画像をクリックすると大きくなります
本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ
年長、年中、年少クラスを意味します。
いよいよ新しい年度が始まりました!

4月28日  金曜日 晴れ 

朝からどんぐりさんたちもとてもよく遊んでいました。焚き火のところに群がってスコップで灰をかきだすのに 夢中になっていました。焚き火の跡でこんな遊びもできるんだなぁ・・・と妙に感心してしまいました。

11時半ころからホーリーのお誕生会をしました。ホーリーのお母さんが写真をすてきにレイアウトした紙芝居で ホーリーが生まれる前から今までのお話をしてくださいました。ホーリーは赤ちゃんの頃からホーリーの顔をしていました。 (あたりまえ?)ご両親に囲まれてすくすく育って5歳になりました。おめでとう!ホーリー!おやつにホーリーのお母さんが 作ってきてくださった人参ケーキをいただきました。


4月27日  木曜日 雨のち曇り 

朝から冷たい雨が降っていたのでまたブルーシートを張りました。
子どもたちは雨ニモマケズ、ねっとねっとと泥んここねて「コーヒー」やら「シチュー」やらを作るのに大忙し。 どんぐりさんの男の子たちは力を合わせて切り株の上に「ケーキ」を作っていました。

今日はシャロムさんのお客様のキャンピングカーが置いてあったので何にでも興味津々の子どもたちは車をいろんな角度 から覗いていました。

雨が上がったのでお散歩・・・というか、水溜り遊びにでかけました。まつぼっくりのこたちが大ブレイクしちゃって 大はしゃぎ。子どもって水大好き、泥大好き、それが混ざったらもうサイコー!といわんばかりです。大きなレジ袋いっぱい にお母さんへの“お土産”を持って帰りました。泥んこのお洗濯、本当にご苦労様です・・・。


4月26日  水曜日 晴れ時々曇り 

自由遊びの時は、木片と釘とトンカチが大人気でした。春休みにトンカチを買い足したのですが、トンカチは大人気なので まだまだ足りない・・・感じでした。どんぐりさんたちもトンカチに挑戦していました。

昨日いった散歩コースにどんぐりさんたちとさなえ先生を案内していきました。今日は、野の花の花束を作ってお母さん にプレゼントしよう!といって出かけたので、子どもたちは手にいっぱい花を摘んでさなえ先生に毛糸で束ねてもらって いました。いろんな花をとりどりに摘む子、ヒメオドリコソウだけ、ムラサキケマンだけで花束を作る子、スイコの葉っぱ だけを束ねてくる子、子どもによっていろいろで面白いな〜と思いました。


4月25日  火曜日  曇り 風強くさむ〜い 

春の天気はめまぐるしく変わります。昨日と打って変わって寒い一日でした。と言ってもこんなに寒くても子どもたちって水遊び するんですね。

桜がきれいなので東側の“桜のトンネル”の所へお散歩に行きました。毎年花見に来るところです。ちょっと濃いピンクの桜です。 桜の下でムラサキケマンやフキノトウ、ヒメオドリコソウを摘んでは花束にする子たち、スイコをひたすらかじる子たち。

桜の花のトンネルから西に行くと、浅い谷のような地形の所があり、そこにキツネかウサギの巣らしき穴がありました。 穴は結構深くて子どもたちは不思議そうにのぞきこんでいました。でも、寒くて寒くて仕方ないのでそそくさと森の子 に戻り焚き火で暖をとると、寒さでコチンコチンになっていた子どもたちの体が氷解していったのか、再び遊び始めていました。


4月24日  月曜日 晴れ ぽかぽか日和 

金曜日とは打って変わって気持ちのいい春の一日でした。カラマツも芽吹いてきて、小鳥たちのさえずりはいよいよ 賑やかでした。朝の会のとき耳を澄ましてみたら「ジューイッ、ジューイッ」という声が響いていました。何の小鳥 でしょうか。今度キミオ先生に聞いてみたいものです。

陽気に誘われて今日は牧の運動公園へ。途中人参の種を蒔いているおばさんがいて子どもたちに人参の種を見せて 下さいました。「普通の種は丸いけど人参はこんなんだよ」と説明もして下さり、こんな風に声をかけて頂いて 有難いことだなぁと思いました。

川窪沢川の所で休憩。といっても休んでいる子なんかいなくて斜面をかけ登ったり、かけ下りたり。子どもはやっぱり 斜面の登り下りが大好き!よじ登れる斜面をあちこちに見つけたいものです。

運動公園に着いたらみんな裸足になって芝生の上を駆け回ったり、転げまわったり。でんぐりがえしをする子たち、 側転もどきをする子たちもいました。

お弁当の後は、しだれ桜のいっぱい咲いているお墓の所をぐるりと回って戻りました。大人は満開のしだれ桜に 感嘆の声を上げるのですが、子どもたちはいたってクール。桜なんぞより落ちている棒切れの方に興味があるようでした。


今年の春は何だかゆっくりゆっくりで、冬との間を行ったりきたりしているようですね。でも花は一気に咲いて 梅に桜に杏に木蓮もこぶしに・・・もう本当に花盛り。木苺の白い花も咲いていましたね。子どもたちは足元の 小さな花を摘むのが大好きです。男の子も女の子も夢中になってお花摘みをしています。花を摘む姿ってなんだか とっても素敵で、それを見ているのがだいすきです。

4月21日  金曜日 雪 

な・・・何と朝から雪!4月も下旬にさしかかろうというのに信じられない!!雪といっても春の雪だから当然ビチョビチョ。 家にあったブルーシートと紐をもって行って、前にキミオ先生が張っていたのを思い出しつつがんばって先生たち三人で (今日はさなえ先生お休みのためサカイ先生が入ってくださいました)張ってみました。何とか思っていたよりうまく張れ 「私たちってすごいよね〜」と自画自賛!シートを張れば風さえ吹かなかったら多少の雨は大丈夫そうです。子どもたちは 雪が降っていたって元気に泥をコネコネして「チョコレート」などを作っていました。

朝の会の後、雪の中をお散歩。さすがに子どもたちも寒そう。どんぐりさんたちが帰った後は地下室に入ってお弁当と しました。あ〜さぶかった〜!!


4月20日  木曜日 雨 

お花見遠足の予定だったのに朝から雨。仕方なく久保田の公民館に集まりました。
朝の会のあと、さなえ先生が鈴落としゲームやかくれんぼゲームなど親子で楽しめるゲームをしてくれました。

親子でお弁当を食べ、新しいメンバーのみんなとも親睦できたでしょうか。時間が足りなかったり、子どもさんの世話に 追われて、ちょっと親睦を深めるのは難しかったかもしれませんが、またこんな機会を設けてお母さん同士ももっと 親しくなれるといいですね。私も新しいお母さん方ともっとお話したいな、と思っています。(もちろん古い(?)お母さん たちとも・・・)

午後は晴れてきたので若宮稲荷までお散歩。雨が昨日の黄砂をすっかり洗い流してくれ常念岳がくっきりと青空に映えていました。


4月19日  水曜日 晴れ 

泥んここねこねおままごとが盛んでした。どんぐりさんの女の子たちも「お料理づくり」にいそしんで、お洋服が泥んこ になり、初お着替えとなりました。

桜の木のところまでお散歩。桜はまだ三分咲き程度でしたが、足元のスイコ(スイバ)をとって食べたり、ヒメオドリコソウ やイヌナズナを摘んで花束にしたりしていました。お母さんへのお土産にするんだと言っていました。

今日はさなえ先生が保護者懇談会の方へ行ったので午前中はモモのじゅんこ先生が入ってくださいました。


4月18日  火曜日 晴れ 

今日は松本城へお花見遠足です!この企画はきょうこ先生たっての願いで実現しました。
穂高神社に集合してお母さんたちにバイバイして穂高駅へ。電車は比較的空いていて良かったでした。子どもたち、実に きちんと座って、騒いだり走ったりすることなく電車の中での30分をすごし、みんな本当に成長したな・・・。と感心 しました。

北松本駅から歩いて15分くらいで松本城公園に到着。桜は八分咲きといったところでしょうか。一番きれいな頃かも しれません。やっぱり穂高より(というか森の子周辺)だいぶ暖かいのですね。子どもたちは桜よりもお堀の鯉にエサを やるのに夢中でした。

いよいよお城の中へ。傾斜60度くらいの急な階段ばかりでしたが、上がる時も、下る時も滞りなくいけてよかったです。 お城の案内をされている方も親切にして下さり「子どもさんが下りるから気をつけてあげて下さい」と他のお客さんに 声をかけて下さり、ありがたいことだと思いました。お城のてっぺん(6F)からは外のいい眺めを楽しみました。 お城の周りは花盛り。いい季節に来られてよかった!

桜の花の下でお城を眺めながらの贅沢なお昼を済ませて駅まで戻りました。帰りの電車は混んでいて座れなかったけれど 行きと同じようにマナーよく立っていられてますます感心!でした。


4月17日  月曜日 晴れ

朝の会の後、vifまでお散歩。お花見参観日ためのお花見によさそうなところはないかと探しながら 歩きました。でも今年は寒く、まだあまり咲いていません。柳のホワホワの花が咲いているくらいです。 足元にはタチツボミやカキドオシの紫色の小さな花が咲いていて、子どもたちがうれしそうに摘んで いました。お花見の季節は楽しいなぁ〜。

vifの桜はまだ一輪も咲いていません。やっぱり少し標高が高くて寒いのですね。森の子を出たのが 遅かったので、ちょっと急いでお弁当を食べ、急いで森の子に戻ったのですが、少しくらい早い ペースでも子どもたちはどんどん歩けるようになりました。


4月14日  金曜日 晴れ 

朝からおさるが大群でやってきていました。きょうこ先生のご主人が持ってきてくださったメロリー 用の豆がらの豆を狙っているようで、メロリー小屋もサル小屋と化していました。

朝の会の後、森の子周辺探検に行きました。東のほうに降りて、レストランの前を通りました。 レストランの前でさなえ先生が「ここの砂場はちびっこ会の子たちが遊ぶところ。森の子の子 たちは遊ばないんだよ」と話して下さいました。

森の子に戻ってくると、ボスらしきサルが森の子横の林でにらみをきかしていました。ボスはなかなか の迫力でやっぱりちょっと怖い・・・。

どんぐりさんが帰った後、午後はサルよけのために豆がらを燃やすことにしました。勿体ないけれど おサルに狙われてしまっては仕方ありません。子どもたちも豆がらを運ぶのを手伝ってくれました。 お蔭様でおサルはその後やってきてないようです。


4月13日  木曜日 曇り 

新入園児のみんなは、初めての園生活です。
お母さんと別れるのが悲しくて、泣いちゃう子、 とっても緊張してつっ立っている子、マイペースで遊んじゃう子・・・ 当然のことながらいろんな姿が見られました。

まつぼっくりさんやくるみさんたちは、とってもよくめんどうをみてくれたり、 おしっこの仕方やおもちゃの洗い方を、自ら実践して教えてあげたり。 特にくるみさんは、どんぐりさんの時とは全然違ってすっかりお兄さんお姉さんでした。 淋しくて、泣いている円蔵くんを見てさっちゃんが一言、 「何で泣いているの?」おや〜1年前、あんなに泣いていたのに。 1年でこんなに成長しちゃうものなんですね。 円蔵くんも来年は、泣いているどんぐりさんをみて「何で泣いてるの?」 ってきくかもしれませんね。

朝の会のあとは、コッコさんの所までおさんぽ。 緑の草をコッコさんにあげました。 まつぼっくりさん、くるみさんたちがみんな、どんぐりさんの手をひいて、つれていってくれました。

今日は、11時で新入のおともだちは、お帰りとなりました。

午後は、早めのお弁当のあと、長椅子を平均台のようにして、ジャンケンポン!!のゲーム をしたり、ナワトビをしたりしました。

どんぐりさんも緊張してとっても疲れたと思いますが、まつぼっくりさん、くるみさんもお兄さんお姉さん を頑張ったので疲れたかもしれません。 ゆっくり休んでくださいね。


4月12日  水曜日 晴れ 

夕べは、雨がザーザー降りだったので、とても心配しましたが、 晴れてくれて良かったでした!
今日は入園式です。朝から在園児のお母さんたちは、一生懸命飾りつけをしてくださいました。 森の子スペースが一気に華やかになりました。10時になると、お父さんお母さん に連れられた新しいお友だちがやってきました。緊張と恥ずかしさと嬉しさと・・・ きっとそんな複雑な気持ちが小さな胸にいっぱいだったのではないでしょうか。 新しいお友だちのお父さんも全員来て下さり感激です。おじいちゃんおばあちゃんが 来て下さったおうちもあり、みんなに祝福されての入園式となりました。

ポーラのお母さんのフルートの音に合わせて、お母さんに手を引かれ、 入場していく新入園児のみんなをみていると、みんな、小さくて、かわいくて・・・ くるみさんたちは去年、こんな風だったのかと思うと、1年で何と大きく成長したことかと思ってしまいました。 ちょっぴり長かった式の間も、子どもたちは、じっと、よく頑張っていました。 式のあと、もみの木さんにご挨拶に行き、それから、南のひらけた所で、 全員と、各家族の写真を撮りました。

足元には、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、イヌナズナが、ピンク、青、黄の星を ちりばめたようにゆれていました。 新入園児のみなさん、本当に、ご入園おめでとうございます!!

こちらでも式の様子が見られます。


4月11日  火曜日 くもりのち雨 

在園児だけ、一足先に始まりました。久しぶりの森の子だったけど、落ち着いて、 よく遊んでいました。アレッ?!何だか少し森の子が広くなったような、殺風景になったような・・・と気づかれたことと思います。 遊具が壊れてしまったので、撤去したのです。遊具がなくなって残念ですが、さすが森の子 の子どもたち。遊具がなくても色んな遊びをみつけ出します。

朝の会の時、一年生になった、去年のまつぼっくりさんたちのランドセル姿の写真とお母さんからのメッセージを 紹介しました。みんな、キリッとりりしく、ちょっぴり誇らしげでした。小学校でみんな、 頑張っているようです。

もみの木さんにもごあいさつに行きました。メロリーもつれて行ったけど、暴れること 暴れること!冬の間、狭い小屋暮らしだったからストレスがたまっているのかも。 メロちゃん運動場を作りたいなぁ。もみの木には、まつぼっくりさんは勿論、 くるみさんの女の子たちも果敢に登っていました。「もみの木」のうたをうたい、 ご挨拶をしてから、戻って、明日の入園式の練習をひととおりしました。 「世界中の子どもたち」は、テンポもいいためかとっても大きな声が出ていました。 それに何といっても新しいお友だちを迎えるということで、 みんな大張り切りのようです。


ウィンドウを閉じる