画像をクリックすると大きくなります
本文中に書かれている まつぼっくりさん くるみさん どんぐりさん はそれぞれ
年長、年中、年少クラスを意味します。

5月31日 火曜日 晴れのち曇り 

田植えの予定だったのに朝からしとしと雨。午前中の降水確率60%・・・ということで田植えは延期。久々にぬらし絵をやりました。 今日は青と黄色を使って描きました。みんなきれいな色が出て、楽しそう〜。筆を洗った後にできる色水も、おままごとに活躍して いました。はたでみていたお母さんたちも「おもしろそ〜う。私たちもやりた〜い」と言っていました。その後、モミの木まで お散歩。木登りが盛んでした。


5月30日 月曜日 晴れ 

朝は、かくれんぼをしたり、お絵かきをしたり。りょうちゃんとまことくんが、大きな石を掘り出しそこにみんなで水を入れて 池にしたり川にしたりしていました。

朝の会では、くるみさんが”先生”になってみんなのお名前を呼んでくれました。

朝の会の後、探検に行きました。モミに木の少し先の家のある所から右にある林に入って行きました。真っ白なギンリョウソウ やとてもきれいなツルの花を見つけました。入り組んだツルや木の枝がトンネルになっていて、なかなか面白い。朴の木が あったので、少しだけ葉っぱをいただいてみんなでお面にしたりして遊びました。探検コースは思いもよらいないものを色々 みつけることができるので、面白〜い!!


5月27日 金曜日 晴れ 

長峰山への遠足です。お父さんたちが三人も参加して下さり、何とも頼もしかったです。

天気もまずまず。柏の葉っぱがずいぶん大きく、帰りに柏餅用に摘んでいこうね、と話しました。まつぼっくりさんたちは、速いペース で登って行き、ついて行く大人の方が大変だったという噂でしたが、どんぐりさんは、時折土をほじくったりして、ゆっくり ゆっくり・・・。半分も行かないうちに、お母さんや、お父さんに「だっこ〜」と言う子もちらほらいたけど、励まされながら 頑張って登りました。足元には青いホタルカズラも揺れてみんなを応援します。

途中、ケヤキの林に出た辺りで一休み。さなえ先生からおいしい冷凍ゼリーをいただき、もうひと頑張り!

頂上は草が刈ってあり、広々ととてもいい気持ち。天平の森からやってきた何人かのどんぐりさんちと合流し、お弁当を いただきました。

帰りは、遠くでゴロゴロと雷の音がし、サワサワと涼しい風が吹き出したのでちょっと急ぎました。何とか雨にも降られず、 下りて来られてよかった。皆様お疲れ様でした。子どもたち、特にどんぐりさん、小さいのによく頑張ったね!


5月26日 木曜日 晴れ 

朝からかくれんぼが盛んでした。きょうこ先生は鬼ごっこだけでなく、かくれんぼも天才的です。きょうこ先生と何人かの 子どもたちが隠れると”オニ”の子たちは一生懸命さがすのですが、なかなか見つけることができません。そのうち、 どこからともなく「べろべろば〜!!」と言って現れているのです。

朝の会のあと、ペットボトルに水を入れて畑に水くれに行きました。健二先生のご指導のもと、水くれをしたあと、 苗のまわりの草を敷いてやりました。こうすると水の蒸発が防げるし雑草を押さえることもできるのだそうです。


5月25日 水曜日 晴れのち曇り 

今日はモミの木の近くまで落ち葉を取りに行きました。メロリーとコッコさんのお家に敷くためです。一人一人袋を持ってお出かけ。 フワフワの葉をめいっぱい集めました。昨日もみかけたリスさん。今日も木を登っている姿を見ることができました。

子どもたちは木に登ったり、いろいろな葉っぱを集めたり、枯れ葉の魚釣りをしたり森の中で思い思いの遊びを楽しみました。


5月24日 火曜日 晴れ時々曇り NEW!

林の中へ探検に行こう!ということで出発!モミの木の辺りから道なき道へ。とはいえ、結構広々としていて歩きやすい 所でした。(秋にムラサキジメジを採った所です)

そこでリスさんを発見!スルスルと枝の上を行ったり来たり。うわーっ、かわいい!とみんなで見入っていました。

モミの木の林から、ちょっとした藪を抜けるといつものお散歩コースに出ました。でもこんなわずかな藪でも怖がっちゃう 子もいたので、踏み分け、踏み分け、道を作りながら進みました。この辺りの林も、もう少し手入れしたら夏でも子どもたち が林の中に入っていけるのにな・・・といつも思います。ふーわ、ふーわ飛ぶウスバシロチョウの食草(蝶の幼虫は種類によって 一定の草木しか食べないんだそうです。)のムラサキケマンという草を取ってみると、なんと青虫が・・・。ウスバシロチョウ の幼虫かな?ちょっと感動!

いつものお散歩コースを歩きながら、こっちゃんは木の葉を折って、一生懸命”オトシブミ”を作っていました。林を 抜けた所でお弁当をいただいて、森の子に戻りました。


5月23日 月曜日 晴れのち曇り 

朝の会の後、枝豆の種をポットに蒔きました。それからVifほたか横の公園に向けてしゅっぱ〜つ!

エゴの木に小さな蕾がいっぱいぶら下がっていました。もうすぐ白い花がいっぱい咲きそうです。 ヤマツツジのオレンジ色が緑に映え、ハルゼミがさかんに鳴いていました。枝を色々拾うのが流行っていました。 道沿いの家々には、ミヤコワスレが咲き誇っていて、みなこ先生と「すてきね〜」と話していましたが、子どもたちは 感心薄。棒切れの方が嬉しいようです。

Vifの近くの馬を飼っているお宅で、ポニーの仔馬を見せていただきました。かわいい!でもその仔馬のお兄ちゃんは お母さんをとられていじれていて、さかんに鼻を鳴らしていました。人間と一緒ですね。

Vif横の公園に着くと、子どもたちは遊具に突進!遊具が嬉しくて、お腹ペコペコのはずなんだけど、ひと遊びしてから お弁当となりました。

午後は砂場やグランドとの境にある斜面でめいっぱい遊びました。水でびしょんこになった子もチラホラ。4セット くらい持っていったお着替えも、なくなっちゃいました。(お母様方、お洗濯ご苦労様です。)


5月20日 金曜日 晴れ 

朝はハンモックが大人気。きょうこ先生がゆらゆら揺らすと、元気なドラえもんの歌が響いていました。

今日はこっちゃんのお誕生会。さなえ先生がこっちゃんの生まれた日のお話をして下さいました。 4月、5月はお誕生会ラッシュだったけど、それぞれステキな生まれた日の物語があることを改めて 感じました。おいもの入ったむしパンをおやつにいただきました。「おいし〜い!!」と子どもたちの声。

午後はきょうこ先生と鬼ごっこ。噂には聞いていたけれど、きょうこ先生のオニはメチャメチャ速い! あっという間に私も捕まってしまいました。うーん、鍛え直さねば・・・・。

マーちゃんとまゆぴーは木の高〜いところに登ってご満悦でした。ホントおサルさんのような二人です。


5月19日 木曜日 晴れ 

牧の方へお散歩。気持ちのいい風が吹き渡ります。途中、みちみち、すいこを口に入れて「すっぱーい!」と言う子たち。 ピーピー草(スズメノテッポウ)を鳴らしたり、遊びながらゆっくり進みます。久々に行ったので道を間違えて、 人の家の庭を横切っちゃいました。(ゴメンナサイ)

小さな田んぼと小さな川を過ぎると、今日の目的地のちょっとした急斜面のあるところに到着。ここを体中、手も足も 使ってよじ登るのが子どもたちは、大好き!視察に見えていた県議会議員さんたちも「ここの子は逞しいですねー」 と感心していました。

お弁当のあと、ちょっと疲れたけど、がんばって森の子まで戻りました。すがすがしい初夏の一日でした。


5月18日 水曜日 晴れ 

手洗い場の下の土が泥んこになるので、ジャリを埋めようと朝から皆で穴掘りをしました。あ、セミの赤ちゃんが見えた! と思ったらすかさずコッコさんがくちばしでつまんでしまいました。セミの子はケガをしてしまったけど、子どもたちと もう一度土の中に戻してあげました。あちこち穴を掘ったり、水を流したりしている今日この頃ですが、虫さんたちの お家、壊しちゃってごめんなさい。でも泥遊びも水遊びも楽しいんですよね。

コッコさんの産んでくれた卵がたくさんになり、ゆで卵にして皆で分けていただきました。「にわとりさん、ありがとう!」 と大声でお礼を言う子どもたち。ふと、周りを見るとコッコさんが一羽しか見えないと、心配そうに探していました。もう、 すっかりコッコさんは皆の仲間です。

健二さんに教えていただいて、畑に野菜の苗を植えました。トマト、きゅうり、白菜、じゃがいも、とうもろこし・・・と 沢山植えました。立派な”森の子農園”ができました。収穫が楽しみですね。


5月17日 火曜日 晴れ 

今日はハーちゃんのお誕生会。ハーちゃんが生まれた時のお話をさなえ先生がして下さいました。ちょっと緊張 した面持ちのハーちゃんでした。それからハーちゃんのお母さんが作って下さったフルーツ入り杏仁豆腐をいただき ました。

お昼は桜の木の下でいただきました。すっかり葉が茂った桜の木。草の間にハーちゃんのお母さんがハルリンドウ (フデリンドウ?)を見つけました。春の野に落ちついた青いお星様のようなリンドウの花でした。

お弁当の後は木登りが盛んでした。お迎えは桜の所に来てもらいました。


5月16日 月曜日 晴れ 

セミの幼虫が小さな穴の中にいるのを子どもたちが見つけ、出てこないかなーと待っていましたがダメ。中でモゾモゾ 動いているのは見えるんだけど・・・。明日になったら成虫になっているかな?

朝からウスバシロチョウがふーわふーわ沢山飛んでいました。丁度今ごろ飛ぶ蝶で、今年も会えたね!けいちゃんが アミを持って一生懸命追いかけていました。

お天気がいいので、お弁当を持って田んぼまで行くことにしました。大きいシダの葉を取って、トンビだよー!と 言って遊ぶ子どもたち。道々沢山咲いていたキンポウゲの花を摘んで、お母さんへのお土産にする子たち。

田んぼに沢山蛙の卵が産みつけてあるのを、きょうこ先生がみつけて下さいました。秋吉さんの田んぼ(森の子 たちも使わせてもらっています。)はまだ水が入っていませんでしたが。 お弁当を食べた後、土手すべり。もの凄い勢いでキャーキャー言って土手を滑っていました。

どんぐりさんたちは1時にお迎えなのでみなこさんに車を取りに戻ってもらって、車で森の子に戻りました。 くるみさん、まつぼっくりさんたちは歩いて森の子に戻りましたが、久々のちょっと長いお散歩でちょっぴり 疲れたようでした。


5月13日 金曜日 曇り時々雨 

コッコさんが今朝も二つ卵を産んでくれたので、ゆで卵を作ることにしました。臼井さんが前に産んだ卵も持って来て下さり、合計6ヶ。 たき火でお湯を沸かしてゆでて、子どもたちに皮をむいてもらったのをさなえ先生が切り分けて下さいました。新鮮でなんと おいしいこと!コッコたちありがとう!

お散歩に行く前にさなえ先生から、お散歩の時の注意をしていただきました。先頭の先生より前にはいかないこと。

林の中にはオトシブミが沢山落ちていました。手に収まらないくらい沢山拾って来る子もいました。葉っぱをくるくると 上手に巻いてあるのをソッっと開くと小さな小さな卵が産みつけてありました。林の奥の方にはチゴユリがこっそり 咲いていました。

雨がぱらついてきたので、大急ぎで森の子に戻り、テラスでお弁当をいただきました。


5月12日 木曜日 曇りのち時々雨 

ドラム缶鍋?でよもぎ団子作り。みんなで米の粉をこねこねしたあと、ゆでたよもぎをきざんで、つぶして混ぜ込み、蒸します。 どんぐりさんたちも包丁でよもぎをきざみました。

できあがったお団子のおいしかったこと!「おかわり!!」と何人もの子の手が伸びていました。


5月11日 水曜日 晴れ 

新しく仲間入りしたニワトリさんたちも、すっかり森の子に慣れ、朝からお友達をお出迎えです。どんぐりさんたちは畑まで (畑の)ニワトリさんに会いに行ったり、メロリーのえさを取ってきてくれたり。

森の子では、魚釣りごっこで大きな魚や、たこまで釣れて大さわぎ。ティピィ の中では、たくさんの子どもたちが集まって、お料理をしたり、お客さんが遊びに来たり、にぎやかでした。

ひと遊びした後、明日、よもぎ団子を作るためのよもぎとりに出かけました。青空の下、一面に広がる草原の間を楽しそうに 歩いていく子どもたち。帰りには、手にいっぱいのよもぎを摘んでいました。明日はおいしいお団子ができそうです!


5月10日 火曜日 晴れ

今週から仲間入りしたニワトリさんは、どんぐりさんたちに大人気。なかなかおとなしい、よくできたニワトリさんで、決して 子どもたちに向かって来るようなことはしません。(ただとても人懐っこいので人の行くところにトットットットッ・・・と ついてきますが)産みたてのホカホカの卵を手にとって大事そうにやってくるアンプン。

今日はナオちゃんのお誕生会。朝からいつものように、おサルのごとくツリーハウスの所で高い所に登って大はしゃぎのナオちゃん でしたが、お誕生会が始まると、神妙な顔つきになって、お父さんとお母さんの間に座っていました。さなえ先生からナオちゃん が生まれた日のお話をしていただき、ナオちゃんのお母さんが作って下さった小豆寒天と苺をいただきました。


5月9日 月曜日 晴れ 

朝、丸太の上に羽化したばかりらしいハルゼミを、子どもたちが見つけました。すぐそばに抜け殻が二つ。子どもたちがセミを 捕まえるとバタバタあばれて飛んでいってしまいました。午後、気温が上がるとジーコロジーコロというハルゼミの合唱が。さっきの セミも仲間に入ったかなあ。

林の緑があんまりにもきれいなので、林の中にお散歩に。マーちゃんが葉っぱを口にあててブ〜ッと鳴らしていたので、他の子たち も真似してブ〜ッとやっていました。大きなシダの葉っぱや小さなキノコなど色んな発見がありました。

一人、二、三人でダーっと先に走っていっちゃう子がいたので、きょうこ先生から「勝手に先に行ったら危ない」という 話をこんこんとしてもらいました。

色んな発見があったので、森の子に戻るのがすっかり遅くなりました。どんぐりさんたちは、お弁当もそこそこにお母さんのところに 行く子、お母さんを待たせてゆっくりお弁当を食べる子・・・いろいろですね。

午後はメロリー小屋のお掃除をしました。


ウィンドウを閉じる