画像をクリックすると大きくなります
本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ
年長、年中、年少クラスを意味します。

5月31日  水曜日 晴れ 

さなえ先生お休みのため、えみこ先生が入ってくださいました。
明日の朴葉もちづくりのために朴葉を取りに出かけました。朴の木は背の高い木が多く、高枝切はさみでも届かない木もあります。 やっといくつか取ったあと、まつぼっくりさんの女の子とくるみさんの男の子が「森の子に来る途中に朴の木があるよ」と 言って案内してくれました。なるほど、子どもの背丈でも取れるくらいの所に沢山葉っぱがついていて、みんな次々に取って、 大きな葉を持って楽しんでいました。


5月30日  火曜日 晴れ 

くるみさんの女の子がきれいな蝶を見つけて持ってきてくれました。黄色と黒の縞模様が蜂のようでした。去年のまつぼっくりさん たちが卒園記念に下さった図鑑がこのところ大活躍です。調べたところ、この蝶だと思っていたのは“トラガ”という蛾の仲間の ようです。きれいなメタリックブルーの虫を見つけてくれる子もいるし、虫さんたちとたくさん遊べます。

ぬらし絵はポスター貼りに使うということで大きな紙に描きました。

朝の会の後、なわとびをしました。「ゆうびんやさんの おとしもの」を歌に合わせて上手に飛べる子もいれば、リズムに乗るのが 難しい子も。

午後は森の子の焚き火の横にある木の切り株をみんなでスコップで掘ったり、根っこをナタやノコギリで切ったりして力を合わせて 取り除きました。深く掘っていくうちにセミの幼虫をみつけてしまい、まつぼっくりの男の子が隣の林に埋めに行ってくれました。 キマワリの幼虫も朽木の中にみつけました。切り株を取り除くとずいぶんすっきりとし、これであの切り株に躓いてこける子はいなく なりますね。


5月29日  月曜日 晴れ 

満願寺のツツジが見ごろだということで行ってきました。
「暑いよ〜」「ねー、まだぁ〜?」「もう少しってさっきから言ってるけれど全然着かないじゃん」等々、みちみち文句タラタラ の子どもたちでしたが、満願寺入り口に着くと100段以上もある石段をいとも軽やかにかけ登っていくのでした。さっきまでの 文句タラタラは何だったの??

鐘つき堂で鐘を鳴らし、ツツジやフジを見ながらのお弁当。帰りは文句も言わずにさっさと歩いて戻りました。みんな、文句ばっかり 言ってるけれどちゃーんと体力はついているんだなーと思いました。往復約5kmの道程でした。


5月25日  木曜日 晴れ 

とっても気持ちのいいお天気に恵まれた親子遠足でしたね。森の子とはちょっと違った里山の雰囲気を楽しんでいただけたでしょうか。 まつぼっくり、くるみさんのお母さん方が去年に比べて子どもがうんと成長していて、今年は親も楽しめました。というコメントを 下さったのが印象的でした。それでも下のお子さん連れの方は大変だったことと思います。

私がキミオ先生から教えていただいた草笛をお母さん方に教えたら、一生懸命練習してくれていました。今はまだ子どもたち は小さくてうまく草笛を鳴らせないけれどもう少し大きくなってお母さんと一緒に草笛を鳴らせたら素敵だなぁ、と思います。

最後の川遊びも楽しかったですね。女鳥羽川は本当に生き物が多くて楽しめる川です。6月下旬〜7月上旬の風のない蒸し暑い 日の夜7時半〜8時頃に行くと沢山のゲンジボタルに出会えます。


5月24日  水曜日 晴れ

今日は年齢別保育。ということでえみこ先生が入ってくださいました。くるみ、まつぼっくりさんは田んぼまで行きました。 ところが今年は去年お世話になった方が田んぼは作らない・・・ということで残念・・・。田んぼに水も入っていませんでした。

行く道々松黄色い花粉がすごかったです。ウリハダカエデの葉っぱにうっすら積もっていました。子どもたちはプープー 葉を鳴らしながら歩いていました。オトシブミも沢山見つけて拾い集めていました。くるみさんの男の子がセミを見つけると みんな「触らせて!!」と集まってきました。

どんぐりさんたちは大きい子がいない間にスコップも十分に使ってめいっぱい遊んでいたそうです。えみこ先生がどんぐりさんとは 思えないほどとってもよく遊んでいましたよ、とおしゃっていました。泥んこになった服のお土産、またまたたんまりと持って 帰って来てくれたことと思います。


5月23日  火曜日 曇り時々雨 

朝から子どもたちは川作りをしたり“ケーキ作り”をしたりとてもよく遊んでいました。キミオ先生が雨の日用のシート を張るためのロープを設置して下さいました。こいのぼりをあげるようにスルスルとシートをあげて張ることができました。 キミオ先生ありがとうございました!あっいう間に木のたかーいところに登って作業をしてくださり、もう本当に凄い!! の一言です。

午後はこっちゃんのお誕生会。こっちゃんのお母さんがアルバムを見せて下さり、こっちゃんが生まれたときのことなどを お話して下さいました。それからおやつにこっちゃんのお母さんが作ってくださったパンをいただきました。こっちゃん おめでとう!!ちょっと恥ずかしそうに、でも誇らしげなこっちゃんでした。


5月22日  月曜日 晴れ 

今日はvif横の公園に集合。キミオ先生が来て下さり、早速ケヤキの木にロープをかけ、ブランコを作って下さいました。 子どもたちが楽しそうにブランコしているのをお母さん方、羨ましそうに見ていたので「やってみない?」と誘うと まつぼっくりさん、くるみさんのお母さんがトライ!童心に帰ってキャ〜っと楽しんでいました。ブランコって本当に 子どもの頃に心が戻っちゃうから不思議。

朝の会の後、森の子へ向かって出発!キビタキやカッコウの声。この春初めてウスバシロチョウが飛んでいるのも見ました、 キミオ先生は手を口に当ててポッポォ〜っとカッコウの鳴きまねをしたり、草笛を鳴らしていたりしていました。

いく道々いろんなものを発見。ヒキガエルが車に轢かれてしまっていました。ヒキガエルはピョン!と飛べないんだそうです。 カエルなのに。のそのそ歩いているうちに轢かれてしまったのでしょうね。水溜りにはヤマアカガエルの卵もありました。 シジュウカラが何かくわえてキョトキョトしていました。キミオ先生によると近くに巣があるんだけどみんなが見ている から警戒しているんだとか。松ノ木のてっぺんの方ではハルゼミがさかんに鳴いていました。すっかり初夏ですね。


5月19日  金曜日 曇りのち雨 

どんよりしたお天気でパラパラと小雨が降ったりやんだり。“かまどのステージ”の前では川作り が盛んでした。夢中になって土を掘り続ける子どもたち。たちまちどこかの遺跡の発掘現場のような くねくねした溝が出来上がりました。

ナオちゃんとホーリーはでっかいしいたけを見つけてきました。実はこのしいたけ、2年前にもらった ホダ木に駒打ちしたものなんです。焚き火で焼いて塩をふり、ナオちゃんが小さく切ってみんなに配って くれました。とっても美味!でした。

まつぼくりさんの男の子が蜂を見つけて、おとなしい蜂だったのでじっくり観察し、図鑑で何という蜂か一生懸命 調べていました。

午後は畑のほうへ行き、道の水溜りでばしゃばしゃ大はしゃぎ。長靴もかっぱも泥べちょ。いやいや〜、 お洗濯ご苦労様でございます・・・。


5月18日  木曜日 曇り 

まつぼっくりのお母さんたちが子どもたちと調理をして下さる日です。今日のメニューは釜焼きピザ。
朝から釜の中で火をたいて、釜をじっくり熱します。鉄板の上にこねて一次醗酵させた生地を伸ばし乍ら敷き、 トマトソース、玉葱、ピーマン、チーズをトッピング。子どもたちも野菜を切ったり、トッピングをしたり 手伝います。ジュワーっと焼けたピザに子どもたちは待ちきれない様子。食べ始めるとすぐにあちこちから 「おかわり!!」お母さんたちは焼いたり、切ったり配ったり、と大忙し。巣の中でエサをねだる雛鳥がピーピー 鳴いているようでした。お母さん方、本当にありがとうございました。


5月17日  水曜日 曇りのち雨 

今日も肌寒い一日でした。モミの木の辺りまでお散歩に。ハルゼミのぬけがらや緑のサクラの実、モミのまつぼっくり片、 ヒノキの実色んなものを見つけます。ちょっと前まで赤紫のきれいな花をつけていたムラサキケマンが実をつけ始めていました。 熟した実をつつくと、はじけて中から黒い実が出てきました。スイコをかじって「スイコジュース」にする子。スイコの葉っぱ をくわえて「メロリー」になっちゃう子。林の中をじっくりのぞくとたくさんの不思議と楽しいものがいっぱいです。虫も活動 を始め、これからもっとたくさんの不思議にこどもたちと出会いたいものです。


5月16日  火曜日 曇り 

肌寒い一日でした。寒いのでたき火をしました。
今年度初めてのぬらし絵をしました。とっても久しぶりだったのでみんな喜んで準備をし、筆をとっていました。 今日は青と黄色で色遊び。

午後はハーちゃんのお誕生会をしました。ハーちゃんのお母さんがハーちゃんが生まれてきたお話をメルヘンのように お話してくださいました。アルバムも見せていただき、おやつにバナナケーキもいただきました。


5月15日  月曜日 晴れ 

vifに集合しました。森の子からスコップを持っていったのですがほとんど全員スコップを持ってシャッシャッと一斉に 砂場の砂を掘っていました。たんぽぽがいっぱい咲いていたので摘んで花輪を作りました。まつぼっくりの女の子たちが たんぽぽの花輪作りに挑戦していました。

朝の会の後駐車場近くのブランコの所までいきました。久々のブランコにみんな大喜びしてゴンゴンこいでいました。 そのうちまわりの鉄柵で鉄棒遊びが始まりました。「豚の丸焼き」「前まわり」「逆上がり」みんな色んな技に挑戦していました。

お弁当の後、足湯へ。まつぼっくりさんのお母さんが冷凍ブルーベリーを持ってきて下さり、川べりのあずまやでいただきました。 足湯の横の川で少し遊んでから足湯へ行きました。今日は、ホトトギスの初鳴きも聞いたしすっかり初夏ですね。


5月12日  金曜日 晴れ 

今日は、コンポストトイレのお掃除をしました。落ち葉の入った中のバケツをまつぼっくりさんが一輪車に載せて運んでくれました。 錆びた一輪車でかなり重たいのですが、そこはさすがまつぼっくりさんです。畑にバケツの中身を捨てに行って くれている間、まつぼっくりさんの2人がゴシゴシせっせと便器を洗ってくれました。トイレの中も下のところもきれいに 洗い流しとってもさっぱりしました。くるみさん、どんぐりさんたちもまつぼっくりさんたちがお掃除する姿をみていました。 まつぼっくりさんになったらきっと張り切ってお掃除をしてくれることでしょう。

朝の会の後、笹を採りに行きました。まつぼっくりさんが真っ先に笹のあるところを教えてくれました。みんなで採りに 行きました。来月、くるみさんのお母さんたちがこの笹を使っておこわを作って下さるそうです。楽しみですね。


5月11日  木曜日 雨のち曇り 

ヨモギだんご作りをしました。
ヨモギを細かくきざむ子、すり鉢でつぶす子、団子の粉を練る子。どんぐりさんたちも初めての調理にがんばって挑戦 していました。

団子粉をふかしている間、ナオちゃんのお誕生会をしました。ナオちゃんのお父さんもこの時間だけ、お仕事の合間に 来て下さいました。ナオちゃんのお母さんが赤ちゃんの頃から今までの写真を見せて下さり、お話をして下さいました。 ナオちゃん、小さい頃から元気いっぱい、好奇心いっぱいだったようですね。そのあと、ナオちゃんのお母さんが作って 下さったバナナ入りのケーキと苺をいただきました。

それからよもぎを蒸しあがった団子の粉と混ぜ、あんこときな粉と一緒にいただきました。初めて自分たちで作った ヨモギ団子、どんぐりさんたちはとても嬉しそうにほおばっていました。


5月10日  水曜日 晴れのち曇り 

どんぐりさんたちも久しぶり元気に森の子に戻ってきました。よもぎ摘みに南の畦道を行きました。メロリーも 角を切って危なくなくなったのでお散歩に連れて行きました。角はなくなったけれど子どもたちにしてみると メロリーは大きいし、やっぱり頭突きしてくるので怖いらしく、ヤギ追いではなくてヤギに追われて(きょうこ先生 が綱を持っているんですけれど)畦道を走りだす子どもたちでした。

よもぎを摘んでいると近所のおばちゃんがよもぎの摘み方を教えて下さいました。「こうやって葉っぱの先っぽを 摘むんだよ」「茎の所は固いよ」「奥のよもぎの方がきれいだよ」近所の方が声をかけて下さるのは有難いことです。

森の子に戻ってどんぐりさんたちにとって森の子での初めてのお弁当。テーブルで一緒にいただきました。 おいしそうなお弁当に子どもたちはとっても嬉しそうでした。


5月9日  火曜日 晴れ 

暖かくなってきたのでいろんな虫たちも活動を始めています。虫眼鏡を手に持って「ねー、虫を探しに行こう!」 と誘ってくる子、珍しい虫を見つけて「何?これー」と聞きにくる子。子どもたちってお花なんかより虫の方が 好き!!という子が多いかも。虫はこどもたちの友達です。

でも、やっぱり増えてほしくない虫の幼虫もいます。ボーフラです。ドラム缶や樽の水のなかで大発生。我が家の 息子たちがお祭りでもらってきた金魚を入れたけれどボーフラが多すぎてだめです。仕方なく水を外にかき出す ことにしました。にわかにできた「川」や「池」に小さい子たちはおおはしゃぎでした。

新緑があんまりきれいなのでお弁当をもってお散歩に。クロモジの葉っぱを口に当ててプ〜っと鳴らしたり、 クロモジの葉っぱをかんだ子が「甘いよ〜」と言ったり。クロモジはとってもいい香りがするのですが、確かに 噛むとほのかな甘みが・・・。

一瞬ハルゼミの声も聞こえいよいよ初夏です。
るんびに(近くのパン屋さんです)の近くの松林の下でお弁当。るんびにの方からは芳ばしいパンを焼くにおいが・・・。

帰りはなかなか暑くて子どもたち、真っ赤な顔をして「暑い〜」と言っていたけどがんばって森の子に戻りました。


5月8日  月曜日 晴れ 

連休中に角を切ったメロリーを心配して、たくさんのお母さん方がメロリーを見にきてくれました。お蔭様で 角を切った日は元気のなかったメロリーもすっかり元気になり、パクパクと草や葉っぱを食べています。

しばらくお休みだったちゃっくんが久しぶりに登園してきました。最初は恥ずかしそうにしたり、お母さん と一緒にいたがったちゃっくんでしたが、すぐに前のようにみんなと遊び始めました。ちゃっくんの妹は 乳母の(ウソです)なっちのお母さんの腕の中でスヤスヤとねんねしていました。

今日はキミオ先生も久々に来てくださり、ロープをもって“ジェットコースター”の所へ行き、ブランコなどの ロープ遊びをしました。キミオ先生は鳥にもとても詳しいので鳴き声をいろいろ教えていただきました。 にぎやかにおしゃべりしているのがキビタキ、ピリリピリリというのはサンショウクイ・・・等々。まゆぴーが とってもきれいなカケスの羽を拾ってきました。リスがかけぬけるのも見えました。


ウィンドウを閉じる