晴れ 

虫アミ、虫かごを持ってくる子が多くなり、ちょうちょやバッタを捕まえるのが盛んです。バッタも少し大きくなり、捕まえ甲斐 がでてきました。5〜6月頃飛ぶウスバシロチョウは胴が太くふ〜わふ〜わとゆったり飛ぶものだから子どもたちにも捕まえやすい ようです。

お昼過ぎ、さっちゃんのお誕生会。さっちゃんのお母さんがさっちゃんの生まれた時のお話をして下さいました。

午後は県の地球環境チームという部署の方が3名見学に来られ、一緒に木苺摘みのお散歩に出かけました。まつぼっくりさんは 大きくておいしそうな木苺ばかり選んで沢山摘んでいました。さすが3年目ともなると木苺摘みのツボ?を心得ているな〜と 感心しました。


6月12日  月曜日  晴れ 

県営烏川渓谷緑地森林エリアという所へ行きました。去年だかおととしだかに整備されたところでそこそこの起伏にも富み、 子どもでも歩きやすいようにいい遊歩道が作られ、とてもいいところです。鳥の声もセミの声も森の子とは少し違っていました。

遊歩道の途中では、耳を澄ますと烏川の渓谷の音が深い森の下の方から聞こえてきます。朴の花が落ちているのを拾って においを嗅ぐとこれまたいい香り!子どもたちは手に朴の花を握って歩いていました。

あずま屋に着くとリュックを下ろして小さな尾根へ探検です。あちこちに動物の糞をみつけて、何の動物の糞かなぁ?? と観察する子どもたち。キミオ先生の影響の大きさを感じました。笹の下にはギンリョウソウの群生がありました。 花も葉も茎も真っ白な不思議な花です。きのこではないのだけれどにおいを嗅ぐときのこのにおいがしました。

お弁当のあと、同行してくださったどんぐりさんのお父さんがいろんなゲームをして下さいました。朴の葉を木の幹にくっつけて まつぼっくりをなげて当てる的当てや、葉っぱでうさぎやゾウの絵を描いたり。子どもたちとたくさん遊んで下さり、 本当にありがたかったです。小さな沢のほうへ行き、水が土の下を流れているのを地面に耳を当てて探したり、清水 を手ですくって飲んだり・・・。同行してくださったお父さんが笹の葉でコップを作ってくれ、それで汲んで飲んだり・・・。 森のことは少し違う森を存分に楽しむことができました。


6月9日  金曜日 雨のちくもり 

朝からしとしと雨。キミオ先生が作ってくださったコイノボリ式タープ張り装置の初稼動です。うまい具合にタープ用ブルーシート がスルスルと上っていき、ばっちりです。!

子どもたちは泥んこと水で川を作ったりダムを作ったり。雨の日の楽しみ方もすっかり板についた様子。これが森の子ならではの 遊びだな・・・といつも思います。

朝の会のあと、道にできた「川」の上の方がどんな風になっているか探検に行きました。が、この頃になると雨もだいぶ 小降りになって「川」の水量も減ってしまい残念!体が少し冷えてきたようなので、お昼ご飯は地下室でいただきました。


6月8日  木曜日 くもり 

はる菜ちゃんのお知り合いの方のTさんの田んぼで田植えです。一人5本ずつもち米の苗を植えていきました。いつものことながら、 とってもランダム。「でも、実りますよ」とTさんが言ってくださいました。

お弁当の後、Tさん宅であいがものヒナを見せていただきました。とってもかわいい!!のですが蛙までとって食べて しまうのにはびっくり。それから沢へも下りてびっしょんこになって沢遊びもしました。


6月7日  水曜日 晴れ

えみこ先生が入ってくださり、年齢別保育をしました。
まつぼっくりさんはさなえ先生のご主人が切っておいてくれた板を釘で打って本棚づくり。板にまっすぐ釘を打ち込むのは かなり難しいのに、何度もやり直しながらバッチリ作ってくれました。

どんぐりさんとくるみさんはお散歩に出て「傘」探し。ウリハダケデの大きな葉を頭にのっけて傘にしている子、大きい シダをとって「羽」にしてカラスになっちゃう子。

午後はまつぼっくりさんの本棚に感化されてか、釘うち練習が盛んでした。どんぐりさんたちもトンカチ持って挑戦。釘が すぐ曲がって難しいのですが何度も何度も挑戦していました。


6月6日  火曜日 晴れ 

今日は見学の方が来られました。
午前中は畑に行って水くれをしたり、花の種を蒔いたりしました。
お昼ごはんは縦割りでグループ分けして(桑の葉チーム、クローバーチーム、カラスノエンドウチーム) 各々テーブルに分かれていただきました。

午後はもみの木で木登り。どんぐりさんたちもがんばって挑戦していました。まだぶらさがるの 精一杯の子も多いですが、そのうちまつぼっくりさんたちのように軽々登れるようになるのでしょうね。

“むっくりくまさん”もしました。どんぐりさんたちがくまさんになって追いかけるのですが、なかなか つかまえられません。それでもみんな走るだけでとっても楽しい〜。という表情が良かったでした。


6月5日  月曜日 晴れ 

今日はvif集合。キミオ先生も来て下さいました。足湯の横の冨士尾川を溯ってみることにしました。 石積みの砂防堰堤がいくつかありました。ヒョイヒョイと上手に登っていく子も多かったです。どんぐりさんの女の子 も小さいながら黙々と登るのに挑戦していました。

冨士尾川は雨が降らないと水が下にもぐって しまう川のようで、水は上のほうまでありませんでした。河川敷の整備をしてあるところの終点 にあずま屋があり、休憩。キミオ先生が「さがしもの」ゲームというネイチャーゲームをしてくれました。 葉っぱを並べて、それと同じものを探してくるというゲームです。けっこう観察力が必要です。 黄色いハナニガナを間違えてカタバミの花を取ってくる子も。なかなか面白いゲームで子どもたち、 一生懸命探してきていました。


6月2日  金曜日 晴れ 

畑仕事をしました。お母さん先生たちがすっかり準備を整えて下さり、苗を植えたり、種を蒔いたりするばかりに なっていました。まつぼっくりさんはサツマイモの苗を植え、くるみさんはジャガイモの苗を植え、 どんぐりさんはとうもろこしの種まきです。まつぼっくりさんたちは代わる代わる鍬を持ち、ゴザマルチ の端っこに土をのせていきました。それからゴザを切ってつけた穴にさつま芋の苗を植えていき、 最後に水くれです。ゴザでマルチをするのは乾燥を防ぎ、草を抑えるためです。このところ雨が少なく 畑の土が乾いていたので、休みの日にもどんぐりさんのお母さんが水くれに来てくださったそうです。

月曜日も火曜日もお母さん方ががんばって水くれして下さいました。本当にお母さん方、小さい お子さんがいて大変なのにご尽力くださり、感謝!!感謝!!です。どうかご無理なさいませんよう に・・・。金曜日の夕方には激しい夕立があり、恵みの雨が降ってくれました。


6月1日  水曜日 晴れ 

今日は朴葉もち作り。上新粉+だんご粉をこねるチームと、あんこを丸めるチームに分かれて作りました。 粉を練ったものであんこをくるみ、葉っぱで包みます。葉っぱを紐で縛るのもさなえ先生に教えてもらって挑戦していました。ドラム缶で 蒸すこと30分。朴の葉のいい香りがし、子どもたちは次々に平らげていきました。5個以上食べた子もいました。凄い・・・。 「お母さんにお土産にしたい」という子も多かったのですが、お土産にはまわらずみーんなおなかの中にいってしまいました。


ウィンドウを閉じる