画像をクリックすると大きくなります
本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ
年長、年中、年少クラスを意味します。

8月31日  水曜日 曇りのち晴れ 

今日はヤキソバ作りです。朝からどんどんたき火をしました。子どもたちも火たきは大好き。しかし手伝ってくれるのか 邪魔をしてくれているのか・・・という場面もあり。

昨日に引き続き、見学の先生お二人入ってくださり、そして10時半ころには県の子ども支援課の方も視察に来られました。

子どもたちはセッセとキャベツやピーマンを切りました。千切りピーラーをさなえ先生が持ってきてくださり、これは なかなかのヒットでした。火を少し強くして、鉄板でいため始めるとジュワジュワ〜というおいしそうな音。ソース味 としょうゆ味を作り、いずれもGOOD!で25玉あったヤキソバはペロリと平らげられたのでした。すご〜い!!


8月30日  火曜日 晴れ 

メロリーをいつもつないでいる辺りで、きょうこ先生と子どもたちが白いツユクサを発見。青いのと並んで咲いているのも ありました。どうして白いんだろう?不思議です。森の中は不思議がいっぱいです。それからヘビがスノコの下を這って林 の方へといきました。かなり大きく緑色をしたヘビで「アオダイショウかな」と言っていました。ヘビがスルスルと這う 姿もまたとっても不思議。

今日はちゃっくんのお誕生会です。ちゃっくんとちゃっくんのお母さんを囲んで、ちゃっくんの生まれた日のお話を さなえ先生がして下さいました。おめでとう!のお祝いをして、ちゃっくんのお母さんが作って下さったりんごクレープ をいただきました。おいしかった!

お昼前に横浜から幼稚園の先生がお二人見学に来られました。午後は一緒にモミの木の所までお散歩に。子どもたちは 二人の先生に自慢の木登りを披露していました。ヌスビトハギの種を服にくっつけて楽しんだり、水溜りで遊んだり・・・ 森のお散歩を一緒に楽しみました。


8月29日  月曜日 晴れ 

とっても気持ちのいい、さわやかな風が吹く一日でした。でも日差しはまだまだ強く、じりじり照りつける中田んぼへ行きました。 朝、秋吉さんが軽トラで通りかかり「今年の田んぼは失敗だったよ。ワラをすきこんだらガスが発生して根腐れを起こしてしまったよ」 とおしゃっていました。お米作り、難しいのですね。

今日はお当番にハーちゃんのお母さんとゆうちゃんのお母さんが入って下さいました。田んぼでお弁当を食べ、炎天下で 土手すべりが始リました。でも、この炎天下、いつまでもいたら日射病になっちゃう・・・ということで、そうそうに 森の子に戻りました。そうはいっても林に入れば涼しくて、いろんな発見があって、なかなか進みません。黄色い大きな 蛾が片方の羽が破れて飛べずにバタバタしているのをマーちゃんが発見。図鑑で調べるとヤママユガ(ヤマコ)のようです。 はた織りに使うあの天蚕を作り出すヤマコです。これがそうなんだ〜、と感慨深く見入ってしまいました。


8月26日  金曜日 晴れのち曇り 

台風がくる・・・かと思ったけれど東にそれていき、この辺は大したことありませんでした。

今日は諏訪から学生さんが見学にみえ、子どもたちとたっぷり遊んでいって下さいました。

味噌汁作りをしたあと、野菜の収穫に畑へ。畑はすご〜い草だらけ。モロコシがたくさんとれました。きゅうりもけっこうとれ、 マーくんがトマトときゅうりがまぜこぜになった所からきゅうりを見つけ出してくれました。このきゅうり、みそをつけて 大人気。あっという間に食べ尽くされました。

午後は虫取りをしたり、おままごとをしたり。林の中で葉っぱやキノコをとってきて”ごちそう”を作っていると、 土の中からミミズがくねくね。このミミズをめぐってサッちゃんとちゃっくんがとりあい。「サッちゃんが見つけた ミミズなんだからサッちゃんが土のお家に返してあげるの!」「ぼくのミミちゃんだ〜!」・・・ミミズの取り合いを するなんて、さすが森の子の子たちでした。


8月25日  木曜日 曇り 

今日はりょうちゃんのお誕生会。みんな早くから椅子に座り、せかすでもなく、騒ぐでもなくお誕生会が始まるのを 待っていました。なので、少し早めに始め、みんなとっても静かに先生の話を聞いていました。森の子での最後の お誕生会。すっかり少年のようになったりょうちゃんです。

早めのお昼ご飯の後、りょうちゃんのお母さんが作ってきてくれた豪華なフルーツゼリーをいただきました。 森の子のまわりでトンボやコオロギを捕まえることができました。その後お散歩に行き、ススキの穂を取って 「花火ダー」と言ったり、茎を短く切って口にくわえてたばこごっこしたり・・・。あっという間にお迎えの時間に なったので、あわてて森の子に戻りました。


8月24日  水曜日 曇り 

プールの予定だったのに朝から雨。仕方なく中止にしたら雨は上がり日まで射してきました。あ〜らら・・・。残念。 久々にぬらし絵をしました。みんな楽しそうに赤、青、黄の色をたんのうしていました。

今日は泥だんごの”笹だんご”や”ココア”や”キノコソテー”など泥んこのお料理作りがさかんでした。たき火 の上で温めたりしながらの”お料理作り”でした。雨上がりできのこがあちこちに生え”キノコソテー”の材料には ことかきません。

午後はお散歩に出ましたが、蚊の総攻撃にあい、いやいや大変!森の子では、たき火でいぶし出していたのであまりいなかったけど。 襟ぐりが広い服は首の周りが刺されやすいようです。襟付きのシャツがよさそうです。

林の中にラン科の美しい「ミヤマウズラ」(だと思います)が群生していました。


8月23日  火曜日 曇りのち雨 

白かったティピィも泥やカビでずいぶん黒ずんできたので 今日は、朝からデッキブラシでティピのお掃除。石鹸をつけてゴシゴシゴシ。最初はあまりきれいにならなかったのですが 根気よくゴシゴシやっていると、だんだんきれいになってきました。りょうちゃんは大人顔負けの働きをしてくれました。 どんぐりさんのホーリーも実に根気よくゴシゴシしてくれました。きょうこ先生がバケツで水をかけ、石鹸分を落としてくれました。

朝の会の後、花の色染め遊びをするためにツユクサを取りに行きました。ツユクサは青い色がよく出るんです。電柵の近くに 沢山ツユクサが咲いていました。アカマンマ(イヌタテ)やナンバンハコベなど、夏も終わりだよ〜といいながら咲いてるみたい。

雨がかなり降ってきたのでテラスでお弁当を食べてから、模造紙にツユクサの花や葉を指でつぶして青色や緑色で絵を書いたり、 のりで草花をくっつけたりしました。持って来た朝顔もよく色が出ました。


8月22日  月曜日 曇り時々雨 

2学期最初の日。おサルの団体さんに囲まれて始まりました。でも、子どもたちの賑やかな声が森の子に響くと、 おサルもどこへやら・・・。

今日はさなえ先生が端材を沢山もって来て下さったので、これで工作を楽しみました。ボンドでくっつけたり、 釘を打ち付けたり、ネジをねじこんだり。ポスカで色を塗ったり絵を書いたり。どんぐりさんたちにはターザンロープ が人気。「ゴンドラだ〜!!」と言いながら、代わりばんこにやっていました。

朝の会の後は、さなえ先生持ってきて下さったで〜かいスイカでスイカ割り。目隠しをしたまつぼっくりさんたちが、 次々とスイカ割りに挑戦。棒でエイッ!エイッ!5人くらいが二巡するうちに割れてきたので包丁で切り分けて いただきました。さしもので〜かいスイカもハラペコの森の子たちにかかってはあ〜っという間に皮だけに・・・。 皮はメロリーちゃんがショリショリと食べてくれました。

それからモミの木にごあいさつに行きました。「夏休み、みんながいない間、森の子を守っていてくれてありがとう。」 モミの木のまわりには野菊やミズヒキ、キンミズヒキ、ツリフネソウなどの初秋の花たちが彩を添えていました。


ウィンドウを閉じる